中古で車を買う時は、該当車が試乗できない場合は、同型式車に乗ってでも様子を伺って決めるべし

私は最近29年落ちの車を購入しましたが、、

なかなかハチャメチャな車です笑、もしこの車を何の事前知識も無しに購入したならば、助手席に乗る人は大変な思いをする事になるでしょう。

中古車というのは車検が切れていたりすると試乗ができないのですが、様子が分からない場合はなんとかして同型式の車などに試乗してから購入可否を決めるべきです。

上記の車を買って思いました、何も知らずに乗り始めたとしたら、相当面食らうでしょう。。

中古車屋によっては、仮ナンバーで試乗させてくれるところもありますし、Anycaなどの個人間カーシェアなどで同型車種を探す、という方法もあります。

勢いで車を変えられる人ならいいですが、、、慎重に選びたい人は、最低でも試乗はしときたいところです。

スポンサーリンク

型式とモノが違うと全然乗り心地が違う

私は29年前のジムニーを購入したのですが、どんな車かというと、以下の動画のごとく、、

車内はかなり騒々しいですし、最後数秒にはガチャガチャと大きく揺れている(壊れてるわけじゃないです、これがこの車のデフォルトです笑)

のが分かるかと思います。

もし、外観だけで気に入って、上記のような車の特性を知らずに買ったとしたら、、大変ですよね。

私の場合は、一つ後のモデルのジムニーに乗っていたので、ある程度揺れる事は覚悟していましたから、まあ、許容範囲なのですが、、

もしも上記のような車内の爆音加減と、揺れ具合を知らずに助手席に乗せられる立場になったとしたらどうでしょう?

「勝手に車変えて、、、なんて乗り心地の悪い車にしてくれたんだ、、ふざけんなよ・・」

な~んて不穏な空気になっちゃうかもしれません。

なんとかして試乗をして、雰囲気をつかんでおきたいところです。

車検のある車なら試乗できる

中古車を購入する場合は、

・車検が切れている車

・車検が残っている車

があります。

車検が残っている車であれば、公道を走っても良いので、中古車屋さんにお願いすればそれなりの距離を試乗させてくれます。

ただし、車検が切れている車はというと、そのままでは公道は走れませんので、敷地内だけをのろのろ走るだけだったりします、が、これもその中古車屋さんによります。

車検が切れていても仮ナンバーで試乗させてくれるところもある

車検が切れている車は基本的には試乗させてくれないのですが、中古車屋さんによっては、

・仮ナンバーで試乗させてくれる

人もいます、私は1回だけそういう人に当たった事があります。

山ほどある動くかどうかわからない車の山の奥から、順番に車を動かして、ナンバーのついていない車に仮ナンバーを乗せて試乗をさせてくれました。

ただ、、、この対応をしてくれたのは一人だけだったので、かなりレアキャラのような気がしますが、一度相談してみる価値はあるかと思います。

どうしても乗れないなら同型式の車を試乗する方法を考える

欲しい車が車検切れでどうしても試乗させてくれない場合は、

・同型式の車(車検がある車)に試乗する

という方法を取るしかありません。

私が購入した中古車屋はジムニー専門店でしたので、他に同型式で車検のある車があったので試乗させてもらいました。

専門店でない場合などはどうするかというと、

・レンタカーなどを検討する

という事になりますが、、、レアな車だと、というか、私はMT車しか乗らないのでレンタカーで探してもMT車はまずありません。

ではどうするかというと、

個人間カーシェアでレアな車に乗ってみる

レアな車(MT車含む)はレンタカーに存在しませんが、諦めるのはまだ早いです、レアな車でも、

・個人間カーシェアに存在するかも

という可能性があります。

Anycaという個人間カーシェアサービスだと私が購入したかなり古いジムニーのMT車も登録されていますから、試乗というか、1日借りることができます。

実際に私も19年落ちのジムニーをAnycaに登録していましたが、同車種の購入を検討されている方にシェアした事もあります。

まあ、、場所が遠かったりしてシェアするのが困難な場合も多々ありますが、どうしても試乗できない場合は、個人間カーシェアも視野にいれると選択肢が広がります。

中古車だからこそ、試乗して購入可否を決めたい

新車なら当然試乗してから購入可否を決めると思いますが、中古車は試乗できない場合も多いです。

だけど、中古車だからこそ試乗は必要です。

モノによって(前オーナーの使い方)同じ型式の車でも様子がかなり違うので、それらの予想をしておかないと買った後で、

「思っていたのと違う・・」

何てことが起きやすいです。

出来るだけ悪い状況も想像しながら中古車は選ぶ必要があります、特に古い車は、、

買取販売の中古車屋の人が言っていましたが、あるとき私が購入したものと同型の約30年前の車を売ったときに、

「雨漏り、水漏れがするんだけど、、、ありえない!!」

と言って憤慨された方がいたそうです、、、私からすれば、

「古い車なんだからそのくらいは許容して素直に直しましょうよ・・」

という感覚ですが、その人にとっては違ったようです、それもこれも、試乗なりなんなりをして、車の状態を販売者に良く聞いておけば、認識違いは少なくて済むはずです。

1個1個違う中古車だからこそ、、できる限り試乗して購入可否を決めたいものです。

スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント