新車は買わなくてOK、安い中古車、むしろ激安の中古車でも大丈夫

節約

地方在住の方であれば車は必需品です。

高校を卒業して働く方、大学からUターンして地元で働く方は就職はしたけれども、車がないと通勤できない、という人も多いです。

通勤に車が必要だけど、100万円以上するからとてもじゃないけど買えない。

という人に朗報です、車は10万円くらいで売っているのです。

そんな安い車は修理費用が高いのでは?という心配もあるでしょうが、まあ、ほぼほぼ大丈夫です。

激安中古車の世界、覗いてみませんか?

スポンサーリンク

なぜ激安中古車が生まれるのか

中古車というと、ビッグモーターやディーラーの中古車屋を思い浮かべるかもしれませんが、車屋さんというのは中小零細の企業が沢山あります。

幹線道路沿いを走っていると、たまに見かけます。

10万、13万、20万

というような表示のある中古車屋さんが。

これらのような激安の中古車がなぜ生まれるのかというと、日本において車というのは、

・10年10万キロ

を超えた車というものはすでにボロボロ、という間違った常識に縛られている人達が沢山いるために、10年10万キロを超えた車というのはまったく需要がないので売れないのです。

売れない、となると車屋が我々の車を買い取る金額が0円だったり、1万円、だったりすることがあります。

さっきまで問題なく乗っていた車、車屋さんまでしっかりと動いて乗っていった車が0円で引き取られる事があるのです。

まだ動く車を0円で引き取ったら、、当然の事ながら、その車をちょっと綺麗にして10万円という設定にして売れば、10万円の利益ですね。

こうして、激安の中古車が生まれるのです。

10年10万キロを超えても車は全く問題ない

先ほど10年10万キロを超えた車は値段がつかない、と書きましたが、これは日本人の間違った常識と、おそらくは新車メーカーの策略だと思います。

20年20万キロ問題なく走ります!

と宣伝したら、新車が売れなくなってしまいますからね。

てなわけで10年10万キロを超えた車がボロボロ、というのは間違った常識であるということをまずは認識しましょう。

実際に、10年10万キロを超えた車に乗ってみればわかるのですが、、

しっかりとメンテナンス(といってもオイル交換くらい)された車であれば、な~んにも問題ありません。

試しに郵便局の赤い車を見てみればわかります、あの車達の塗装の剥げ具合を見る限りは、、おそらく10年どころではない年月が経っているとしか見えません。

ひと昔前の中国大陸では、、、40万キロ走っていたタクシーがありました。

外国ではトヨタのランドクルーザーは10万キロは慣らし運転だ、という考え方もあります。

ともかく車というのは、10年や10万キロで動かなくなるような物ではないのです。

車は部品を変えればよみがえる

中国大陸では40万キロ走っている車があった、という事を書きましたが、この車は新車の状態からまったく部品を交換していない、というわけではありません。

車は使っていくと当然ながら車を構成する部品は摩耗していきます、永遠に劣化しない物はこの世の中にはありませんから、どうしても部品の交換は必要となります。

ですから、長く車を使う際には部品の交換が必要になります、が、これは言い換えれば、

・車は部品を変えればよみがえる

という事でもあります。

例えばブレーキパッドはブレーキを踏むたびに消耗していきますから、ある程度消耗した場合は交換が必要ですが、新品と交換したら、新品と同じようなブレーキの利きがよみがえります。

このように部品を新品に交換することで、交換した部品に関しては新車と同じ、と言えます。

10年10万キロ超えた車であれば、ある程度交換が必要な部品はあると思いますが、この見極めは素人には難しいです、その場合はどうするかというと。

激安中古車の事は激安中古車屋に相談しよう

車の事が詳しい人ならよいですが、素人の方であれば、素直に車屋さんに相談しましょう。

ここで注意必要なのは、激安中古車に乗るのであれば、激安中古車を売っている車屋に相談するのが大事です。

10万円で買った車をディーラーなどに持って行って相談すると、、

この部品も、、あの部品も、、というように新車と状態を比較して部品の交換を提案される場合もありますが、こうなった場合に、

・中古車は修理代がかさむ

という状態になるわけです。

しかし、激安中古車屋であれば、ボロい車の取り扱いに慣れてますから、最低限必要な交換部品を提案してくれます、ただし、ある程度自己責任ですが・・

最低限必要な部品のみに絞れば、修理代はさほどかさみません。

私の経験でいうと、20万円で買った車がクラッチが滑りまくっていたので、クラッチを6万円で交換しました、が、元が20万ですから、26万で車を買った、と考えればまあ、たいして修理代がかかったとは言えないかなぁと思えなくもないですね。

元値が安ければ、修理をしても大した金額ではないので納得感はあります。

激安中古車一度体験してみて損はない

新車を買おうと思うと200万ほどかかるわけですから、買うのは大変です。

しかし、10万で車を買えたとしたならば、190万円が浮きます。

もし10万の車が壊れても、、あと190万円は残ってますから、言ってしまえばまた10万の車を買う事もできます笑

200万の車を買って失敗したらダメージは大きいですが、10万の車であれば、ダメージは小さいですね。

問題なければ激安中古車の素性が知れるのでラッキーですし、問題があったなら、勉強代として修理代と比較して検討すればよいですし、激安中古車を買う事による損はないと考えます。

激安中古車の世界、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

節約
スポンサーリンク
ミドフォーミニマリストの独り言

コメント

  1. chieeeeemi より:

    現在9年落ち10万キロ超えのトヨタヴィッツに乗ってます。
    購入時は6年半落ち6万キロ程で50万円ほどで購入しました。
    相場より安く購入しましたが、最近はもっと安い車(車検付15万円くらい)ないかな?と思って経験談を探していたらブログにたどり付きました!
    ド田舎なので1人1台が当たり前で夫も車所持(新車購入のSUV)ですがナビシステムや自動なんとか装置以外はほぼ謙遜なく乗れています。

    せっかくの新車は距離が延びるだの、冬場錆びるだので主な移動は私の車です。

    • minimalistsawaminimalistsawa より:

      コメントありがとうございます!
      格安中古車仲間が増えてうれしいです。
      次回はぜひ激安中古車にも挑戦してみてください。
      モノによっては修理が必要ですが、部品を交換すると車は劇的に復活しますし、
      今やナビよりもGoogleMapの方が優秀ですし、何より中古車はちょっと擦ったり
      ぶつけたりすることに神経質になる事もないし、車両保険も必要ないので
      自動車保険も安かったり。。。
      さまざななメリットがあると思っています、周囲の皆様にも格安中古車の良さを
      伝えてくださいませ!