銀行口座を作りたい時は楽天銀行にすればスマホアプリが使いやすく、通帳がなくて便利

楽天経済圏

すっかり楽天経済圏にハマっている私、

以前もネット銀行口座を持っていたのですが、街コンバイトで楽天銀行が必要になってからというもの、

すっかり楽天銀行にハマっております、その理由は、

使い方が簡単

だからです、簡単に使える、ということはセキュリティ大丈夫か?という気持ちも少々ありますが、

それにしても楽天銀行は使いやすいと思います。

一人暮らしを始めるにあたって口座を作りたい場合は、楽天銀行おすすめですね。

スポンサーリンク

スマホアプリなら指紋認証でログインできるがPCは煩雑

楽天銀行アプリがあるのですが、ログインは指紋認証で完了です。

もちろん最初はパスワード設定等が必要ですが、一度設定してしまえば、スマホアプリからログインする場合は指紋認証などの生態認証でログインできます。

一方で、PCからは、

生態認証は使えずにIDとパスワードの入力が必要です。

そして、、そのあとに

支店番号と口座番号、さらに質問の合言葉まで聞かれます。。

なぜPCだとこれほどまでに厳重なのかは不明ですが、基本はスマホアプリで使うのであまり気にする必要はありませんね。

スマホアプリは振込が簡単

楽天銀行で振込を行う場合は非常に簡単です。

・振込先を指定して

・振込金額や日時を指定して

・暗証番号を入力

で終了です、振込を行うのに必要なのは、

指紋認証と暗証番号

だけなわけですね、暗証番号さえ覚えておけば、ものの1分くらいで振込ができてしまうわけです。

これがPCになると、、

・振込先を指定して、振込金額や日時を指定した後、

・メールで送られるワンタイムキーを入力して

・暗証番号と生年月日を入力

というステップになります。

やはり、スマホアプリだと手続きが異常に簡単なんですね。。。

振込手数料や引き出し手数料は預け金額で変わる

楽天銀行では口座に預けてある金額によって、

・振込手数料無料回数

・ATM引き出し手数料無料回数

が変わります、具体的には以下のようになります。

とりあえず10万円以上預けてあれば、1回は他行振込手数料が無料になります。

10万も預けるおかねがない・・・という人もいるでしょうが、、、地味に振込手数料は高いので、

毎月の家賃や駐車場代などを振り込む必要のある方は、他行あてに振り込む場合は1件500円くらいかかりますので、1年単位で考えると、5000円以上の金額になります。

地味ですが、他行あての振込手数料無料はかなりお得なのです。

ちなみに、楽天銀行への振込は手数料無料です。

ネット銀行だと通帳がないし、銀行印なるものも必要ない

楽天銀行はネット銀行ですので、通帳はありません。

さらに、通常の銀行で通帳を作る場合は銀行印(通常に押されている印鑑)が必要ですが、ネット銀行なので銀行印も必要ありません。

かといって、各種引き落としなどで使えないわけではありません。

マンションの管理費などを引き落とす際も、ネット銀行に対応しているところであれば、

口座振替の設定

についてのメールが届いて、アプリなどで対応をすれば完了です。

通帳がない、銀行印が必要ない、というのはネット銀行の特徴ですが、モノがないので非常に便利ですね。

楽天銀行の口座を作るにはマイナンバーカードで

便利な楽天銀行の口座を作るには本人確認資料が必要です。

免許を持っていない人は、とりあえずマイナンバーカードを作っておきましょう。

必要書類や提出の仕方によって資料が変わります。

マイナンバーカードしかない、という人でも口座を作る事はできますね。

使いやすいということはセキュリティが甘いということだけど、、

このように楽天銀行は簡単に口座を作れますし、スマホアプリで使う場合はどうもセキュリティ甘くないですか?

という感じがします、、ただ使ってみれば一目瞭然で使いやすい事は間違いありません。

預け金額が100万をこえている場合などは、他行振込手数料が月3回無料ですから、

・・・ああ、そうですか、じゃあ振り込んどきます

といって一瞬で振り込む事ができます。

以前使っていたネット銀行はこんなに簡単ではありませんでした(まあ、それが普通なのでしょうが、、)

簡単な事が楽天銀行のメリットですね、一度試してみてはいかがでしょう。

楽天経済圏
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの2人暮らしライフハック

コメント