激安中古車の買い取りは激安車を扱っている店に行こう

24万円で購入したパジェロミニ、とある車屋さんで死亡宣告を受けた後、

参考記事:激安中古車の車検を通すかどうか問題は厳しい判断になる

メジャーなお店に持ち込んでみました。

結果は、、

車検は辞めといたほうがいい

という事実は変わりませんでした、ついでに査定もしてもらいましたが、

ゼロ

という結果、しかし、ここであきらめるのはまだ早いです、車屋さんにはいろいろあります。

数万円の中古車を扱うところもあるのです、そこへもっていくと、、

2万円

という値段を引き出す事もできるのです!

スポンサーリンク

高い査定金額を出すところと言えば、ビッグモーターでしょう

車に高い査定金額を出してくれるところと言えば、

BIGMOTOR(ビッグモーター)

ですね、私のオンボロパジェロミニは場違いなのは分かっていましたが、持っていってみました。

結果は、、

査定金額:ゼロ円!!

ですね、まあ、予想通りです。

ただ、タダで引き取ってくれるということですので、車を廃棄するのにお金がかかるわけではないようです。

ちなみに、車検の見積もりも依頼してみましたが、

20万以上かかるから、やるだけむだでしょ?

ということで、辞めました。

マフラー全とっかえと消耗品の交換、その他もろもろで真面目に見積もりだしてもしょうがないよね、

ということになりました、この辺は街の車屋さんと同じです。。

ということで、メジャーな車屋ではまともに相手すらされない事を再認識するに至りました。

じゃあどうするかというと、、

激安中古車は激安中古車を扱う場所へ連れていく

ここであきらめるのはまだ早い、激安で中古車を買った、ということは激安で車を売っているところもあるわけです。

持って行ってみました、20万円ていどの中古車をあつかうところへ。。

怪しい店舗に車を乗りつけ、笑顔で行くと、何ともごつい兄ちゃんが奥から出てきました。(笑顔一切なし笑)

その兄ちゃんは、車に乗り込み、

「重大な不具合はある?」

「走りは問題ない?」

という質問を2,3した後言いました、

「今だったら1万円で」

・・・ビッグモーターでゼロ円査定だったオンボロパジェミニが、、数キロ場所を変えただけで1万円にアップです!

ちなみに、車検は2月なのでそのころに持ってきたらどうなるか?と聞いてみると、

「その時はいるかどうかわからんから何とも言えん」

という回答、さっぱりしたわかりやすい回答ですね。

尚、車検はしてくれるか?とも聞いてみましたが、

「ウチで買った車だったらするけど、、忙しいから受けてないね」

とのことでした、査定の時ははっきりしていたのですが、車検の話になるとなにやらもごもごしだしたので、、

車検には何か深い闇がありそうな雰囲気を感じました笑

さらに激安の中古車屋へ・・

1万円という査定を聞いたあと、帰り道でさらに10万円ていどの車をあつかっているところを発見。

ここにも突撃してみました。

こんどはゴツイおっちゃんが出てきて、福井弁(私の住んでいる地域はかなり方言がキツイ)でしゃべりまくる人がでてきました。

方言がきついのでたまに何しゃべってるかわからなかったのですが、とりあえず出てきた査定金額が、

2万円

でした、これまた車で数キロ走っただけで1万円アップです。

ついでに、山に熊を狩に言っている人が軽4駆のマニュアル車を探しているとのこのなので、聞いてみるとのこと。

いろんな人がいるもんです・・

このおっちゃんはめちゃくちゃしゃべる人で、、

ターボ車だったらミャンマーに引き合いがある

だったり、

ETCだったらいっぱい持ってるから使えばいい

などなど、不思議な話を沢山聞かせてくれるおもしろいおっちゃんでした。

店構えはどう考えても廃墟っぽいのですが(笑)、なにやら闇を感じられる体験でした。

ちなみに、車検の見積もりは聞くのやめました。

「もう置いて行けよ、2万で買うから」

という押しがまあまあ強かったので、私もちょっと気圧されてしまったのも事実です・・・

ヤフオクという手もあるらしいが・・

最初に死亡宣告を受けた車屋さんが言っていました、

ヤフオクで売ってみれば?

と、現状渡しで取りに来てくれる人、という条件でもしかしたら売れるかもね、ということでした。

車屋で話をきいていると、

部品取り

という目的で車を引き取る人もいるようです。

私はミニマリストなので、乗れもしない車を所有するというのは理解できないのですが、

世の中にはさまざまな在庫を抱えて回している人もいるようです。

ディーラーやビッグモーターのような有名な店舗しか言ったことない人は、一度街の激安中古やというものを体験してみてはいかがででょうか。

そこには、自分の知らない世界が広がっているかもしれません・・・

スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの2人暮らしライフハック

コメント