勝原園地なら無料でキャンプができる、福井県大野市に来たなら行ってみて(シーズンオフにね・・・)

旅行

キャンプ場と言ってもいろいろな場所があるもので、、

しっかりした設備のあるオートキャンプ場となると1区画3000円、一人当たり数百円追加・・・

なんていうキャンプ場もあります。

1泊に二人で4000円以上かけて宿泊するんだったら、、安いビジネスホテル泊まった方がいいでしょうに、、

二人の場合は数千円もかかるキャンプ場は、何をやっているのかわからなくなります。

そんな中、ありました、無料でキャンプのできる場所が、それは、

勝原園地

です、、福井県大野市の奥地に、、、その場所はあります。

そこは、、、0円でキャンプができるパラダイスなのでした。

スポンサーリンク

キャンプ場は安くない・・・

キャンプ場と言っても様々な種類があるようです。

設備の整った管理人のいる場所もあれば、今回私がキャンプをしたようなだ~れもいない場所もあります。

金額も様々です、車で乗り付けてキャンプができるオートキャンプ場で区画が決まっている、なおかつ電源付き、ともなると1区画3000円以上したりします。

一方で駐車場に車置いて、テキトーに空いてるところにテント張ってね、と言うシステムだと一人800円だったり。

めちゃくちゃ田舎の広大な土地にあるキャンプ場ならば、車で乗り付けて空いてる場所にテントを張って一人200円、なんて場所もあります。

そんな中、勝原園地はというと、

0円

なのです、宿泊するのに費用が掛からない、これぞキャンプの醍醐味じゃないでしょうか。

勝原園地の設備は、、、きったねえトイレと、一応水がでてる

設備の整ったキャンプ場だと、きれいなトイレに飲める水のある炊事場、管理小屋には必要な物が売っていて、ゴミ捨て場も完備・・・

寝る場所だけがテント、、みたいなキャンプ場もたしかにあります、そんな中、勝山園地はどんな感じかというと、

・ボットン便所と謎の水

のみです、ゴミは持ち帰り、何も売っていない(周りにもなにもない)、トイレはボットン便所なので超臭いです笑

かなりストイックな場所と言わざるを得ないのですが、なんたって0円ですから、私から言わせるとトイレがある時点でかなり便利だったりします笑

勝原園地へ向かうには、道は細いし、何もないから買っていこう

そんな最強のコスパの勝原園地へ行くには、九頭竜湖に向かう美濃街道という道から脇道に入っていくのですが、、村の中を通るため道幅がかなり狭いです。

大きな車だとかなり気を使う事になるでしょうが、、パジェロなどの車もいましたので、気を付ければ問題ないのでしょう。

現地にはトイレしかありませんので、薪なども自己調達になります。

なので、薪や食料品は大野市内で調達するようにしましょう、食料品はともかく、薪についてはホームセンターに売っています。

大野市のメイン通り?にあるパルスというホームセンターに1晩燃やせる量の薪が600円で売っています。

あとは水ですが、、、一応水は出ていますし川もあるのですが、飲める水ではないので買っていきましょう。

準備さえ整っていれば最高のロケーション

勝原園地にはものすごく綺麗な川が流れています。

夏になるとここは観光地化するので沢山の人が川で水遊びをするために訪れます、ということで、夏の時期はかなりの人でにぎわう観光地と化します、しかし、、

今は5月の末です、私が行ったときには10テントくらいの人ででしたのでガラガラと言っていいでしょう。

こんな感じです、しかもソロキャンパーが多いので、キャンプ場あるあるの夜遅くまで騒ぎ続ける人達も少ないです。

トイレは汚いし設備も整っていないので子供連れや、パリピっぽい人は今回はいませんでしたので、、

静かにキャンプを楽しみたい人は、設備の整っていない、シーズンをちょっと外れた田舎の山の奥地のキャンプ場はねらい目です。

キャンプは激安が一番

旅行に行ったときのキャンプ場もすごいコスパでしたが、、おそらくは田舎ならば各県に一個くらいは激安のキャンプ場というのは存在するっぽいです。

キャンプの醍醐味は自然の下でどうのこうの・・・という魅力も確かにありますが、何と言っても、

・テントで泊まれば宿泊費が浮く

というのも魅力です。

1区画数千円・・・というような場所だと、2人だとビジネスホテルに泊まった方が宿泊、という視点からすると快適に寝られます。

ちょっと不便、だけど自然に触れられるしな、、、と言う場合はやっぱり安くないと納得いかんなぁ、というのが私の思いですね。

そういう意味では勝原園地は最高のコスパです、福井県大野市に旅行に行くなり、近くに住んでいる人は(シーズンオフに)行ってみて損はないですよ。

旅行
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの2人暮らしライフハック

コメント