姿勢を正しくして歩き、服装を気に掛ける、これだけで見た目はOK(遠目はね・・)

田舎の地方都市の駅前にいる若者といえば高校生や中学生しかいなくて、こぎれいな大学生などはほとんど存在していないわけです。

そんな地方都市の駅前に1時間ほどボケ~っと座ってみて気づいた事があります。

見た目で大事な項目はたった二つだけです。

姿勢と服装

たったこれだけです。

姿勢を正しくして、服装をちょっとこぎれいにすれば、それだけでイケメンや美人さんに見えるんです。

普段自分の歩く姿を見る機会はないと思いますが、歩き姿勢というのは本当に大事です。

みんな歩く姿勢が悪い

私も人の事は言えませんが、歩く姿勢というのは気を抜くとすぐに悪くなってしまいます。

駅前で歩いている人たちを見ていると、本当に姿勢の悪い人が多いです。

猫背になっていたりするだけでなく、内またであったり、がにまたであったり、特に、がにまたの女性が多い印象でした。

歩く姿勢の悪い人が圧倒的に多いわけですから、その中で正しく歩いている人がいるとどうなるかというと、

美人さんに見えるんですねぇ・・

姿勢を正しくあるくだけ、これだけできれいになれるんです。

やっぱり服装は大事

服装に関しては好みはあるとは思いますが、今っぽい恰好、というのがこぎれいに見える第一条件かもしれません。

女性の場合はジャンルが多岐にわたるため、一概にどのような恰好が今っぽいとはいいがたいですが、見た感じでは子供っぽい恰好よりも大人っぽい服装がきれいに見える印象です。

男性に関しては、Tシャツにハーフパンツにサンダル、、という服装の人が多いのですが、その中でGUのスナップ写真のような服装をする人が現れると一気に今っぽさが演出できます。

やはり流行りというのは無視できない要素の一つと言えます。

マスクしてるから顔がわからない

今やみ~んなマスクをしています、マスクをしていると顔がほとんどわかりません、目元さえきれいであればイケメンや美人さんに見えるというチャンスタイムでもあります。

街行く人たちを観察していて思ったのですが、マスクで顔がわかりませんので、イケメンか美人さんかを判定する基準は、

歩き姿勢と服装(と髪型)

という要素のみになります。

服装はある程度今っぽくしておけばよいとしても、歩き姿勢に関してはかなりブルーオーシャンな様子が見て取れます。

歳をとると歩き姿勢は悪くなる→姿勢がよいと若く見える

歳をとると背筋が曲がってきて、歩き姿勢は悪くなっていきます。

一方で若い人は比較的背筋が伸びているため、姿勢よく歩いているだけで若く見えるという傾向があります。

ただ、今の若い人たちはスマホの影響などで猫背になっていたり、やたらと内またであったりがにまたであったりするために、若さが感じられない人も多いです。

ですから、これまたチャンスなのです、マスクで顔が見えないから顔の皺も隠れますから(笑)、歩き姿勢をきれいにするだけで、若くもみられるチャンスなのです。

自分の歩く姿勢を気にしたことがない人は一度ガラスなどに移っている自分の歩き姿勢を見てみましょう、改善の余地は沢山あるものです。

背筋を伸ばして、足をまっすぐに出し、体を揺らさない

私も姿勢は悪くて、気を抜くと体が揺れてしまうサルみたいな歩き方をよくしてしまいます(笑)

私のような歩き姿勢の悪い人は、とにかく、歩くときはず~っと自分の歩き方を気にして歩くしかありません。

意識することは、3点で、

背筋を伸ばす事

足をまっすぐに出す事

体を揺らさない事

です。

背筋を伸ばせば若く見えますし、足をまっすぐに出すと内またやがにまたではなくなります、体を左右に揺らさなければサルっぽくなくなります。

この3点を意識して歩くと、遠目にはイケメン・美人さんに見える事間違いなしです。

結局は、、素材も大事説ももちろんある

姿勢って大事だな、服装って大事だな、と思いながら街行く人を見ていた最中、遠くからものすごくイケメンに見える人が歩いてきました。

その人は、外人さんでした(笑)

背が高くて、胸板が厚くて、歩き姿勢がよくて、Tシャツ短パンサンダルにハットをかぶっているといういで立ちでしたが、めちゃくちゃかっこよかったです。

結論、、やっぱり素材で変わるよね・・・

という事実はあるのは間違いないのですが、何も持ちえない私達は、できる事をやるしかない、ということを自覚するしかありません。

何も持たない私たちにできるのは、、

背筋を伸ばし

足をまっすぐ前に出し

体を揺らさない

上記3点を常に意識しながら歩いて、

服装を今っぽくする

という事です。

マスクで顔が見えない今、遠目だけであってもイケメンや美人さんに見えるチャンスが増えています。

少しの意識で雰囲気変わる

気を付けていきましょう!

美容・ファッション
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの2人暮らしライフハック

コメント