ストラーダCN-R300Dでスマホからブルートゥース接続で音楽を聴く方法

中古で買ったJB64ジムニーにカーナビ(ストラーダCN-R300D)が付いていました、が、それなりに古いカーナビでスマホとブルートゥース接続して音楽を再生する事ができません。(電話のハンズフリーのみにしか対応していない)

今の時代ブルートゥース接続で音楽が再生できないなんてのはやってられないので、再生方法をいくつか紹介します。

一番簡単なのは、

・ブルートゥース接続できるFMトランスミッターを使う

ことですが、これはFM電波特有のノイズが乗るので、余裕があるなら、

・ブルートゥースレシーバーをカーナビに有線接続して使う(今回はEchoAutoを使います)

という方法を用います。

一番安くて手軽なのはFMトランスミッターです(安ければ1000円くらい)が、、やっぱりノイズが気になるので、3000円くらい出して有線接続したいところです。。

スポンサーリンク

Drive P@ssは使わずに検討する

ストラーダと接続するにはDrive P@ssという謎のアプリを使えばスマホ内の音楽再生などができるそうです、が、こういったローカルアプリは、

・いつサポートが終わるか分かったもんじゃない

です、日本メーカー(今回はパナソニック)が作るアプリはたいてい使い勝手が悪いので、私はまったく使うつもりはありません。

というか、、普通にブルートゥース接続させてくれればいいのに、余計な機能を付けないでほしいです、ほんと・・・

謎アプリを使えば音楽再生等はできそうですが、スマホにわけのわからないアプリを入れたくないのでこの方法は却下です。

一番簡単なのはブルートゥース対応FMトランスミッターを使う事

謎アプリを使わないならば、一番簡単にカーナビへワイヤレスで音楽を流したい場合は、

・ブルートゥース対応FMトランスミッターを使う

事です、私が購入したのはこれ

1700円くらいでデザインも落ち着いています。

これを使うという事は、どういうことかというとこんな感じになります。

下手くそな絵ですが、、こんな感じです、

・スマホ ⇔ FMトランスミッター 間はブルートゥース接続

・FMトランスミッター ⇔ カーナビ 間はFM電波でつなぎます。

このようにつながって、スマホで音楽再生すればカーナビから音が出ます。

これが一番簡単でもっとも安いFMトランスミッターを買えば1000円くらいでも構築できます。

ただしこの場合、FM特有のノイズがのります。

イコライザー設定にもよりますが、サーっという音が常に鳴っています、気になる人には気になるこのノイズ、、普通のブルートゥース接続だと聞こえないですが、FM電波だとどうしても発生します。

じゃあどうするかというと、FMトランスミッターを使わない方法を取ります。

ブルートゥースレシーバーを有線接続する

ストラーダには(おそらく)以下のような配線がでています。

(15年前くらいのストラーダも同じ配線がでていたので、たぶんそういう仕様です)

この二つは何かというと、

・USB接続&iPod接続の為のUSB端子

→USBメモリから音楽を聴くためと昔懐かしのiPodで音楽を聴くためのUSB接続端子です。

と、

・映像用の4極ミニプラグ

→音声LRと映像、GNDの4極プラグです。

4極プラグを使って有線接続するのですが、この4極プラグが曲者です。

ストラーダの4極プラグは最近の4極プラグとは違う

ストラーダの4極プラグは最近よく見るヘッドホン&マイク対応の4極プラグとは違います。

またワタクシの下手くそな絵で説明すると、

こんな感じになります、ヘッドホン&マイクの4極プラグは置いといて、普通のヘッドホン端子をストラーダの4極端子にブッコむと、

・音声RがGNDに落ちるので、L側のスピーカーからしか音が出ない

という事態になります、さてこれを回避するにはというと、プラグを自作するか、対応した配線を購入する事になります。

ストラーダの4極プラグを分離してヘッドホン端子へ変換する

まずはストラーダの4極プラグのL/R/映像を分離します。

例えばこれ、

で4極プラグをL(白)/R(赤)/映像(黄)に分離して、

ステレオ端子へこんなので変換します。

これでストラーダの4極プラグから普通のステレオプラグに変換できたわけですね。

実際につなげるとこんな感じです。

配線地獄です。。。

スマホとブルートゥースレシーバーを接続してカーナビとは有線接続

あとはスマホとの接続ですが、また下手くそな絵で説明しますと、

最終的な配線はこうなります、

・ストラーダの4極プラグをステレオプラグに変換してブルートゥースレシーバーにつなぎます。

・ブルートゥースレシーバーは電源が必要ですからUSB端子から電源を取ります。

・スマホをブルートゥースレシーバーにつなぎます。

ということでようやくセッティング完了です。

私は今回ブルートゥースレシーバーにEchoAutoを採用しました。

プライムDayなどの年数回のAmazonセールであれば半額以下になるので、その時を狙うとお得です。

上記のオーディオ変換ケーブルとUSB端子から電源を取ってEchoAutoにつなぐと、壮大なスケールになります。。

これを、、無理やりダッシュボードに詰め込んで、ちょっとは見れる感じにするとこんな感じ、

これで、声でアレクサが操作できるようになりました、ついでに、有線接続(ストラーダはVTR接続)しているので、ノイズもありません。

ただ、、ダッシュボードのフタでケーブルがつぶされているので断線の懸念がありますから、もうちょっとなんとかしないとダメでしょうが、、後日考えてみます。

お金をかけたくなければFMトランスミッターが一番簡単

以上がストラーダCN-R300Dでアプリを使わずにブルートゥース接続でスマホから音楽を再生する方法でした。

途中かなりややこしくなりましたが、一番手軽なのは、

・ブルートゥース対応FMトランスミッター

が簡単で安い(最安は1000円くらい)です。

・ブルートゥースレシーバーを有線接続する

に関しては、上記の仕様ですと、ケーブルが1000円くらい、EchoAutoがセールで2000円ですから合計3000円くらいかかります。

ついでに配線もごちゃごちゃするので、FM特有のノイズを耐えられる方はFMトランスミッターでよい、という事になります。

私はEchoAutoが使ってみたかっただけなので、、、まあ、参考まで・・

スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント

  1. chieeeeemi より:

    ジ、ジムニーまさかのBluetooth使えないなんて!
    私の9年落ちの車でも対応しているのに…。
    (当初気が付かず、ライン入力端子で聴こうとしていました)

    そういえば以前のジムニーやロードスターは手放されたのでしょうか?

    • minimalistsawa より:

      コメントありがとうございます!

      前オーナーが古いカーナビを取り付けたみたいで、、私も調べてみて愕然としました。
      とは言え、EchoAutoを使ってみたかったのでちょうど良い機会かな、と考える事にしました笑

      前のジムニーはまだ持っています、Anycaでちょっとお小遣い稼ぎができれば維持費のたしになるのですが、、
      田舎ではなかなか難しいです。。

      ロードスターは今は妻が乗っています、車検を通すのにいろいろあったのですが、
      そういえば状況を書くのを忘れてました、思い出してそのうち書ければと思います。。