初めて賃貸物件を借りるときの注意事項、退去するときに気づいても遅い

独り言

初の一人暮らしのために賃貸物件を借りて、退去した今だからわかる注意事項があります。

特に初めて一人暮らしをする人にとってはわからない事だらけで、損する場合があります。

一人暮らしをするにあたって気を付ける事項についてご紹介します。

とにかく、最初の契約書が肝心です、退去するときに何を言っても、

契約書に書いてあるから

と言われて終わりですから・・

スポンサーリンク

初期費用を交渉できる物件を探そう

初めて部屋を借りるときには、初期費用がやたらと掛かる事に驚くと思います。

ただ、この初期費用、交渉の余地があるのです、とは言えどんな物件でも交渉可能、というわけではありません、

どのような物件がよいかというと、

空室期間が長い物件を狙う

新築物件の募集内容を見るとわかるのですが、敷金や礼金を大量に請求する物件が多いです。

これはなぜかというと、新築物件は部屋がきれいで、ほっておいても入居が決まりやすいからです。

ということは、逆になかなか入居が決まらない物件はというと、人気がないので空室期間が長い事になります。

空室期間については、時間が許す人であれば、募集内容をずっと観察しているとわかりますが、

時間がない人は、不動産屋に直接聞けばいいと思います。

そして、不動産屋にオーナーに交渉してもらうのです、オーナーとしても空室だと損するだけなので、

人気の無い物件は交渉の余地はおおいにありますね。

ちょっと緩い不動産屋を狙う

不動産屋といってもさまざまで、個人でやっているところもあれば、大資本でやっている有名な不動産屋と、

さまざまなお店があります。

有名な不動産屋はというと、、、結構お堅いので、会社として初期費用は決まっていて、下っ端の人たちではまったく話にならない。

という状況があります。

なので、初期費用を交渉するのであれば、個人でやってる裁量権のある不動産屋に行くといいわけです。

個人の怪しい不動産屋に行くのは抵抗はあるかもしれませんが、物件としては変わりませんから笑

オーナーに直接交渉する

他にも不動産屋を通さずに物件のオーナーが直接管理している物件があります。

ジモティー

のような無料の掲示板で個人オーナーが入居者募集をしている場合がありますので、探してみても面白いです。

ちなみに、私も募集したことがあります、私なら、、、入居者を決めるのに苦労してましたから、初期費用ゼロで住めばいいよって言いますね。。

初期費用で交渉すべき項目とは

私は初めて賃貸物件を借りたので不動産屋の言いなりになりましたが、、

今ならば交渉すると思われる内容をあげておきます。ただ、これも有名な不動産屋の場合は一蹴されるとはおもいますが・・

火災保険料

火災保険料は2年間で2万、などというように決められている場合があります。

参考記事:賃貸の火災保険は自分で契約した方が圧倒的に安い、不動産屋まかせにするな

上記の記事でも書きましたが、火災保険は自分で契約する事ができて、家財が少ない場合はかなり安くすみます。

火災保険は、、不動産屋にまかせる理由はなんにもありません。

ついでに、保険の契約期間内に退去した場合などは、保険料は戻ってきますしね。

カギの交換費用

女性にはおすすめしませんが、男性だったらカギなんて結構どうでもよくありませんか?

確かに簡単な形状のカギであればすぐに合いかぎを作れますが、、さほどモノを持っていない人であれば、

というかそもそも空き巣に入られる可能性ってどのくらいですか?

いちいち次の入居者狙って合いかぎ作っておく人なんてあんまりいないと思いますけどね。。

まあ、、女性は交換しましょうね笑

○○サポート費用ってなんやねん

不動産屋によっては、

○○サポート費用

という謎の費用を請求してきます、これは24時間電話とかネットでトラブルがあったときにサポートします。

という内容ですね、カギをなくしたとか、水漏れたとかでしょうが。。。

はっきり言いましょう、まったくいりません!

私は2年以上住みましたが一度たりとも電話をしたことがなければ、アプリを開いたこともありません。

これに2万円くらい払っていた事に退去時にきづいて愕然としたものです。。

JAFと同じです、使わないモノは使わないのです。

2年住んだ後やトラブル発生時について

賃貸物件は2年ごとの契約更新になっていますので、更新料というものがあります、がこれも交渉できるはずです。

更新料を交渉する

2年ごとに更新料というものが発生します、大体家賃1か月分などの費用ですが、正直訳の分からない費用です。

更新料が払えなくて退去しなければならない、何てことになる場合もあるわけですから、

不動産屋に交渉しても問題ありません、というのも、不動産屋はともかく、オーナーさんにとっては、更新料をもらうより、退去されるほうがダメージがでかいからです。

私は家賃が2万だったので、交渉するのをすっかり忘れていましたが、、更新料は絶対に交渉してもいいと思います。

ただ、、それなら出て行ってもらってかまわない、と言われてもいい覚悟がある人だけですけどね。。

(と言っても借りている人のようが立場は強いので大丈夫だとは思いますが)

トラブルが起きたときはとにかく不動産屋に言いまくる

私の住んでいた場所は、、2年目にゴキブリが大量発生しました、隣の住人がクソだったからですが、、

参考記事:自室をいくら綺麗にしても隣の住人が汚いとGがやって来る!

とにかく自分が原因ではない場合は、不動産屋にクレームを言いまくりましょう、この世の中は言ったもん勝ちなところがおおいにあります。

黙っていたら泣き寝入るだけです。

結果として、ゴキブリはどうにもなりませんでしたが、何かはアクションを起こしてくれます、とにかく言いたい事は言わないと損です。

退去時の部屋の状態は、、きれいに使えば問題ないんだけどね・・

部屋を退去するときには不動産屋と立ち合いをするわけですが、、あまりにボロボロにしてしまうと、敷金を払っている場合は敷金はすべて没収されます。

私は敷金ゼロ円物件で、部屋の使い方はめちゃくちゃきれいに使っていましたので、何も言われませんでした。

ただ、、気を付けるべきは、両面テープです。

参考記事:ミニマリストの部屋防寒で百均のすきまテープを使ってはいけない、後処理が大変!

百均などで簡単に貼れるものが大量に売っていますが、、これらのものは後処理が非常にめんどくさいです。

安易に飛びつかない方がいいので注意が必要です。

まあ、退去時に金くらいなんぼでも払ったるわ、という人なら気にしなくていいでしょうけどね。。

最初が肝心、細かい内容まで契約書をチェックしよう

私は初心者だったので、契約書の内容をしっかり見ていませんでした。

退去時になって、クリーニング代を25000円も取られる事に気づきました。

私の住んでいた部屋は5.5帖のワンルームなので、クリーニング代が2.5万もかかるわけがないんです。

というか、私の使い方はめちゃくちゃきれいなので、クリーニングすら必要ないレベルです。

高すぎないか?ということを退去時に不動産屋の兄ちゃんに言ったら、

「契約書に書いてありますから」

といって一蹴されました、これも、最初の段階でいちゃもんを付けておけばよかったのです、

こんな狭い部屋にクリーニング代2.5万もいらんやろ?

とね。

というわけで、暇な人であれば、初めて部屋を借りる前にいろんな注意事情について予習して臨まれる事をお勧めします。

世の中言ったもん勝ちです、理由のある値引きなら、話は通じますから!

参考記事:賃貸物件や駐車場代を値切る事は相手の事情を考慮すれば悪い事ではない

独り言
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの2人暮らしライフハック

コメント