節約するならどのサブスクリプションサービスを選ぶかが問題だ

節約

現代はさまざまなサブスクリプションサービス(月額課金サービスの事、以下サブスク)が跋扈しております。

知らないうちにサブスク貧乏に陥らない為にも、サービスは慎重に選びたいものです。

代表的なサブスクと言えば、NETFLEXやらAppleMusicやら、、NHK受信料だっていわばサブスクの一種です。

皆さん月に一体いくらお支払いしているでしょうか、気付かないうちに大変な金額を払っていないでしょうか、節約という観点からすると、月額課金はまさに、

・固定費である

と言えますから、必ず確認が必要です。

皆さんがほぼほぼ支払っているサブスクと言えば、NHK受信料です。

払っていない人もいるでしょうが、一応、NHKを受信する装置を持っている人は支払う義務が微妙に発生します。

家にあるテレビはもちろん、車についているフルセグが受信できるカーナビなども受信機になりますから、家にテレビがなくても車でテレビが見えてしまう場合は料金が発生します。

NHK受信料は実は結構ややこしいですが、地上波だけですと、

最安1137円/月額

で、衛生契約(BS含める)で

最安2015円/月額

です、なにやら知らないうちに安くなったものです、地上波だけなら1140円程度ですから、実はNETFLEXのスタンダードプランより安いのです。

そんなわけで、テレビを見る人は、まずは月額1140円のサブスクが発生します。

NHKだけではコンテンツ不足ですから、NETFLEXなどのオンデマンドサービスも契約したい、という人もいるでしょう、今や最もコンテンツの多いのはNETFLEXで最安値は、

990円/月額

となります、最安値は画質がSD画像ですから大きなテレビで見ると画質の粗さが目立つでしょうが、スマホで見る分にはなんとかなるでしょう。

というわけで、NHK受信料と合わせて2130円/月額となります。

ネットフリックスを見るにはインターネット環境が必要です、大量にNETFLEXを見ようとすると、月50GBは通信料が欲しいところです。

となると、、無制限のインターネットかそれなりに大容量のモバイルWifiなどが必要になって、最低でも4000円程度は必要です、毎月に通信量も一種のサブスクのようなものですから、NHK受信料/NETFLEX/インターネットを合わせると6000円/月額となります。

そして、、、音楽もいろいろ聴きたい、ということで日本人みんな大好きiPhone関連のAppleMusicに加入すると980円/月額で聞き放題ですね。

上記と合わせると約7000円/月額、という金額がはじき出されました。

・・・どうですか?こんな感じで知らない間にサブスクというのはつもり積もっていくのです、月15万で生活しようとおもったらサブスクに7000円も使っている場合ではありません。

じゃあどうすればいいんだよ、というお話ですね、では私のつまらない生活をご紹介しましょう。

結論から言うと、私が支払っているサブスクの合計金額は2000円/月額程度です。

さて、どんなサブスクに加入しているかというと、

まずは、NHKには加入していません、というのも、家にテレビはないですし、車もカーナビがついていないオンボロ車ですからNHK受信料が発生しません、ので、当然ながらテレビはサウナに行ったときくらいしか見ません。

次に、インターネット環境ですが、家に関してはインターネットが家賃に含まれている物件に住んでいて、家にいる間は0円です。

スマホの通信環境に関しては、IIJのギガプランのeSIM20Gを契約しており、月額1650円です、ネットに関しては以上です。

あとは、オンデマンドサービスに関してはAmazonPrimeに加入していて月額408円です。

408円/月額である程度のAmazonPrimeVideoで映画などが見れますし、PrimeReadingで多少の雑誌や漫画が読めますし、PrimeMusicである程度の音楽も聞き放題です。

てなわけで、私のサブスク合計金額は約2000円/月額です。

という感じで、節約をするなら自分がどんなサブスクに絡めとられているかを把握し、自分に必要なサービスが何かを把握しておけば、サブスク貧乏になる事はないでしょう。

高齢者であれば、NHK受信料地上波の1140円と楽天モバイルの1G未満の0円で生きていけるでしょう。

高齢者以外はネットが無いと生きていけないでしょうから、テレビを削除し、うまくネット環境をととのえて、必要なサービスを絞る事が節約への道のりとなります。

知らない間に使っていないモノの料金を支払っていませんか?

・・・JAFも一種のサブスクですよ。。

節約
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント