ディエッメのブーツで登山と冬用の靴を兼用しようとして失敗中

美容・ファッション

私はミニマリストなので、登山だけに使う靴、というものを準備したくない主義です。

ということで、冬の雪が降る時期と登山靴を兼用しようと画策しました。

その中で候補に挙がったのが、

・ディエッメのブーツ

です。

とは言え、いろいろと試行錯誤をしているのですが、なかなかしっくりこないのが現実です。。

スポンサーリンク

ディエッメのブーツはお買い得

ディエッメは元々は登山靴メーカーであり、普段使いもできるようなデザインが魅力です、が、何と言っても最大の魅力は、

・価格

です、普段使いもできるレザーマウンテンブーツを探そうとすると、、

ダナーやパラブーツになるのですが、、価格が跳ね上がって6万以上します。

その中でディエッメのブーツは3万程度ですので、パラブーツなどに比べるとお買い得にはなります。

ということで、まず私は得意の中古品を買ってみました。

レザーブーツの中古品は普段使いはイケるが登山は難あり

狙いをディエッメのブーツにさだめた私はいつもの通り中古から物色しました、そしたらありました。

約4000円でディエッメのブーツが

さっそく購入して履いてみたのですが、、残念ながら皮が固すぎて足に当たる現象が発生しました。

関連記事:ブーツの皮が固くて足に当たって痛い時は、皮を柔らかくするスプレーが一番効く

わざわざ皮を柔らかくするというスプレーを買って試してみましたが、ある程度柔らかくなるものの、どうしても前の持ち主の足の形に出来上がっている部分が直らず、私の足に突き刺さる症状は完全には改善できませんでした。

とはいえ、冬の雪は問題なく過ごせましたし、雨の日も楽勝なので普段使いは問題ないのですが、、

残念ながら登山には耐えられませんでした、まずは、

・当たる部分が痛い

普段ならば歩いても1時間程度でしょうが、登山となると数時間歩きますので、当たっている部分がかなり痛くなってしまいますので、長時間の登山には使えません、さらに、

・ソールが外れてきた

ソールはビブラムソールなのですが、登山で酷使した結果剥がれてきてしまいました。

靴修理店などで貼り付け修理をしてもらうこともできますが、足が当たるのは改善できなさそうなので諦めて新しいブーツを買うことにしました、が、、

新品のブーツでも結局、靴擦れ発生

中古品は前の持ち主の足の形に合ってるから使えない、ということで新品のブーツも買ってみました。

結果としては、新しいブーツでも靴擦れは発生しました。

まあ、私がサイズをちょっと小さめにしてしまったのもミスなのですが、中古品と同じサイズを買ったつもりだったのですが、新品だと皮が伸びきっていないので、思いっきり足に当たるようです。

これまた、普段使いなら問題はないのですが、、数時間歩く登山となると、新品の皮のブーツはなかなか厳しいものがあるのが現実です。

素直に現代科学の粋を集めたゴアテックスの登山靴を買いましょう

私の登山と冬用途を兼用するという目論見は今のところ完璧には実現しておりません。

言える事はただ一つ、

・登山行くなら登山靴を買いましょう

ということですね。

皮は伸びるのに時間がかかりますが、ゴアテックスの靴であれば最初っからある程度伸びるので靴ずれも起きにくいです。

なんでもそうですが、ちょっとした趣味であれば、何を使っても問題はないものです。

登山も1時間くらいで登れる山なら、普段着にスニーカーで登っている人もいます。

だけど、、往復6時間かかるような登山でスニーカー履いてたらさすがに苦しみます。

何のために専用の道具があるのか、、残念ながら兼用するには5時間以上の登山では難しい、というのが今のところの結論です。

美容・ファッション
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの2人暮らしライフハック

コメント