メンズのビッグシルエットトレンドはダサい、けど試してみたい、と言う場合はやっぱりGU

美容・ファッション

トレンドというのは相変わらずめんどくさいもので、数年前なら

・ノームコア

という、シンプルで体にフィットした非常に機能的なトレンドであったので最高だったのですが、

今やどうなったかというと、

・ビッグシルエット&派手

という謎のトレンドになっております。

トレンドというのは繰り返すのでまあしょうがないと言えばしょうがないですが、アラフォーのオッサンがビッグシルエットをするのははっきり言って難易度高くて、基本的にダサくなってしまいます。。。

とは言え、ちょっとはトレンドにものってみないと、、と言う思いもある、となればとるべき方法はたった一つ、

・GUの激安セール品を買う

という方法ですね、これなら金額的な被害も少なくて済みますからね。

スポンサーリンク

GUの激安セール品でビッグシルエットを実現しよう

ユニクロやGUの店舗には必ず売れ残りの激安品がワゴンセールに並んでいます。

ユニクロは一番安くても790円くらいですが、GUであれば390円!という激安品が存在する場合があります。

ただ、ワゴンセール品はなぜ安くなっているかというと、

・売れ残り品

なわけであって、はっきり言ってまともな物はありません。。

それでも中には使えるものもあります、それは、

・単色(柄のない)のちょっと古い(オープンカラー等)形のシャツのサイズが大きい物

がねらい目です、確かにオープンカラーは1年前に流行って今年はちょっと古い感じがしますが、、

それでも普段自分が着るサイズより2~3サイズくらい大きくすればビッグシルエットが実現できます。

ついでに、ワゴンセールに並ぶものはサイズは小さいもの(Sとか)か大きい物(XL以上)などが多いですから、ちょうどビッグシルエットトレンドに乗っかるにはもってこいです。

・GUの390円の単色のXL以上のシャツ

これをビッグシルエットトレンドのプチ入門としてゲットしてみましょう。

オッサンは上下ビッグシルエットにするのはやめとこう

390円という牛丼よりも安い金額でなんとなくトレンドの服を手に入れたら次はどのようにして着るかですが、

これはもう一択です。

・黒スキニーデニムに合わせる

これで完了です。

若者は上下ビッグシルエットの服を着ていますが、、これは、現代の顔が小さく足の長い若者だからこそオシャレに見えるのであって、

顔のデカイ、腹のでた、足の短いおっさんが上下ビッグシルエットをやってしまったら、当然ダサくなるわけです。

なので、大人しく、パンツ(ズボンのことね)は大人しく黒スキニーにしておいて、上だけをトレンドっぽくするようにしましょう。

・激安品でちょっとだけトレンドを意識してみる

これがオッサンの戦略ですね。

SDGsも結局トレンドだったら嫌だな・・

最近はSDGs(エスディージーズ)と言う言葉が出始めました。

Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)

だそうです。

要するには環境に配慮して、将来にわたって資源などが枯渇しないように、維持できるように生産・開発していきましょう、と言った内容です。

私としては、環境関係の映画を見るのは好きなのでSDGsは広まってほしいと思ってはいますが、

参考記事:フード・インクを見てもっとファストフードを食べる気を無くそう

ただ、、もしかしたらこのSDGsもトレンドなんじゃないか、というような気がしてなりません。

環境に関しては各国少しづつ規制を厳しくしています、これは法律というもので縛っているわけです。

ファストファッションなどは、作っては捨てる作っては捨てるを繰り返すものですから、リサイクル品を使わない限り持続可能性なんて実現できません(一部リサイクル素材を使った服も出始めています)

ということは、結局は法律で縛るしかないわけですが、法律ってのは大企業の論理で出来上がりますので、、

利益と相反しそうなSDGsが定着するかというと、、今はどうなるかわかりません。

ぜひ、トレンドで終わってほしくないですね。

あるものは仕方がない、うまく使おう

持続可能性を個人がなにやら言っててもたいして影響はありませんので、我々としては、

・売れ残っているモノを使い切る

というのができる事です。

この方法を使って、どうしようもないトレンドにお得に乗っかる、これが現代の生き方です。

ビッグシルエットは、

・でかくて場所をとる

・でかくて袖などが余って使い勝手がわるい

・でかくて隙間があるから寒い

といい事な~んにもないですけど、そんなつまらないトレンドには、激安品でちょっとだけのっかってみましょう。

美容・ファッション
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの2人暮らしライフハック

コメント