夫婦で財布を分けるのは、共働きならばメリットが大きい

節約

夫婦の財布を一緒にするのか、それとも分けるのか

結婚したならば一度は考える事だとは思いますが、一つだけ言える事があります、それは

・共働きならば財布は分けた方がよい

ということです、専業主婦の場合は分ける事は難しいでしょうが、共働きであれば分けた方が確実です。

それぞれメリットデメリットはありますので、それぞれ考えていきます。

スポンサーリンク

夫婦で財布を分けるデメリット

まずは財布を分ける場合に発生するデメリットですが、これは間違いなく。

・相手の財政がよくわからん

というのが最大のデメリットです。

完全に財布を分けている場合、最悪の場合、相手がいくら稼いでいるかすらわからない場合があります。

財布を分けると言っても、家計の基本的な支出は稼ぎによってある程度半分づつに分けます。

例えば、家賃や水光熱費などの固定費は夫、食費や交際費などは妻、というような具合です。

で、分けた分が月10万ずつかかるとして残りのお金はというと・・

各個人の裁量

になるわけですが、ここで一番問題になるのが、やたらと浪費家だったりすると厄介です。

旦那がパチンコが好きで、、、なんていう状態だったとしたら、旦那はほぼ貯金はできていません。

なぜなら、パチンコってのは確実に負けるからです。

休みの日にはいつもパチンコに行っているとしたら、、間違いなく毎月10万円以上は負けています。

となると、、毎月10万の生活費+パチンコの負け10万以上、手取りがいくらかは人によっては違うでしょうが、パチンコにハマっている人であればお金がある分(もしかしたらそれ以上)突っ込みますから、確実に貯金はしていないでしょう。

というように、相手のお金の使用状況の把握ができない場合がある、というのが最大のデメリットになります。

ただ、これはメリットでもあるわけですが、、

夫婦で財布を分けるメリット

夫婦で財布を分けるメリットは、お互いにしっかりとお金の管理ができる、という事にあります。

例えば夫が給料を全部奥さんに渡していて、貯金ができていたと思ったらまったくしていなかった。。

なんて話もありますが、財布を分けていれば、自分の財布に関しては確実に自分で管理できるわけで、相手は知らんけど、自分だけはしっかりと貯金ができる事になります。

共働きであれば、自分のお金は自分で管理する、というのは非常に重要です、というのも・・・

あまりあってはいけない事でしょうが、、もし離婚した場合などは、お互いに財布を分けて管理していたならば、財産分与の時に揉めない可能性が高いです。

というのも、、結婚する前の財産は個人のモノですが、結婚したあとに稼いだ財産などは夫婦の資産になります。

ですから、極端な話、夫だけが働いていて年収1000万、妻が専業主婦で稼ぎ0の状態で毎年500万づつ貯蓄して10年間で5000万溜めました~と言う後に離婚したとしたら、、

財産分与は夫2500万、妻2500万ということになるんです・・・

こうなったら夫はさすがに、、おいおいちょっと待てよ、、と言う感じになるでしょう。

一方で共働きの場合で財布を別にしていれば、夫は貯金100万しかできなかったけど妻は300万貯金してましたって時に、夫がわざわざ妻に100万円分財産分与要求するか?と言う話です。

協議離婚する場合は、財産を折半しなくても良いので、お互いに自分の稼いだ分を管理して貯蓄なりしていれば、

・自己責任

という感覚が生まれるので、揉めない可能性が高いのです。

離婚はまあ特別な話かもしれませんが、普段の生活の中でも、お互いに依存しすぎていると他責(人のせいにする)思考になるので、自立心が芽生えにくいです。

自立心を育てるためにも、夫婦の財布は別にした方が良いわけですね。

共働きじゃない場合はどうする

問題は共働きじゃない場合ですが、この場合はお金の管理能力がある方が管理をするべきですね。

理系か文系か、というような考え方がありますが、人によっては数字を見ただけでもうわ~ってなる人もいるみたいですので、そういう人には家計の管理は向きません。

共働きじゃない場合は、数字の把握ができる方が家計を管理して、適切なお小遣いを渡してその中でやりくりしてもらうのが良いですね。

基本は共働きを考えましょう

結婚したら専業主婦になりたい

と考えている人は多いでしょうが、間違いなく共働きを考えた方が良いです、というのも、専業主婦というのは、

・1億円以上損する

という事になります、なぜなら

年収300万で40年働いたら1億2000万になる

からです、途中子育てで仕事をしなくなったとしても年収300万程度稼いでいたとしたら総額で1億円程度は収入が減るということになります。

もし夫の給料だけで生活ができていたとするなら、妻の給料(実際の手取り額は年収より少ないですが)を貯蓄していれば、1億円を超えるわけです、1億こえたら、、いわゆるおくりびとでちょっとした富裕層の仲間入りです。

財布を分けるというのも、基本は自分でお金を管理する能力を養う、という面が大きいですから、専業主婦より働いた方がいいに決まってるってことに気づく可能性も高まるでしょう。

結婚をするときに財布を分けるかどうかは、、分けた方が良いというのが私の考えですね、ご参考になれば・・・

節約
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの2人暮らしライフハック

コメント