楽天経済圏の利点は楽天ポイント、いや、古着が沢山表示されるところでしょ

楽天経済圏

楽天モバイルの魅力にすっかりまいってしまい、数年ぶりの楽天経済圏にどっぷりつかっています。

久しぶりに楽天を使ってみると、何が一番良いとかんじるかというと、

リサイクルショップの商品が多数出てくる

というところと感じます。

昔は古着が表示されるのは邪魔だったのですが、今はメリットに感じています。

時が経つと、、、考え方が変わってしまうのです。

スポンサーリンク

楽天市場のリサイクルショップ表示は使える

今やメルカリで古着を購入する人も増えたでしょうが、昔は古着といえばリサイクルショップで購入したものです。

そして、リサイクルショップ、例えばセカンドストリートなどは昔から楽天市場に出店していました。

昔は古着が表示されるのが邪魔だったのですが、今やメルカリなどで古着を購入するのが当たり前になりましたので、、楽天市場は古着を探すのには最適になっています。

ちょっと調べてみましょう、私が昔10万円で購入したレザージャケット(sisii)ですが、、

sisii メンズ

と検索すると、上記のように出てきます、最初は新品の10万円のモノが表示されますが、

移行は中古品が表示され、、同じ商品でも16000円程度で買える、ということがわかるのです。

これが、楽天市場の最大利点です。

ちなみに、sisiiのレザーは洗濯機で洗えるので使い勝手が良いですよ・・

参考記事:sisiiのレザーを洗濯機で洗ってみたが、前評判通りまったく問題なし

では、Amazonではどのように表示されるかというと、

Amazonには古着がない・・・

同じようにAmazonで

sisii メンズ

と検索すると、、

こんな感じの表示になります、そうなんです、Amazonには古着が売っていないのです。

私は楽天経済圏から脱出してAmazonばかり使っていたのですが、、この点のみ(?)において、

Amazonより楽天市場の優位性があるのです。

古着を探すなら楽天市場

ということでAmazonは古着を探す事においては使い物になりません。

もちろんメルカリで古着を探すのもよいですが、メルカリは出品者が基本的には個人の方ですから、人によって表示形式が異なったりして見難い場合があります。

一方で楽天に表示されるリサイクルショップは、各店舗がUPする方法をある程度統一していますので、比較もしやすいですね。

よって、古着を探すならば楽天市場が最適ですね。

あとは、、ユニクロの古着も楽天なら多数出てきます、店舗で試着してサイズを確かめた後、楽天市場で割安な中古品を買う、なんてこともできますね。

Amazonは便利だけど、中古品との比較は楽天

Amazonはプライム会員になれば送料は無料で価格が安いモノが多数あります。

一方で楽天は送料別だったり、発送までに時間がかかったりと、デメリットもあります。

だけど、中古品との比較ができてお得なモノを探せる、という意味においては楽天市場のメリットとなります。

私は数年間楽天市場から遠ざかっていましたが、、楽天モバイルに変えてからはすっかり楽天市場で中古品を買ったり探すのが好きになってしまいました。

楽天ポイントも、楽天Edyも、別に興味はありませんが、

楽天市場の古着、楽天銀行、楽天モバイルについては非常に良いサービスだと思います。

楽天を毛嫌いしている方も、一度ついたイメージを覆すのは難しいかもしれませんが、日本の企業である楽天、応援してみてはいかがでしょう。

楽天経済圏
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの2人暮らしライフハック

コメント