世の中騒いだもの勝ち、これが現実、物事が進展しない場合は騒ぎましょう

独り言

2年以上住んだボロ賃貸からの退去を行った。

新しい住まいにとある郵便物が、

アパマンショップ安心サポート

この安心サポートの契約自体は2020年10月31日に終了している。

そして2020年12月現在、賃貸物件からも退去済み。

にもかかわらず、未だに契約更新の書類が送られてくる。

そして、この書類には、

再度契約金を支払わなければ解約となる

と記載されている、にも関わらずこの書類は3回めの到着だ。。

一体どうなっているのか、支払わなければ解約になるのではないのか??

安心サポートの取り扱いは、仲介した不動産屋が行っている、

ここから私の戦いが始まった。

スポンサーリンク

安心サポートですか?それは個人契約なので個人でお願いします、だと

最初は安心サポートの窓口に電話をかけた、

営業時間は土日祝を除く・・・

フザケンナ!!速攻で電話を切った。

そういえばこの一回も、いや1秒たりとも使っていない安心サポートやらを契約させやがったのは、

不動産屋だということを思い出し(そして取り扱い店は不動産屋の名前がかかれている)、不動産屋に電話をかけた。

私:「安心サポートが契約満了になっているのですがいつまで経っても書類が届くのですが?」

不動産屋A:「安心サポートは個人様で契約されているので個人で解約手続きを行ってください」

私:「・・・は?すでに部屋の解約手続きもしているのに、私が連絡するのですか?」

不動産屋A:「はい」

私:「・・・ってゆうかあなた方は仲介取り扱い店なんですよね?退去しているんですから、あなた方が連絡するのが筋でしょう?」

不動産屋A:「確認します・・長い間・・・・一度、安心サポートに連絡してみます」

私:「はい、よろしくおねがいします」

不動産屋A:「結果は電話で連絡いたします」

私:「・・・電話じゃなくてメールで連絡お願いします」

不動産屋A:「・・・では、メールアドレスを連絡お願いします。」

私:「は?あなた方の店に私は何回もメールしてるんですけど、、自分らで調べてくださいよ」

不動産屋A:「確認します・・・長い間・・・・わかりました、メールで連絡します」

私:「つーか、あなた一体毎回毎回誰に確認してるの?その人にかわって」

不動産屋A:「お電話変わりました」

私:「あんたらの店舗いったいどうなってんの?、ついでに最終精算の連絡も退去立ち会いしてから2周間経ってもなんの連絡もないんですけど!」

不動産屋A:「申し訳ございません(ややキレ気味)のエンドレスリピート・・・」

という具合であった。。。

話しててもなんの進展もなさそうだったので、電話を切ってメールが来るのを待つことにした。

安心サポート解約できました、精算は担当者に確認して後日連絡

その後、30分も経たずにメール連絡が届いた。

てゆうか、普通にメールで連絡できるんやないかい、、、最初からそういえよ・・

内容は、

”安心サポートは解約できましたので、今後更新書類は届きません、精算については確認して担当のものからメールします”

という内容だった。

私は、ありがとうございます、とメールを返し、あまりのイライラが収まらなかったために、

お客様アンケートがないのか?

という内容を記載して返信した。

その後、4時間ほどあとに、

”定形アンケートはないので作成して送付いたしますので記入する形でよろしいですか?”

”精算書は本日作成して発送しました”

という内容の連絡有り。

このメールを見て、私は再度激怒することとなる。

まったく相手の事を考えていない、脳みそ使っていないとしか思えない

アンケート用紙を送付する、ということは、私に手書きで書き込め、そして、それを封筒に入れて、発送しろ、と言っているということである。

私は、電話で連絡することすら拒否したので、

電子ファイル等でのやり取りを希望する人間

であることは明白であって、そんな人間に手書きをしろと送ってくる無神経さに呆れてしまった。。

そして、、精算を本日した、という連絡は、間違いなく私が騒いだから慌てて今日資料作成した、というのがバレバレの内容である。

ようするに、忘れてた、というのが真実だろう、それを何ごまかしてんねんこいつは・・・

という感じである。

そんな、メールの返信に対して、私はまたもや嫌味たっぷりのメールを返信してあげたが、それは1日たっても今の所返信はきていない(笑)

世の中騒がないと後回しにされるようにできている

この世の中はどうやら騒がないと後まさしにされるようにできているらしい。

ちょっと連絡したら即日で精算の書類を作成して発送してくる、言わなかったら多分いつまで経っても連絡はしてこなかっただろう。

そして、、、安心サポートの更新書類もそうだ、2ヶ月前に契約が切れ、支払わなければ契約が解除されると自分で書いていながら、何度も書類を送りつけてくる。

・・・な〜んにも考えていない。

何も考えていない人たちに対抗する手段はたった一つ、

騒ぎ立てろ!

ということである、誰も気なんて回せないのだ、誰もあなたのことなんて優先しないのだ、

そんな世の中において生き延びるには、とにかく主張をすること、騒ぐこと、これしか無いのだ。

おとなしくしていても何も物事は進展しない、特に不動産屋に対してはそうだ、

この世の中の真実を頭の片隅において置かれる事をおすすめする。

独り言
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの2人暮らしライフハック

コメント