郵便物転送届を出さない人達がいる、どんな人達だろうか?

独り言

引っ越しをするにあたって、郵便物の転送届を提出した。

今やネット(e転居というサービス)で手続きができるのですが、ネットで完結するかと思いきや、

郵便局から電話がかかってきました、内容は、

郵便局:「住まれてた部屋に同居されていた人はいませんか?」

私:「え?私は一人暮らしでしたけど・・・」

郵便局:「オクノさんという方と、○○システムズ、という方が住まれてませんか?」

私:「いや・・・いませんね・・・」

ということで、過去に私の部屋に入居していたと思われる方のお名前が2つも出てきました・・

その二人の方たちは郵便物転送届を出していない、ということなのです。

転送届を出さない人、なぜかを考えてみました。。

スポンサーリンク

夜逃げか・・

私の部屋は家賃2万円、共益費3000円の部屋で、水道代は2000円程度ですので、最低金額としては、

25000円程度で住む事ができます。

ちなみに敷金礼金もゼロですので、入居するための費用は仲介手数料と火災保険料、家賃保証料と1か月分の家賃程度ですので、6,7万円くらいです。

要するにめちゃくちゃ安く住める、ということになります。

住んでいる人達の属性を見ると・・・

高齢者かどう見ても仕事してなさそうな人、、あとは事務所(誰も来ない)です。

ということは、私の部屋に住んでいた人もそれなりの属性だったと思われます。

2.5万円の家賃しか払えない人が、、突然夜逃げして郵便物転送届も出せない。

または、会社を作ったけどつぶれてしまって夜逃げした。

そんな雰囲気すら感じられる出来事です。

私は冗談でミニマリストだから車一台でいつでも夜逃げできる。

参考記事:パジェロミニは安いだけでなく引っ越しにも最適である

と思ってましたけど、実際に逃げてしまう人もいるのでしょうね。。

普段の生活はめちゃくちゃな人

郵便物転送届を出さないのは夜逃げする人だけではありません。

私はボロ区分マンション投資をしているのですが、とある入居者は部屋を退去してからもいつまでたっても郵便物転送届を出しませんでした。

ガス代の請求書やら、何かの資格試験の受験表やら、健康診断の結果やら、資格試験の合否通知やら、、

それらすべての郵便物をまったく取りに来ませんでした。

この人の属性はというと、

上場企業の正社員

でした、見た目はさわやかで仕事をバリバリやっていそうな雰囲気の好青年でしたが、、

部屋も数か月しか住んでいないのにめちゃくちゃ汚かったですし、灯油がちょっと入ったポリタンクを置いていくし、錆びて腐った電池も置いていくしで、、、その時点で気づくべきでしたが、普段の生活はむちゃくちゃな人のようでした。

思うに、仕事をバリバリやって優秀そうに見える人に限って、私生活はめちゃくちゃなんてのはあるあるなのです。

ちなみに、その人は私と同じで離婚して一人暮らしを始めたそうですが、、数か月で今度は別の人と同居するからまた引っ越しをしたそうです、、、上場企業勤めの好青年ですから、モテるんでしょうけどね、

私生活むちゃくちゃだから相手は苦労しそうな予感がしますが・・・

自然死の場合・・・

他にも郵便物が大量にたまる場合があります、それは、

高齢者などの自然死

の場合です。

今の時代どうしようもない事ですが、一人暮らしで病気などで亡くなってしまう場合がどうしてもあります。

この場合、身内がいらっしゃっても、郵便物の転送、という作業まで気が回らない場合があるのです。

というのも、これまた私が購入したボロ区分マンションの1室ですが、自然死物件だったのですが、

郵便受けには3年前からの郵便物が大量にたまっていました。

送る方も送る側ですが、一番すごいのは、U-NEXTです。

料金未払いの請求を何年にもわたって郵便で送ってきて、しまいには弁護士を通じて請求する。

という歴史まで郵便物から垣間見る事ができました。

無視してもいつまでたっても請求書を送り続けてくるU-NEXT、おそるべしです。

前の住人の郵便物が届くときには、郵便局に伝えればいい

このように、さまざまな理由で郵便物の転送届を出さない人達がいます。

引っ越してきたアパートで前の住人の郵便物が届くときにはどうすればいいかというと、

郵便局に言えばいい

となります、もうすでに前の住人は住んでいない、と郵便局に伝えればその人あての郵便物は止めてくれます。

前の住人あての郵便物が届いたときは、速やかに郵便局に伝えましょう。

そして、、、やむを得ない事情がない限りは引っ越しをしたら速やかに郵便物転送届を出してください、

郵便屋さんも手間ですし、次に住む人にも手間ですし、物件を買った人にも手間ですからね・・・

独り言
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの2人暮らしライフハック

コメント