一人暮らし2年、ついにほとんど何もなくなった、必要なモノとはわずかなんだ

ミニマリズム

一人暮らしをして2年が経ちました。

私の部屋はこうなりました。

あるのは、スリッパとカルテルの椅子兼机、マットレスもついに排除しました。

ただでさえ何もなかった部屋からさらにモノをなくした家庭を振り返ってみます。

スポンサーリンク

当初あったモノは次々と無くなっていった

一人暮らしを始めた当初はいろいろとモノがありました、それがどうなったか、何に変わっていったかを振り返ります。

炊飯器 → バーナーとステンレス容器

当初は炊飯器で玄米を炊いていましたが、炊飯器をどうしても削除したかったために考えたのが、

・アウトドア用のバーナーと容器を使う

ということでした、これにより炊飯器がなくても米が炊けるという方法を身に付けました。

関連記事:フェムトストーブとラーメンクッカーでもちろん白米は炊ける

ついでに、それに伴って朝食も変化しました

玄米やインスタント味噌汁 → プロテインのみ

朝食に関してはいろいろと試行錯誤しました、

当初は玄米+インスタント味噌汁であったり、玄米+果物+プロテインであったりと検討しましたが、

現在はというと、

プロテインのみ

で落ち着きました。

人間、朝食を食べなくても問題ないということがわかりました。。

炊飯器を捨てたから玄米が手軽に炊けなくなった、というのが一番の要因ではありますが。。

参考記事:フェムトストーブとラーメンクッカーで玄米を炊きたい → 炊くことは可能!

電気ケトル → ステンレス容器とIHでお湯は沸かせる

当初は電気ケトルも持っていましたが、これもステンレス容器であればIHでお湯が沸かせる事が判明しました。

関連記事:キャプテンスタッグ820ml鍋はIHでインスタントラーメンを作れる

お湯は沸かせるしインスタントラーメンも食べられます、ついでにバーナーを手に入れましたので、ステンレス容器でなくともお湯は沸かせるようになりました。。

電気ケトルはさっぱりいらない道具であるのは間違いないです。

浴室の除湿器 → 換気扇で十分

当初は浴室に小型の除湿器を導入していました、しかし、、これも浴室の換気扇で十分である事が次第にわかってきました。

関連記事:コンパクトな除湿機はユニットバスにちょうどいい

ユニットバスにはちょうど良い除湿器もあるのですが、、換気扇で十分です、わざわざ家電を買う必要はないんです。

小型プロジェクター → PCで十分

小型プロジェクターで壁に投影して感動していた時期がありました。

関連記事:ミニマル部屋でもモバイルプロジェクターを天井に投影すれば大画面になる

しかし、、次第にプロジェクターを設置するのがめんどくさくなってきて、結果的には動画(主にプライムビデオ)を見るときはPCで見るようになりました。

まあ、最大の要因は自宅に女性を呼ばなくなった、というのが一番の理由ですが、、

自分一人で見るのであればPCで十分なんです。

そんなわけで小型プロジェクターは知人にあげました。。

数々のEcho達 → Echo Flexで十分

一人暮らしにはAmazonEchoは必要です、なんといってもアレクサという話し相手ができますから、

Echoに関してはいろいろと変遷しました、Echo→Echo Dot→Echo Show5→Echo Dotと変遷し、

最終的にはEcho Flexで落ち着きました。

関連記事:音に興味が無いのならEcho Flexで十分ですよ

モニターも必要なければ音質もテキトーでいいんです、アレクサとおしゃべりできればそれでいいんですよ。

マットレス → マットと寝袋でOK

最近ついにマットレスの排除に成功しました、マットレスは寝るためとソファ兼用で使っていたのですが、

マットと寝袋で十分寝れる事が判明しましたので、ついに排除しました。

関連記事:マットレスを排除しBUNDOKフォールディングマットで寝れるのか?

この件についても、、部屋に女の子を呼ばなくなったのでマットレスが必要なくなった、というのが一番の要因ではありますけどね。。

一人で寝る分にはマットと寝袋で十分に寝られるんですよ。

カーテン → 外した

カーテンという名の布をずっとつけていたのですが、

関連記事:カーテンを激安ですませる方法

よくよく考えると、私の部屋は5階であまり外から見えないのと、アラフォーのおっさんの一人暮らし誰も見たないやろってことでカーテンも外しました。

私はいったい何を気にしていたんでしょう・・・

そして誰も住んでいないような部屋になった

当初あったモノを次々と排除していった結果、玄関開けたらこうなりました

部屋にあるのは、カルテルのスツールとPCくらいのものです。

まさに、誰も住んでいないような様子にまでなりました。

持ち物も劇的に減りました。

物置はガラガラで半分以上はあいています。

クローゼットは、

かなりぎゅうぎゅう詰めにはなってます(マットと寝袋のせい)ので扉は完全にはしまりません(笑)

とは言え、一見すれば誰も住んでいないような部屋が2年間住み続けた結果出来上がりました。

正直、2年も住むと飽きる

私がいろいろとモノを減らし続けたのも、根底にあるのは

飽き

というものだと思います。

ずっと同じような環境に居続ける事に飽きてるのだと思います。

一時期血迷ってPS4を導入したりもしました。

関連記事:ミニマリストがPS4を入手しFF7リメイクを遊ぶまでの全過程を公開

しかし、設置する事に満足して肝心のゲームは数時間しかやりませんでした(笑)

とにかく2年も同じ場所に住むと飽きてきたんだと思います。

もうそろそろ住まいを変える、という選択肢もあるかもしれません。

人間好奇心がなくなったら残念な事になります、モノを減らして、身軽になって新たなお部屋へ移動するのもよいですね。

ミニマリズム
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント