行くところが無い、やりたいことが無い、なんてウソだよ

結婚していた時、休日によく言っていた言葉があります。

行くとこねぇなぁ、やることねぇなぁ

と良く漏らしていました。

最近気づいた事があります、

行くとこないなんて嘘なんです。

行くところが無いやらやりたい事が無い、というのは、自分が新たな事をやる事をおっくうだと思い始めた、ということなんです。

地元が田舎だったとしても同じです、一度自分の住んでいる場所、地元ってものを見直してみてはいかがでしょうか。

行くとこいっぱいあるわ・・

私は今年になってから、山登り、というかハイキング的な趣味を獲得しました。

この趣味を獲得した途端に、恐ろしい事に気づいたんです。

山ってめちゃくちゃいっぱいある・・・

それこそ休みのたびに上りまくったとしても、何時までたってものぼり尽くす事はありません。

登山という趣味を教えてくれた知人が言ってました。

”山は無限にある”

と、たしかに、行くとこ行くところで○○岳登山口、やら○○山登山口というように、道の駅などの観光案内に書いてあるんです。

行くとこないなんて、、、ウソですわ。

地元の施設めぐりは、、意外と楽しい

私の住んでいる場所は、いわゆる地方の田舎都市です。

都会に比べると行くところが無い、観光する場所がない、なんて思っていたんですが、そんな事ないんです。

試しに○○公園、などに行ってみてください。

そこには、実はものすごく整備されたきれいな芝生や、ものすごく格安で卓球やらテニスやらを楽しめる施設があったりと、意外と遊べるモノがあったりするものなのです。

確かに、USJやらディズニーと比べるとしょぼすぎて話しにならないでしょうけど、、意外な歴史があったり、楽しく時間を過ごせるモノが実は身近な場所に転がっているんです。

やりたいことないなんて、ウソなんですよ。。

モノはどこでも手に入る、体験が場所に付随する

地元は田舎すぎて何にもない、だから都会に行くんだ。

こんな話しは良く聞く話しです。

私も実家はものすごい山の中だったので、絶対に将来は都会に行くんだ!などと思ってました。

だけど、今は都会じゃないと手に入らないモノっていうのは昔に比べると減りました。

モノは全てネットで購入できますから、手に入らないモノは”体験”のみとなりました。

体験に関しては、都会で体験できる事と、田舎で体験できる事、ということが分かれている、と考える事ができます。

田舎でしかできない事もあるんですね。

このことは何に価値を見いだすか?という時代になったということです。

行きたい場所ややりたい事が都会にあるのか、それとも田舎にあるのか、それとも海外なのか、というだけの話しです。

考え方変えればどこだって楽しい

田舎であっても、考え方ひとつで楽しくなります。

都会にあるような近代的なモノはないかもしれないけど、都会にないような自然が沢山ある。

都会にあるような洗練されたモノはないかもしれないけど、行ってみたら意外と楽しい施設もある。

これらは、自分の感じ方次第ですね。

やっぱり田舎だとこんなもんか、じゃなくて、田舎は田舎のいいところがあるよね!

って思えれば、どんなことだって、どんな場所だって楽しめます。

私が住んでいる地域の昔行ったことのあるさびれた場所に数年ぶりに行ってみたら、そこは改装されて非常に洗練された雰囲気の観光地に変化していました。

私が知らなかっただけなんです、身近に素敵な施設があることを。

あとは一緒に行く相手もね・・・

以前誰かが言ってました。

”同じ場所であっても、行く人によって変わるよね”

って、まったくその通りですね。

私は、まあ、離婚したくらいですから、、、それなりな関係になっていたのかもしれませんから、新たな場所へ行こうという気力がわかなかったのかもしれません。

だけど、一緒に居る人が変われば、前行った場所も、地元のちょっとした公園だって、その場所は素敵な場所に早変わりです。

一度地元の観光地やちょっとした施設ってものを見直してみてはいかがでしょうか。

改装されていたり、、一緒に行く人が変われば、、新たな発見がありますよ。

独り言
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの一人暮らしライフハック

コメント