ガソリン車は20年以上動く、ボロボロ錆び錆びでも動けば車としての機能を果たす

節約

沖縄でレンタカーが無いときにはAnycaを使おうという記事を書きました。

そんな私が借りたのは、ホンダのビートというとっくの昔に生産終了となった車です。

この車は、、ものすごい状態でした、沖縄は海に囲まれていますから塩害によって錆び錆びになっていましたが、まったく問題なく私を目的地まで運んでくれました。

このことからわかる事があります、

・車は20年以上乗っても(使っても)その機能を失わない可能性がある

ということです、ましては、今回などは一日6000円くらいで貸して、お金に変える事すらできるのです、新車を買って次から次へと乗るのも楽しいでしょうが、古い車に乗ったり、長く使うということに目を向けてみても楽しいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ボロボロでも車そのものの機能は失わない

私が借りたのは、ホンダビート、製造年は1996年とありましたから、、26年経っています。

その外見は、見るも無残な状況でした。

幌はガムテでつなぎ合わされていたり、ボディのいたるところが錆びて朽ちていたり、タイヤホイールは錆びていて、タイヤはズルズルで微細な亀裂が入っています。

走行距離は15万km、ハンドルを切るとシャリシャリと音がします笑

そんな状態の車でしたが、エンジンはいたって元気、マフラーが良い音がするものに変えられていた為、ゴーカートみたいに楽しく運転できる愛すべきボロ車でした。

26年落ち、15万キロの錆び錆び、幌ボロボロ、マフラー爆音、こんな車であっても私を3日間で150km以上を載せていろんな場所へ連れて行ってくれました。

そうなんです、私を遠くへ連れていくという車の最も大事な機能はまったく損なわれていなかったのです。

本土の人は車に気を使いすぎる

沖縄に来ると気づく事があります、それは、

・ボロイ車が沢山走っている

ということです、ベコベコに凹んだ車や、錆び錆びの車、タイヤズルズルの車などがものすごく沢山走っています。

車がちょっと凹んだところで走りには影響がありません。

海が近いと塩の影響で錆びやすくなります。

雪が降らないのでタイヤを変える必要がありません。

これらの状況が重なってか、沖縄の車事情というのは本土(本州)と比べると、やや違った状態になっているように思えてなりません。

ただ、沖縄から本土に変えれば明らかな事があります。

・本土の人は車に気を使いすぎちゃうか?

ということです、ちょっと汚れたら洗車して、ちょっと傷付いたら板金して、、そんなのは見栄えを気にする一種の見栄なのかもしれません。

沖縄の車、及び、私の借りたオンボロビートを見ていると、、車ってこれでいいのでは?と考えさせられてしまいます。

電動化は車の寿命を縮める愚策

2035年までにガソリン車の新車販売を禁止する、

などというふざけた政策を首相が言ったとかなんとか言われています、エコの一環のつもりなのでしょうが、ちょっと調べれば実は電気自動車は別にエコでもなんでもない事がわかります。

生産過程で発生するCO2が莫大なのでエコではない、ということですが、それにもまして電気自動車には問題があります、それは、

・10年もバッテリーが持たない

ということです、電気自動車を動かすためには巨大なバッテリーが必要で、このバッテリーを製造するにはこれまた膨大はCO2を排出します。

スマホを使っていればわかると思いますが、バッテリーなんてのは5年も使えません。

車のバッテリーだっておそらくは10年は持たないでしょう。

一方で、今のガソリン車はというと、、前述の通り20年以上経ってもまったく機能を失いません。

電気自動車は20年経ったのちに、、その機能を維持しているでしょうか、あやしいものですね。

電気自動車をエコだと思って検討している人、長く使えると思っている人は、一度再考してみてはいかがでしょう。

今のガソリン車なら間違いなく20年以上は走ります、私の乗っているオンボロジムニーも19年目に突入しましたが、元気に動いていますしね。。

新車を検討するなら沖縄へ行こう!

私はお金のない人が無理して新車を買うという事が無謀だと思っています。

だから、ボロイ中古車でもまったく問題ないと、車の記事を書き続けています。

車カテゴリーへ

お金のない新入社員がローンというなの借金を抱えてウン百万ものお金をつぎ込むのを悲しい思いでみています。

もし、この記事を読んで新車を検討している人がいるならば、ぜひ沖縄へ飛んでみてください。

または、Anycaでボロイ車を借りてみてください。

沖縄では錆び錆びの古い車が沢山元気に走り回っています。

Anycaでボロイ車を借りてもその車は元気に動きます、だって、持ち主が現役で使っている可能性のある車なんですから。

なけなしの自分のお金を一体何に使うのか、新車を検討しているならぜひ沖縄へ飛んでみてください、世界観がかわりますよ・・・

尚、今回私が借りたように錆び錆びボロボロの車でも人に貸し出してお金を得ることができます。

興味のある方はAnyca(エニカ)に自分の車を登録してみてください。

↓Anycaに登録してみる↓

Anyca(エニカ)

節約
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント

  1. chieeeeemi より:

    先日車で少し遠出をしました。
    その際に15年ほど前に製造終了しているトヨタのファンカーゴが結構走ってました!!

    私の住む北海道は道路に融雪剤をまいているので沖縄同様に錆びてる車が多いです。
    錆等の見た目気にしなければ車は長く乗れるなぁと思うようになりました。
    …昨日ですが車11万キロ走りまして。
    ウォーターポンプが寿命間近となり切ない状況でした。。。(修理交換で3万弱でした)

    • minimalistsawa より:

      コメントありがとうございます!
      私の住む地域も雪が降るので融雪剤での錆びは悩みのタネですが、
      実際は錆びよりも、他の部品が寿命になる事の方が早いですよね。
      車の良いところは、多少お金はかかりますが、、、
      部品を交換すれば復活する事です。
      私は車体20万の車を10万ほどかけて修理して快適(?)に乗っています。
      あと何年持つかわかりませんけど、部品交換で済むのなら限界まで乗りたいと
      思っております。。