北陸地方であっても実際に雪に苦しめられるのは10日間程度だから安いタイヤを買おう

節約

今年も冬がやってきました、例の如く雪が降り、10cm程度積もるわけで、いわゆる

雪国

というカテゴリーに分けられる地方に私は住んでおります。

コペンという車高の低い車に乗っていたとき、誰かに言われた事があります、

「雪国なのにそんな車に乗るのはおかしい」

と、私は言い返しました。

「1年に10日間くらいのためだけに雪仕様の車を買うのはおかしい」

と、そうなのです、雪国とはいえ、場所によっては実際に雪が積もって苦しめられるのは、

1年で10日間くらい

というのが、10年以上雪国と言われる地方に住んだ私の意見です。

ですから、、盲目的に勧められたままに高いスタッドレスタイヤを買うのはやめましょう!

・・・特に若い人は。。

スポンサーリンク

雪は必ず降るからスタッドレスタイヤは必要

雪国ですから、冬になると必ず雪は降ります、ですから、スタッドレスタイヤは必ず必要になります。

しかし、スタッドレスタイヤを何を選ぶか?という問題に直面するわけです。

冒頭に記載した通り、雪が10cm以上積もって苦しめられるのは1年で10日間くらいのものです。

何ヶ月も雪が積り続けて雪が消えない、というような地方でない限りはスタッドレスタイヤの選択の幅は広がります。

10年以上の雪国経験から申し上げると、1年に10日間程度10cm以上積もる、というような地方では、

ヨコハマタイヤやブリジストンなどの高級なタイヤは必要ありません。

韓国製や、台湾製(笑)のスタッドレスタイヤで十分なのです。

実際に私はロードスター(オープンカー)に台湾製のナンカンタイヤを装着しました。

参考記事:NBロードスターNR-Aのスタッドレスタイヤは、、やっぱりナンカンタイヤだ!

大丈夫かどうかというと、、昔4年以上ナンカンタイヤのスタッドレスを履いた私が言うんだから(多分)間違いないです。

ゆっくり走れば大丈夫!!

ですね。

オールシーズンタイヤであればコスパが良い

最近ではオールシーズンタイヤというジャンルのタイヤがあります。

夏でもそれなりの走行性能があって、冬は冬タイヤ規制の高速道路も乗れますよ、というタイヤです。

スタッドレスタイヤというのは舗装路では走行性能は著しく落ちるのですが(ブリジストンなどの高級タイヤは除く)、オールシーズンタイヤであれば、舗装路の走行性能と雪道での走行性能のバランを取った物になります。

ですから、1年中タイヤを交換しなくていい!というメリットがあるわけです。

というのも、雪国の場合は冬になるとタイヤ交換をするわけですが、タイヤ交換には様々な費用がつきまといます。

タイヤ交換費用:スタッドレスタイヤ代金

冬用のタイヤを装着するにも、、まずは買わなくてはいけません、タイヤサイズにもよりますが、

ブリジストンやヨコハマタイヤの場合、、タイヤのみで4本で万円やら、、10万円以上やら、、というのがザラに登場します。

前述の安いタイヤたちでも、4本ホイール付きで4万円、というような金額がかかります。

タイヤ代はかなりの出費になります。

タイヤ交換費用:タイヤ交換工賃

自分でタイヤ交換をする事もできますが、、巨大なタイヤなどですと重たすぎてできない場合があります。

その場合はガソリンスタンドなどで交換してもらうわけですが、交換費用は2000円程度かかります。

2000円くらい、、と思うかもしれませんが、冬と春の2回交換するわけですから倍の金額がかかります。

意外とバカにならない金額なのです。。

タイヤ交換費用:タイヤ保管費用

持ち家などで広大なスペースがある人はよいのですが、、アパート暮らし等の場合は、タイヤを保管する場所が必要です。

私はタイヤ保管サービスに依頼しましたが、これが、、、タイヤ交換込で1年1万円程度、これまたバカにならない金額です。

タイヤを保管するスペースがない場合は、余計な出費があるので注意が必要です。

オールシーズンタイヤであれば、上記の手間が全て消える

ということで、タイヤを交換するには様々な費用が発生するわけです。

しかし、オールシーズンタイヤであれば、1年中タイヤを代えなくてよいわけですから、上記の費用は全てかかりません(タイヤ代は除く・・)

夏や冬の走行性能にこだわりのない人ならば、オールシーズンタイヤは最高の選択になりますね。

冬は、、、前述の通り、ゆっくり走れば大丈夫ですからね・・

4WD車ならマッド&スノータイヤでどうだろう

もしSUVなどの4WD車に乗っているならば、マッド&スノータイヤ、という選択肢もあります。

私は今パジェロミニという軽自動車のSUVに乗っているのですが、マッド&スノータイヤを履いています。

やっと10cmほどの雪が積りましたので試してみたところ、、

まあまあイケる!

という状況でした。

確実に言える事は、スタッドレスタイヤを履いたFR(後輪駆動)のロードスターよりも、

マッド&スノータイヤを履いたパジェロミニの方が圧倒的に安定している、

ということです。

私は4WDの車に20年ぶりに乗ったのですが、あまりの安定性に驚きました。

SUVの4WD車ならば、マッド&スノー、いわゆるA/Tタイヤと呼ばれるもの

こういった物ですね、で問題ないですね。

ただし、冬タイヤ規制の高速道路は走行できませんので注意が必要です。

安いタイヤでゆっくり走ろう

冬になると見かける、

田んぼに落ちてる車

などは、SUVなどの車が多い事がありませんか、なぜかというと、4WD車に乗っている人は、

4WDやタイヤ性能を過信している

のです、凍結路の場合はタイヤが高級だろうがなんだろうが、滑るものは滑ります。

性能に過信してスピードを出しすぎると、田んぼに落ちる、というような間抜けな事になるのです。

雪道や凍結していそうな道ではゆっくり走る

これが基本です、この基本さえ守れば、安いスタッドレスタイヤでも十分に冬は越せます。

自分の住んでいる地方がどのくらいの雪国なのかをしっかり把握して余計なお金をつぎこまないようにお気をつけください。

ちなみに、私が住んでいるのは北陸地方(福井県)です、ただ、同じ県内でも鬼のように雪が降る地域もありますので、その場合はタイヤ選択はお間違えなきよう・・

節約
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの2人暮らしライフハック

コメント