独り言

スポンサーリンク
独り言

若者の欲望を聞き、自分にはすでに欲望が無い事に気付く

 9連休明けの勤め先は、とりあえずこの会話で幕を開ける。 「正月休みは何をしてた?」  と、家族で旅行に行っただの、溜まっていた読書をしただのとよくある会話の中から、興味深い話を聞いた。  とある若者は 若者:「い...
独り言

年末年始の9連休何をしてましたか?私は気づいたらほぼバイトでした笑

 土日祝休みの勤め人である私は、2019-2020年の年末年始は9連休というお休みでした。  結婚をしていた頃は、、9日間も休みがあると何をするかで悩んだものです、結局、遊ぶにしてもお金がかかるし、3LDKのマンションだと大掃除も一...
独り言

どう考えても家は余る、こんな時代に家を買うべきではない

 実家に帰って親と話をすると、誰か実家に住んでくれると嬉しいという、しかし、我が実家はものすごい山奥にある為に、かなり不便である。  よって、誰も住みたがらない、当然だろう、コンビニまでは5km程、コンビニまでの道のりは細い道があっ...
独り言

父親を尊敬できる瞬間、アラフォーになって再確認する

 新年の挨拶の為に実家へ行く、父親は兄弟とその一族が集まった事でご機嫌となって、酒も進んでいる。  私はというと、実家で気を遣うのは絶対に嫌なので、兄弟の一族に無理やり愛想を振りまいたり、話を聞いたりするのはめんどくさいので別の部屋...
独り言

お年玉という強力な返報性の罠に気付こう、安易にもらうべきではない

 今年も新年がやってきた、私の歳ともなると単に実家に帰ってゆっくりするだけではすまないのであります、そう、お年玉という伝統文化が実家には待ち受けておるのです。  去年は学生の親族には1人しか会わなかった為に出費は少なく済んだ。 ...
独り言

アラフォーミニマリストが1年で何か変わったのか

 今日はいわゆる大晦日という日であり、2019年も今日で終わりらしい、なんの感情もわいてこないが、ふと一年を振り返ってみようと思い立った。  独身となって本格的な1年目、アラフォーでコナシバツイチが5.5帖ワンルームで1年過ごして何...
独り言

自分一人だけが始めてもしかたないが、それでも始めなければこの世はかわらないはずだ

 年賀状仕分けバイトというものをやってみた、仕事内容について言いたい事は多々あるが、それよりもなによりも、年賀状というモノが大量に流れているのを見て思う事の方が多い。  今だにこれだけの年賀状というモノが流通しうるのか・・  ...
独り言

なぜ人はわざわざ行列に並ぶのか、なぜ雰囲気という魔物に負けるのか

 私の居住地は田舎である為に滅多に行列に遭遇する事はないのだが、それでも行列を目にする事がある。  ・新しく開店したラーメン屋に並ぶ列  ・年末ジャンボ宝くじを買い求める列  ・クリスマスに鶏肉を買い求める列  ・...
独り言

セールスの電話を有意義な時間にする方法があった

 私はOricoカードを使っている、ポイントをAmazonのギフトカードに変換できるのと、iDとQUICPayがカードに付属している、且つ、MasterCardの設定がある為にApplePayに使えると思って導入したのだが、まあ、結局はi...
独り言

人にゆだねる事は大事だが、自分の身にならない問題も発生する

 専門家に任せた方が早い、これは事実ではあるが、どこまでを人に任せるべきかは自分の能力と時間による。  副業であれ、勤め人の仕事であれ、自分で決められない事の不自由さというものは重要な問題なのである。  一度、自分で決められる...
スポンサーリンク