歳を取るとは経験を積む事、いろんな出来事に対処できる可能性が増える。

独り言

私はミッドフォーティに近づいてきて、体の衰えを感じる日々です。

この衰えを単に、

・若い頃は良かった

なんて思うだけなのは勿体無いと最近自分に言い聞かせます。

歳をとると体は衰えるかもしれませんが、若い頃に比べるといろんな経験を積んできているはずです。

と言うことは、若い頃できなかった事ができるようになるのですから、考えようによっては若い頃よりも出来ることが増えている、なんてこともあるかもしれません。。

最近、排水管が詰まった、、という連絡ととある人から受けて現場へ飛びました。

確かに、キッチンの水を流すと、、洗濯機の排水溝から水が溢れてくるのです。

若い頃ならば、

「あかん、これはGoogle先生に聞いて水道屋さんに連絡や」

となるでしょう、しかし、私の場合はちょっと違いました。

排水管が詰まる、と言う事象は実は数年前に一度経験済なのです。

当時は、、Google先生で排水管の詰まり原因を調べて、ホームセンターで必要な道具を買ってきて、まずは自分で処置をしてみる。

と言う方法で見事、当時の排水管の詰まりは解消しました。

こんな経験をしますと、、次からは事前に排水管が詰まっていないかを確認するようになるものです、これも経験から学習して出来る事が増えている、と言うことです。

さて、今回の排水管の詰まりはというと、以前使った道具を使用しても詰まりは解消されません、流石にこれは困った、、と言うことで、水道屋さんに電話をしましたが、

忙しくて到着は夜になる

と言うことだったので、夜までの間にGoogle先生で調べて解消法を模索することにしました。

これこそ、経験からくる、

・まずは自分でやってみる

精神の賜物です。

結果としては、以前とは違う道具を買ってきて処置をすることで、見事に詰まりは解消しました。

ちなみに、今回はキッチンの排水管に大量の油を流したことによる油詰まりと思われました、、調査しているときに油が浮きまくって大変な目に遭いました。。。

と言う感じで、油まみれになって悲惨な目にあったわけですが、これも終わってみれば、

・良い思い出、というか良い経験

となります。

勤め人の仕事などでは最近の若い人たちは失敗をしないようにうまく立ち回ります。

だけど、失敗ほど学びを得られる機会は有りませんし、経験を積めることにもなります。

上記の排水管の詰まりで言うと、油を大量に流した若者は、今後の人生で2度と油を大量にキッチンに流すことはしないでしょう(多分・・)

失敗して痛い目をみるからこそ、次からは失敗しないようにしようと思うのです。

歳を取ると言うことは、体が衰えるだけでは有りません。

何か新しい事にチャレンジし続ければ、新しい経験と新しい失敗を経験することができます。

これらの体験が、若い人にはまだ備わっていない、知識となって蓄積されていくのです。

歳を取るとは、知識を得ていくことなのですね。

ただし、単に歳をとっていくだけでは新しい知識や経験が備わっていくわけではないのが厄介なところです。

若い人は、数年ごとの学校の変更や、アルバイトや社会人として働く事によって、新たな体験をしていくので、自然と経験や失敗が蓄積されていきます。

しかし、私のようなアラフォーですと、、、何もしなければ、毎日同じことの繰り返しです。

会社行って、毎日同じルーティンワークをして、帰ってきて飯食って風呂入って寝る。

これを毎日毎月毎年繰り返したとしたら、、、何を新しい経験が身に付きません。

歳をとっても何か新しいことにチャレンジすると言うことが非常に重要になるわけです。

私も最近はさほど意識して新しいことをしていないような気がしていました。

今回の排水管の詰まりを一生懸命解消しながら、、

「やっぱり、やったことない事をするのは大事な事やな・・」

なんてしみじみ感じながら、油まみれになりながらも年取るのって悪くないなって思ったり思わなかったりしますね。。

何か困ったことがあったら、、危険じゃなければまずは自分でやって見るのもいいものです。。

独り言
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント