車屋になる以外に車を安く買う方法はある程度のこだわりを捨てる事

節約

車を安く買う方法があるか?

となると、車屋になれば一番安く車を手に入れる事ができます。

車屋になる以外に、安く買う方法があるかというと、

・とにかく車に対するこだわりを捨てる事

に尽きます。どうでもいい車は安い、人気があるから値段が上がるのであって、人気がなくて余っている物は安くなります。

どうでもいい軽自動車ならば10万円未満で買えるのです。

スポンサーリンク

もっとも安く車を手に入れるには車屋になること

車を手に入れるにしても維持するにしてももっとも安く手に入れるには車屋になる、というのが有効なのは間違いありません。

社割を使う

昔から物を買うには”社割”というシステムが存在します、社員であれば一定の割合で割引が適応される、というシステムです。

洋服屋だろうが、飲食店だろうが、社割は存在するので、新車を安く買いたいならば、車屋になって社割を適応するのが安く車を手に入れる方法でしょう。

中古車の場合はもっと安くなる

他にも、昔BookOffでバイトしていた時にあり得ない価格で中古品を手に入れている人がいました、店に内緒で買い取った価格で自分のモノにしていたバイトがいました。。

これと同じ原理で、中古車屋を個人事業主として営んでいる人から車を買ったとき、18年落ちのロードスターを下取りしてもらいました。

その時の値段は4万です、そして中古車屋さんは言いました。

「これ、自分で乗るわ」

自分で事業をするのであれば、下取りという安い価格帯で中古車が手に入る、ということです。

整備代や維持費も自分でやれば安くなる

車は車検やオイル交換などの維持費もかかります、ガソリンスタンドやオートバックス等でバイトしている若い兄ちゃんがなぜ安いバイト代で働いているかというと、

・自分で整備ができる(道具と場所を使わせてくれる)

からです、オイル交換はもちろん、ユーザー車検(自分で車検を通す事)をすれば車検代も浮きます(車屋に払う整備代のみ、法定代金はかかる)

自分の部屋をセルフリフォームするみたいなものです、業者に頼むより自分で作業したらその分の作業費用は安くなるのです。

・・・

このように車屋になれば車を安く手に入れる事は可能です、また、自分で道具をそろえて車をいじれるようになれば整備費用などは安くする事は可能です。

ただ、車屋になりたいわけでもないし、自分でいじるのも嫌だ、という人はどうすれば安く車を手に入れられるでしょうか。

安く車を手に入れるにはこだわりを捨てる事

車に対するこだわりがあるでしょうか。

私はあります、マニュアル車、ツーシーターor本格SUVと言ったところです。

こんな風に変なこだわりがあると、選択肢は思いっきり狭くなります、マニュアル車という時点で最近の新車はほぼ買えません(最近はマニュアル車設定がない)

他にも、新車じゃないと嫌だ、とか、社内が広くないと嫌だ、とか、軽自動車は嫌だ、女の子にモテるのがいい、などと言い出したらきりがありません。

一方で、上記のこだわりが全て捨てれられたとしたらどうでしょう、ボロッボロの中古のわけわからん軽自動車でもいいわけです。

こだわるから、選択肢が狭まり価格が上がっていくのです。

・車は移動する為だけの道具

という割り切られる人にはものすごく安く車を手に入れる道が開けてきます。

幹線道路沿いの放置車は売り物

幹線道路沿いに車が放置されているのを見た事があるでしょうか。

あれらの車は実は、売り物です、値段は表示されていないかもしれませんがネットなどでは商品として売られている車です。

私の住んでいる地域にもあります、遠目ですが写真を撮ってみました。

ワゴンR(ムーブ?)っぽい車に掲げられている価格は、

・9万円

です、この業者は車検付きの価格表示ですから、、、車検の法定費用は最低でも3万円程度かかりますから、車体価格は6万、ということになります。

車検付きということは、いきなりぶっ壊れない限りは2年間は乗る事ができます。

圧倒的に中古カーリースより安く車を手に入れる事ができるのです。

なぜこんなに安い価格が実現するのかというと、、

10年10万キロを超えた車は下取り0円

日本においては車が初年度登録から10年以上、走行距離10万キロ超え、という状態になると、極端に値段が下がってしまいます。

これは、わけのわからない10年10万キロ超えた車は危ないという日本特有の信仰です。

実際のところは10年超えたからいきなりボロくなるわけでもありませんから、まあ、普通に乗れます。

しかし、謎の信仰があるために、上記の条件で人気のない車の場合、下取り金額は

・0円

ということになる場合があるのです、実際はいろんな業者を回れば1~2万程度にはなりますが、何も考えなければ0円、というように買いたたかれる事があります。

さて、この0円で引き取った車ですが、当然ながらついさっきまで乗っていた車ですから問題なく動きます。

車検の通らないところだけを直してしまえば、、、車検を通せば2年乗れるわけです。

そして、業者の利益は作業代を除けば0円の物が6万円などで売れるわけですから、6万の売り上げになるわけです。

こうして、激安中古車市場というのが出来上がるのです。

車屋にならないならこだわりを捨てよう

車を安く手に入れるには、

・車屋になるor自分で整備できる環境を整える

か、

・車に対するこだわりを捨てて、激安のどうでもいい車を買う

というのが最も安く入手する方法です。

車を安く手に入れる、という時点で新車を購入するという選択肢はないとは思いますが、、新車を欲しがるというのも車に対するこだわりが捨てられていないわけです。

どんな事でもこだわればこだわるほど手間とお金がかかります、節約にはこだわりは不要なのです。

節約
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント