楽天モバイルの1Gまで無料は、ネット回線を2980円で完結させる画期的なプランだ

楽天経済圏

楽天モバイルから衝撃的な料金プランが発表された。(2021年4月1日から)

データ通信量1Gまで無料

というものだから、このプランの意味するところは、

SMS付き音声通話使い放題の回線が0円で持てる

ということを意味します。

音声通話だけを使うのであれば、0円、という衝撃の価格設定なのです。

スポンサーリンク

楽天モバイルを2回線持つと980円で通話料無料、4Gまで使える

データ通信量1Gまで無料

というのは1回線目の条件であって、2回戦目からはデータ通信量3Gまでは980円かかる。

となると、2回線契約してデータ通信が合わせて4G(1G+3G)までしか使わなければ、

980円/月

ということになるわけです。

音声通話かけ放題でデータ通信量4Gつかえて980円というのは、格安Sim各社あわせても

まったく太刀打ちのできない激安料金と言えます。

とんでもない料金プランを楽天モバイルは提案してきた事になるのです。

2回線契約することでできること

とはいえ、2回線契約して何かいいことがあるのか?

と思う方もいらっしゃるでしょう、できることを紹介していきます。

1回線目をスマートホーム、2回線目をデータ無制限使用

1回線目は1Gまで0円で使えるわけだから、対してデータ通信量を使わないスマートホームのハブとして使用できる。

というのも、一人暮らしなどで自宅Wifiがなくスマホのみの場合は自宅にネット環境が無いことになる。

自宅にネット環境が無いと、外出先から自宅にアクセスする方法が無いことになる。

だから、1回線目は自宅に設置してネットワーク用に使う事で、外出先からエアコンをONOFFしたりというスマートホームの役割を果たす事ができる。

方法としては以下の記事を参照

参考記事:スマホのみでも大丈夫、スマートホームは初期費用1万円未満、月額200円で作れる

そして、2回線目は外出先では通常使用し、自宅ではテザリングを行ってWifi化させてデータ無制限の特性を活かして、動画でもなんでも使い放題すれば良いわけです。

よって、

1回線目:スマートホーム用で1G以内に抑えて0円

2回線目:データ通信使い放題で2980円

という使い方をすれば、月額2980円でスマートホームを構築しつつデータ通信使い放題できる。

という状況が構築できて、自宅のネット回線は不要になるわけです。

楽天モバイル、、、実はスゴイんですよ・・

LINEが2つ持てる

2回線持つということは、SMSが2つ持てるということです。

となると、、実はLINEアカウントを2つ持つことができます。

LINEを2つ持ってどうするの?という方もいらっしゃるかもしれませんが、、そうですね、

・街コンやマッチングアプリ用とプライベート用を区別する

・仕事とプライベート用を区別する

というような使い方ができます。

実際に私も街コンスタッフバイトをしていたときはLINEアカウントを2つ使っていました、結構便利ですよ。。

ちなみに、LINEはAndroidスマホであれば1つのスマホに2つLINEアプリを入れる事ができます。

参考記事:Lineアカウントを2つ持ち、音声Simとデータ専用Simを同時に1つのスマホで使う方法

Pallarel Spaceというアプリを使うと1つのスマホで2つのLINE2が使えます。

残念ながらiPhoneではできないようです、まさかのAndroidの優位性が発揮される場面ですね。

電話番号を2つもてる

2回線もつわけですから、当然ながら電話番号が2つ持てます。

ただし、上記のように1回線目をスマートホーム使用にすると、自宅でしか使えないのでいまいち使い勝手はよくないですね。

一応、副業などの仕事用とプライベートを分けて使える事になりますが、常にスマホを2台持つことになりますので煩わしいですね。

それよりも、LINEを2アカウント持ってスマホ1台で使うほうが使い勝手は圧倒的に良いですね。

尚、通話料無料というのは楽天Linkアプリから電話をかけた場合です、通常の電話アプリからかけると通話料が発生するのでご注意を!!

 

このように2回線持つ事で可能となることがあります、特に一人暮らしでネット環境の無い部屋に住んでいる人は楽天モバイルの2回線持ちはかなり便利ですね。

注意事項は楽天モバイルエリア内に住むこと

以上のように楽天モバイルはかなりお得ではあるのですが、注意事項としては、

楽天モバイルエリア内に住む

ということです、データ通信量無制限、という条件は楽天モバイルエリア内に限られた話です。

ですので、まずは自宅が楽天モバイルエリア内にあるかどうか?を確認する必要があります。

楽天モバイルのエリアは以下のサイトで確認できます。

通信・エリア | 楽天モバイル
楽天モバイルの通信エリア(サービスエリア)を、地図や検索でご確認いただけます

エリアはかなり広がっていて地方都市でもエリア内に入ってきています。

もし、エリア内に住んでない、という場合は、引っ越してもいいレベルじゃないでしょうか(笑)

一人暮らしの方であれば、田舎であれば家賃3万円程度の物件は沢山あります、その物件で月の通信量が3000円程度になるのであれば、生活費としてはかなり安くなるのではないでしょうか。

端末は楽天モバイル初契約なら楽天Hand1択!

上記は回線契約だけの話をしていますが、スマホ端末については何も触れていませんがこれは条件があります。

初めて楽天モバイルを契約される場合

初めて楽天モバイルを契約される場合は、1年間使用量無料や、端末代金を楽天ポイントでキャッシュバック、などの条件があります。

いくつか端末はありますが、おすすめは、

楽天Hand

です、以下記事で紹介していますが、

参考記事:楽天HandはAndroid派でまともに使える小さい端末を探している人に最適!

eSim、軽量コンパクト、ディスプレイ指紋認証、Felica搭載、バッテリー持ち十分

というAndroidスマホの中では最高の端末(だと私は思っている・・)です。


様々な端末が楽天ポイント還元していますので、覗いてみてはいかがでしょう。

というわけで、初めて楽天モバイルを契約される場合は端末セットで購入するとお得ですね。

楽天モバイルをすでに契約されている場合

楽天モバイルをすでに契約されている場合は、ポイント還元が受けられませんので、、

違う方法で端末を入手する必要があります。

スマホを購入する場合は、楽天モバイルを使う場合は注意が必要です。

たとえば、私が昔使っていたUMIDIGIという値段の割に優秀な端末では楽天モバイルが使えない端末があります。

ですので、楽天モバイルが事前に使用可能かどうかをサイトで確認しましょう。

ご利用製品の対応状況確認 | 製品 | 楽天モバイル
楽天回線対応の楽天モバイル公式スマートフォンなら「Rakuten UN-LIMIT V」が思う存分楽しめる!お持ちのスマホがご利用できるかどうかを簡単にご確認いただけます

上記サイトで使用可能な端末の中古品を探したりすることで、安く端末を入手することができます。

スマートホーム用に楽天モバイルを使う場合も同様で、モバイルルーターが使えるかどうかを上記サイトで確認しておくと確実です。

あとは、、検索して先人達の知恵を借りる、という方法もよいですね。

というのも、楽天モバイルはau回線を借りていることからも、ドコモやソフトバンクなら問題なく使える端末でも使えない、という事態に陥りがちです。

中古や格安の端末を購入する際には事前の調査が必須なのです。

または、楽天miniをメルカリで購入して(4000円くらい)モバイルルーター替わりにする、という方法もありますね、この場合だとeSim運用もできますから便利ですね。

楽天モバイルで楽天経済圏にいらっしゃいませ

このように楽天モバイルを2回線契約することでできる事があります。

・通話料無料、データ通信4Gまでを980円で使える

・1回線目を1Gまでのスマートホーム用、2回線目をデータ使い放題で2980円

・LINEアカウントが2つもてて、プライベート用と〇〇用に使い分けられる

という技が使えます。

スマホ端末に関しても、

・初めて楽天モバイルを契約する場合は大量のポイント還元が受けられる

のでお得です。

楽天の発表した新たな料金プランはかなりの可能性を秘めています。

もはや、楽天モバイルに変えない理由は無い、と私などは思っていますが、、どうでしょうか?

私は一時期楽天経済圏からは距離を置いていたのですが、楽天モバイルのサービスは間違いなく使えます。

この機会に、”日本企業”である楽天と楽天経済圏に再びお世話になる所存です笑

楽天経済圏
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの2人暮らしライフハック

コメント