G(○キブリ)との戦いが大変な事になっている、対策はお早めに・・・

G(○キブリ)との戦いが死闘の様相を呈してきています、、、梅雨が明けて、ひと段落ついたかと思ったのはウソで、梅雨が明けた後から、毎日5、6匹を駆除するという悪夢のような日々が続いております。

全ては、1匹目を見たときに対処すべきだったのです。

あの頃はのんきでした、、

関連記事:自室をいくら綺麗にしても隣の住人が汚いとGがやって来る!

今はもう・・・いわゆるイタチごっこの状態です。

今更対策をしてもすでに遅く、今後もずっと出続けるのか・・・それとも対策をすればなんとかなるものなのか、戦いは始まったばかりです。。

奴らは人間の居ないときに暴れまわる

私は知人の家に泊まって家を一晩空ける事があるのですが、その後家に帰ると奴らの痕跡をあちらこちらで見る事ができます。

奴らの痕跡とは、Gの糞尿(と思われるモノ)です。

私の部屋に居るのはいわゆるチビG(体長大きくとも10mmくらい)か孫G(体長1mmくらい)です。

いろいろな場所で遊びまくり、そこらへんに黒い点(0.2mmくらい)を残していきます。

これが奴らの暴れまわったあとです。

キッチン周りやら、、ユニットバスやら、、様々な場所に奴らの痕跡を見る事ができます。

そして、、それは私が家を空けた後に激しく見る事になるのです、奴らは、人間の居ない時や人間が寝静まっている時に遊び回っているのです。

まずはブラックキャップを2個置いたが・・・

今ほどGが大群で攻めてきていなかった頃は、知人にブラックキャップの余り2個をもらって玄関先とベランダに設置してみました。

このブラックキャップというシロモノは、中のエサを食べたGが巣に戻った時に、巣に居るG群を絶滅させる、というようなうれしい効能をうたっているのですが。

設置した時におかしな現象に気づきました。

Gがブラックキャップの隣で力尽きている・・・

これは、、ちびGの場合だと巣に帰る前に力尽きているのではなかろうか??という疑問を抱かせるには十分の状況だったのです。

とはいえ、まあ、力尽きてるからいいかな、なんて思っていたら、考えはまったく甘かったのでした。。

梅雨が明けたら大量発生・・・

やっと明けた梅雨、太陽の日差しに照らされ、さて・・・20年ぶりに海でも行くかと浮かれていた矢先、事件が起こりました。

1日にGを5匹見ると言う事態!!

私の部屋は5.5帖ワンルームです、、、一日に5匹も見たらえらいことです。

それが、、、梅雨が明けた後、ほぼ毎日繰り返されておるのです。

私は決心しました、さらに強力な助っ人を頼むことに。

コンバットとスプレーを隙間という隙間に吹きかける事に

ブラックキャップ2個では役不足だろうということで、こんどはコンバットに登場ねがいました。

このモノは大きいだけに、容器から出した瞬間いなにやら嫌な臭いを発していました。

これをベランダと内玄関、ユニットバスと、流しの下に設置し、同時に

ゴキプッシュプロというスプレーも購入し、隙間という隙間にプッシュしまくりました。

そしたらどうなったかというと。。

めっちゃ部屋の中、及びベランダでGが力尽きてる・・・

コンバットを設置し、スプレーを吹きまくった次の日、勤め先から帰ってくると、部屋の中にはGが2,3匹、、ベランダではGが4,5匹横たわってるではありませんか・・

逆にコンバットがGをおびきよせたのでしょうか、それとももともとこのくらいの数のGが部屋をうろついていたのでしょうか、どちらかは分かりませんが、どっちにしろ、大群がわが部屋に向けて侵攻してきていることは間違いないようです。。

まさに地獄絵図です、だって、私の部屋には生ゴミは皆無なんですよ。

だって、私の部屋にはGが繁殖する要素はゼロなんですよ・・・

マジで退去を考えさせられる状況が続いております。。

コンバットとゴキプッシュプロはGを消し去れるのか

コンバットとゴキプッシュプロ対策を行ってから、3日・・・奴らは依然私の部屋で数匹が力尽き、気づいたらそこらへんを闊歩しております。

要するに、なんも変わっておりません。

思わず不動産屋に現状の報告メールを送ってみましたが、恐らくなにもしてくれないでしょう。

まだ3日、今後奴らの進行は止まるのか、それとも、もっとすごい大群がやってくるのか、私とGとの死闘はまだ続きます。。

取り急ぎGは出なくなりました・・対策一覧はこちら

G(〇キブリ)がいつの間にかいなくなった、ゴキジェットプロのおかげか?

家事
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの2人暮らしライフハック

コメント