一緒にいる女性がだんだん太っていくのは、私と同じ量を食べるからなんですよね・・

体質改善

私は男の割に対して食事を食べないタイプで、ごはんも茶碗一杯で十分です。

ただ、その量は”男の割に”少ないだけであって、女性からするとやや多めに相当するわけです。

私と一緒にいる女性はだんだん太っていく

この症状の原因は単純なお話でした、それは

男の私と同じ量を女性が食べるから

なのでした、やはりダイエットは食事からです、食事を見直さない限りヤセは手に入らないのです。

スポンサーリンク

男と同じ量を食べると、女性としては食べ過ぎになる

厚生労働省の”エネルギーの食事摂取基準:推定エネルギー必要量(kcal/日)”によると、

参照:https://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/11/h1122-2a.html

30歳~49歳でふつうの活動量の場合は

男性:2650kcal、女性:2000kcal

だそうです。

男と女性の差は650kcal、もし女性が男と同じ量を食べ続けたとしたならば、

650kcal×30日=19500kcal

19500kcalですからね!脂肪1kgは7200kcalですから・・・

19500kcal÷7200kcal≒2.7kg!!

男と同じ食事をしていたら、単純計算で1か月2.7kgも体重が増える事になるのです。

・・・どうりで、、私と一緒にいる女性の体重が増えていくわけだ。。。

外食するときは女性は男に余った食事を食べてもらいましょう笑

男と同じ食事をしていると体重が増えていく一方である事が判明しました。

では、女性が取るべき戦略とはなにかというと、

外食時には、食べられな~い、といって男に食ってもらえ!

という戦略が考えられます。

私と同じ食事をしてだんだん太っていった女性達は皆、外食時に料理を完食していました。

完食したらアカンのです、女性は私と同じメニューを完食している場合ではないのです。

あとちょっとが食べられない、という感じになって、残りを男に食わせる、そのような分量でちょうどよいのです。

ラーメン屋に行ったならば、ラストの2口くらいは男に食わせる。

定食屋に行ったならば、白米が食えないと言って白米のみを男に食わせる。

居酒屋で頼みすぎたならば、お前の責任だといって男に食わせる。

そんな感じでちょうどよいのです、男に食わせましょう笑

少食の男だからと言って合わせてもいけない、まだ多い

私はおそらく厚生労働省の基準カロリーを摂取できていない少食な男です。

それでもおそらくは女性の基準2000kcal以上は食べているはずです。

ですから、少食の男だからといってその男に合わせていてもカロリーを摂取しすぎになります。

ついでに言うと、少食の男はたいていがヤセています、おかしなことにヤセている男というのは甘い物やお菓子を食ってもヤセたまんまです、なぜならば、

普段から男性の基準摂取カロリーを摂れていない為、甘い物やお菓子を食う事によってやっと基準カロリーに到達するからです笑

少食の男やヤセている男と一緒にいるときはお気を付けください。

彼らに合わせて同じものや同じ量を食い続けると、なぜか自分だけが太っていくという謎の現象に陥りますので・・

結局は自分の基準を厳守するしかない

誰かと一緒にいる時間が増えてくると、食事も一緒にいる人に似通ってきます。

それでヤセる場合というのは、男の一人暮らしでジャンクなモノばかり食べていた人が、栄養のある食事に切り替わった、そんな稀なケースだけです。(この場合もおいしくて食いすぎるから結局男が太っていく・・)

問題は、食べても太らない人間と一緒にいる場合です。

彼らのペースに合わせるととんでもない事になります、人はそれぞれ体質が違います。

ある程度の線引きが必ず必要で、同じ料理を食べるにしても、皿を分けて量を調整するなり、

外食をするときは、(嫌だろうけど)ミニサイズを頼んでみたりと自分の基準を守る事でしか、自分の体重や体形を維持する事はできないんだと思います。

ついでに、私にできる事は、、シェアするときはできるだけ多くの量を食べてあげる事や、

安易にコンビニでスイーツなどを買ってこない事ですかね。。

食事が一番ダイエットには効く

ダイエットといえば運動だと思いがちですが、まずは食事を変える事が一番大事なわけです。

食事を変えない限りはいくら運動をしても体を変えるのは難しいわけで、、

一緒にいる大食いの人や、ヤセ体質の人と同じ食事をしていてはヤセられない可能性があります。

自分の体質を見極めて、自分に合った食事を心がける、これがヤセへの第一歩ですね!

私と同じ食事をつきあわされて体重の増えた方々・・申し訳ございません笑

体質改善
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの2人暮らしライフハック

コメント