キャンプ素人は少しづつ道具をそろえるなり、普段の道具をキャンプ道具にしていきましょう

旅行

最近キャンプデビューをした素人キャンパーです。

買った道具はというと、

・テントとエアーマット

のみです、購入したテントは1万円程度のAmazonで購入できる謎メーカーのモノです。

結果として謎メーカーのテントでも問題なくキャンプ(宿泊)する事ができました。

普段からある程度キャンプ道具で生活しておけば、ちょっと買い足すだけでキャンプデビューが可能なのです。

スポンサーリンク

趣味を始めるには道具から、はおすすめしない

何か趣味を始める時によく聞かれる事に、

・良い道具をそろえましょう

という主張があります、私はこの主張には反対です。

例えば、ギターを始めるとしましょう、最初っから10万円のギターを買う人もいますが、、、

本当に続くかどうかわからないものに大金を払うのはどうかと私は考えます。

まず最初は1万円程度のギターセットを買って、ある程度続けられる事や面白さが分かってきたら道具をアップグレードする。

これが飽き性な人のモノの購入戦略です。

キャンプで言うと、まだキャンプをやった事もないのに、スノーピークのテントやらを買っちゃう人もいますが、、

極論でいえば、まずはダイソーで売っている1000円くらいのテントでもいいんです、まずはやってみて、さらに良くしたい場合は道具に凝っていけばいいんです。

普段使うモノをキャンプ道具にしておけば買い足しは少ない

私はミニマリストなので、普段の生活からアウトドア用品を使っていました。

一人暮らしの時はマットと寝袋で寝ていましたし、、

炊飯器は持っていないのでアウトドア用品で米を炊いていますし、

鍋をするときは、アウトドアでも使えるコンロを使っていますし、

椅子や机も普段使いすることも可能です。

このように、普段からアウトドア用品(キャンプ道具)を使っていると、いざキャンプをするときに必要となったものは、

テントと相方用のマット

くらいのものなのです、前述しましたが総額としては1万円程度で宿泊を伴うキャンプができてしまったわけです。

簡単に道具をそろえたらその辺で試してみましょう

普段からアウトドア用品を活用し、テントをゲットしたら、

よし、キャンプ場へ行こう!

となるとは思うのですが、調べてみるとわかるのですがキャンプ場は意外とお金がかかるのと、運営している時期に縛りがあったりします(春夏秋しか運営していないとかね)。

よくわからないものにお金をかけるのも、予約を取るのもわけわからんし、、と言うことであれば、やれることがあります。

・その辺でキャンプをしてみる

という方法です。

誰も来ない道路でキャンプ体験

キャンプ場はまだやっていないし、通年営業しているところはデイキャンプでも数千円とられる。。

という状況だったので、私は初のキャンプを、

・その辺の誰も来ない道路

でやってみました。

こんな感じです。

誰も来ない道路脇に、、

テントを張ってみました笑

これで、お湯を沸かしてカップめんを食って、コーヒーを飲み、テント内で寝っ転がって本を読む、というプチキャンプ体験をしてみたのですが、なんの問題もなく体験する事ができました。

ちなみに、上記の道路は冬季閉鎖されているところを隙間からちょっと入ってやってきたところで、ほとんど車は来ないところでした。(来たのは道路を開拓するおんちゃんと、謎のジムニー2台でした)

他にもただっぴろい公園などであればテントを張っている人もいるのでとりあえず試してみるのはおすすめですね。

キャンプ場でも安いところがある

その辺の路上は嫌だという人は、キャンプ場で安いところを探してみると良いです。

私は旅行先でキャンプをしたのですが、、とあるキャンプ場はなんと、、

・宿泊一人200円

という破格の値段でした。

そのキャンプ場には大量のキャンパーがいたので、困った事があれば助けてもらうこともできます。(というのも、隣の人が焚火の火が点かずに苦労していたのを助けてあげました・・)

道具をそろえる時にまずは安い物から、と同じ原理で、まずは安いところで試してみれば失敗したときの精神的ダメージも小さくて済みますね。

まずは少しづつやってみましょう、普段使いもよし

こんな感じでゆる~くキャンプをする事はできます。

一生懸命道具をそろえた結果、結局行く機会がなくて物置に道具が眠ってる。。

なんて悲しい道具のそろえ方をしている人もいます。

そんなもったいない事をしない為には、

・普段からキャンプ道具を使って生活してみる

ことである程度の道具を無駄にする事はなくなります、そして、

・安い道具を購入してまずは試してみる

という方法を取れば、キャンプのハードルも低くなります。

・普段使い&まずは安い道具

この戦略で遊びの幅が広がれば最高ですよ。

旅行
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの2人暮らしライフハック

コメント