健康で文化的な最低限度の生活って?生活保護受給者よりも質素な生活してない?

ミニマリズム

私はボロ区分マンションを賃貸に出しているのですが、まったく入居者がつかないため、

最終手段として、生活保護受給者も受け入れる事にしました。

すると、生活保護受給者に支給される金額、というものが少しだけ見えてきました。

その金額を見ると・・・

あれ?俺の方が質素な生活してないすか??

という謎の現象が起きている事に気づきます、健康で文化的な最低限度の生活とは、、

好き好んでやってるんだからしょうがないですが、やりすぎなミニマリストとは、

世の中に優しい存在なのです。

スポンサーリンク

私の住んでいる部屋と比較してみよう

私のミニマルな一人暮らしとおぼろげながら見えてきた生活保護の方を比較してみます。

私は健康で仕事ができるので比較する事自体は意味がないのですが、健康で勤め先で働いていようともこんな生活ができる、ということで比較してみたいと思います。

尚、金額は私の住んでいる地域、とうことですので、他の地域では金額は異なります。

家賃補助32000円

家賃補助は32000円を上限に支給されるようです、ですから、3万円であれば支給額は3万となりますから(たぶんね)できるだけ32000円の場所を選んだ方がお得です。

一方、私の住んでいる賃貸はというと、23000円です。。

駐車場代を1台入れても27000円です、すでに私の方が質素な生活を送っているという実態が浮き彫りになってしまいました。。

続けましょう。

生活家電補助29000円

生活を始めるにあたり生活家電(冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ)を購入する費用が補助されるようです。

これが、29000円、私は部屋に設置していた上記3セットをこの金額で借主に売りました。

実際に購入した金額は35000円くらいですが、、中古だとしてもこの金額では買えないのでお得ですね。

ついでに内緒ですがTVも付けたのであきらかにお得です。

一方、私の住んでいる部屋はというと、電子レンジとテレビはありません、冷蔵庫はありますが、電源入ってないです。

この時点でも私の方が質素かもしれません・・

寝具補助19000円

他にも寝具の補助があるようで、19000円までの寝具が購入できるようです。

私はというと、最初こそ15000円くらいのマットレスを使っていましたが、今はというと、

2000円のマットと4000円の寝袋で寝ています。

関連記事:マットレスを排除しBUNDOKフォールディングマットで寝れるのか?

・・・これまた私のほうが質素な生活ですね、好きでやってるのだからしょうがないですね〜

初期費用補助約13万円

あとは引っ越しに伴う初期費用の補助があります、詳細わすれましたが13万円くらい支給されるようです。

この初期費用から敷金や礼金、仲介手数料などを支払います。

一方私の初期費用は、あまり覚えていないのですが、敷金は1か月だったと思うので、仲介手数料合わせても初期費用は7万円程度だったとおもいます。

これまた私の方が質素ですね、まあ家賃が安いからですけどね。

 

このように住宅に関しては、私よりもいい条件で住まわれている、ということが判明してしまいまいした。

ただ、毎月の生活はこれだけではありませんからね。

生活費はかなり少ない

賃貸物件に関しては私よりも良い条件である事がわかりました、ただ月の生活費はどうでしょうか。

詳細は分からないのですが、ネットで調べると、おおよそ

7,8万円

と思われます、さて、私と比較してみると・・・

私の先月の生活費との比較

先月の私の生活費はというと

水光熱スマホ代:約1万

食費と雑費  :約3万

趣味と服飾  :約0.7万

交際費    :約4.8万

ガソリン代  :約0.8万

となり合計10.3万円ですね、車がなかったとしたら9.5万円ですから、7万円支給されるとしたら2.5万円はみだす計算です。

ということは、2.5万円ぶんだけわたしのほうが散財している、ということになるわけですね。

う~ん、、飲みに行く相手がいなくなったら2.5万円くらいは浮きますからね、ついでに車なくなっても行くとこなくなるのでお金使わなくなりますしね。

生活費7万というのは、健康で文化的な最低限度の生活、という意味では妥当な金額じゃないでしょうか・・

普通に勤めている私とほぼ変わらない金額ですからねぇ、結構良い生活じゃないでしょうか・・・

行き過ぎたミニマリストの健康で文化的な最低限度の生活って?

このように、とある月の私の生活は生活保護受給者と特に変わらない金額で生きているわけです。

とは言え、私には仕事があって給与もいただいていますから、余裕、という観点からすると明らかに違う部分があります。

だけど、本当に必要なモノってなんだっけ?ということを考えた時に、人によって必要なものが異なる、ということがよくわかります。

私は23000円の賃貸でも満足していますし、テレビも電子レンジも冷蔵庫もなくても毎日楽しく生きています。

健康で文化的な最低限度の生活

という憲法の文言、最低限度は人によって異なります、文化というのも人によって異なります。

一番大事なのは間違いなく

健康

です、健康が全ての基礎となります、今回私の物件に入居されるかたも健康に問題があって生活保護を受給されることとなりました。

どうしようもないけがや病気はともかくとして、自分が原因の不摂生などで健康を脅かすのはくだらない行為です。

健康な体さえあれば、どんな文化だって、どこを最低限にするかは自由自在です。

健康が一番大事だということを今回の入居者から改めて教えてもらいました、ありがとうございます。

ミニマリズム
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント