ピンチをチャンスに、とは言うけれどコロナ渦では守りを固めるしか思いつかない

ピンチをチャンスに、とはよく聞く言葉です。

新型コロナ渦で経済が停滞しているピンチの今こそ、チャンスととらえて今出来る事をやりましょう。

ということなのでしょうが、正直勤め先の売り上げはダダ下がりで、どう考えても通期ではかなりの赤字が出る事は明白。

そして、赤字が出まくった後に待っているのは、リストラの嵐ですね。

そんな状況で一体何をやれと言うのか、私の答えは一つしかありませんね。

守りを固める

これっきゃありません。

勤め先でいまさら守りを固めてもムダだ

勤め人としての守りといえば、どうやって会社にしがみつくか論を検証する必要があるわけです。

これはもう間違いなく、上司に媚を売り続ける、これしかありません。

だけど、その上司がリストラされたら元も子もありませんから、更に上の上司にも媚を売り続ける必要もあるわけです。

媚を売り続けたあとに出来る事といえば、とにかくみんながやりたがらない仕事をやり続けること。

売上が減って仕事が減ってきても、とにかく仕事を探して動き回る事。

この二つを自然にできる人間は恐らくリストラの嵐も乗り越えられるでしょう。

だけど、この特性は普段から実践してないと一朝一夕で出来る物ではありません。

切られる奴は切られる、これが現実ってやつです、焦って今更慌てたところでムダですね、一夜漬けの試験勉強みたいなものです。。

私は、、、直近の上司はまったく考え方が違うので媚を1ミリたりとも売りたくないですし、、仕事なくて暇だったらボケ~としてますし、、まあ、アカン奴ですわ(汗)

生活でとにかく守りに入ろう

今更勤め先でのたうちまわってもどうなるかは予想できないので、、自分に出来る事をやるしかありません。

私は一人暮らしなので、一旦一人暮らしの守りを固める方法について考えてみますが、やれる事はとにかく、

節約する事

これに尽きますね。

自分が最低いくらで生活できるのか?これを把握し、そのレベルを一体どれくらいまで下げる事ができるのか?これを検証しておきましょう。

そして、、その最低金額がいくらになるかによって、ピンチという名の不安を軽減する事ができます。

普段月20万円で生活している人ならば、、趣味に使うお金をゼロにして、食事を夕方のスーパーのお惣菜にチェンジして、1日3食食べている人ならば2食にしてみるとか、行ってもいないトレーニングジムを辞めたり、やたらと加入しているサブスクリプションサービス(NETFLIXとかね)を解約して、、

な~んていろいろな事を辞めていった時にいったいいくらで生活できるかを確認してみましょう。

もし10万円で生活できる!ということが判明したならば、もう不安は解消です。

健康な体を持っている人であれば、10万円ならばアルバイトでも稼ぐことはできます。

将来設計はまず置いといて、直近で餓える事なんてのは無いわけです、まずは不安を軽減すると気が楽になりますよ。

最低限の生活費×12か月の貯金を持てればベスト

あとは、貯金がある程度あることで不安を軽減する事もできます。

最低限の月の生活費が10万円だったとしたら、、1年間生活する為には、10万×12か月=120万の貯金があるならば、さすがに1年もあれば次の仕事には有りつけるでしょう(いい仕事かどうかは別として)。

そんな金ねぇよ、、という人は、今の内(リストラされる前・・・)に生活費を減らす守りに入って貯金をしていくしかないですね。

副業するっていうけどねぇ

副業をして生活費の足しにするんだ!という人もいるでしょう。

危険なのは生活費が足りなくてアルバイトをしている人ですね、この人はまずやるべきは生活費の見直しが優先です。

勤め人ならば、副業は貯金をする為にやりましょう、勤め人というのは生かす殺さず使われるくらいの給料が支払われる存在ですから、勤め人で生活ができないってのは、よっぽどブラックな企業か、支出がおかしいかのどちらかです。

足りないから稼ぐ、素晴らしい考え方だとは思いますが、まずは必要なものは何なのかを考えるのも大事です。

問題は家族のいる人だが、、

問題は家族のいる人です、私も以前は家族が居ましたが笑、夫婦二人だったので、たいして問題はありませんでした。

これが、、、子供がいるとなると、食費やら習い事やら、大学に行っていたとしたら膨大な学費がかかります。

私は子供がいませんので何ともわかりませんが、習い事やら子供関連の費用も含めて家計を見直すのは必須だとは思います。

私の場合は子供の頃習い事は少年野球(4~6年)くらいしかやってませんでした、あとは全くノー習い事です。

別にそれでなんとも思ってませんでしたので、、意外と習い事なんてやらなくても大丈夫だったりします。

最近の親は子供に優しかったりするので、なんでもかんでも与えられてるのかもしれませんけど、もっと親の我儘を通してもいいんじゃないかなぁ、とは思います。

元々能力のある人は落ちないし落ちても大丈夫、だけど凡人は違う

元々能力のある人はコロナだろうがなんだろうが、すでに対策を打って変化に対応しています。

だけど、我々凡人はしょせん凡人です、ピンチはチャンスではなく、ただのピンチです。

とにかく守りを固めましょう。

麻雀をやってるとつくづく思います、ずっと攻め続ける事はできないんです、ある時は守りに入って、じっと時が来るのを待つ事しかできないときはあります。

今は守りを固めて待つ時です、凡人にはチャンスじゃないです。

生活費を見直し、できるのなら安い賃貸へ引っ越す、そんな対応も必要でしょう。

守りましょう、攻めても振り込むだけですよ笑

節約
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの2人暮らしライフハック

コメント