若者が新車を買わずに中古車を買うべき理由は自動車保険においても明らか

節約

私は若者が初めて車に乗るときはボロい中古車に乗るべしだと思っていますが、このことは自動車保険においても明らかでした。

なぜか若者に人気のアクアを新車で買ったならば、自動車保険は

・約18万円/年

であります、一方で私が乗っているようなボロボロの中古車だと、保険料は、

・約9万円/年

となり、約9万円もの差がつくのです、これはどういう事かというと、

・車両保険(事故ったときに車を直す保険)の有無

にあります、新車で購入した場合は車両保険を付けないと心配でしょうがありませんが、ボロい中古車だとちょっと凹ませたくらいでは直す必要もありません。

このことから、、若者の車選びはやはり中古車を買うの一択である事がわかります。

自動車保険の見積もりはネットから無料でできます、おおよそ最も安いのはAXAですから事前に保険料を見積もってみると現実がわかります。

AXAの自動車保険にて以下の条件で見積もりを取ってみました。

・初めて車に乗る/・アクアを新車で買う/・22歳/・本人運転条件/・通勤目的

という、就職して車通勤が必要な人を想定してみました。

結果は

年間約18万円という膨大な金額がはじき出されました。

一方、同じ条件で私が乗っている18年落ちのジムニーで、車両保険を外した状態だと、

年間約9万円という金額となりました。

この9万円の差というのは、ほぼすべて、

・車両保険

が締めています、車両保険とは、例えば、自分でどこかの壁にぶつけてしまって、壁は無事だけど自分車のドアだけが凹んでしまった。

という場合にも保険で直す事ができる保険の事です。

初心者の場合は車を擦ってしまったり、駐車場でぶつけてしまったりする事がよくありますので、新車を買った場合は車両保険はほとんど必須の保険となります。

しかし、、この車両保険がやたらと高いのです。

お高い車両保険を外す理由はというと、自分は事故なんか起こさないから、、というのであれば自動車保険自体がいりませんから、この自信の根拠はありません。

ならばどうすればいいかというと、

・ぶつけても気にならない車を買う

という事につきます。

私の乗っている車は18年落ちのジムニーですが、この車は車検付きで30万円で購入しました。

もともとボコボコの擦り傷だらけで、どこかにぶつけても元からの傷か新たな傷なのかが分からないような車です。

こんな車に車両保険必要だとおもいますか?必要ないですよね、、

そもそも古い車には車両保険自体付ける事ができない保険会社もあります。

このようにして、ボロい中古車を買えば車両保年を付ける必要がありませんから、自動車保険自体も安く済むのです。

アクアの新車を買うとどのくらいの費用が掛かると思いますか?

一番安いグレードで車体のみで約200万円、諸費用を足すと220万円程度の金額になります、そして、この金額に自動車保険が上乗せされて、結果として約240万円近くの金額を支払う事になります。

一方で諸費用込みのボロ中古車であれば30万円+自動車保険約10万で40万円で車を手に入れる事ができます。

その差は実に200万円です。。。

冷静になって考えてみてください、200万円をだすんだったら9万円くらいの差なんて大したことないって思いますか?

普段、50円の差でコンビニじゃなくてドラッグストアで買い物していませんか?

50円の少額を気にする人ならば、9万円の差、ましてや200万円の差を見逃すわけにはいきません。

若者はボロい中古車一択、この私の戯言を脳みその片隅に置いてみてください。。

節約
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント