何もせずに勤め人の給料をもらうには、派遣会社→大企業へ派遣→中小へ転職だ

私は田舎でしがない勤め人をしているわけですが、コロナの影響、というか別にコロナが無くとも暇な勤め人生活を送っています。

どのくらい暇かというと、、昨日って仕事なにしたっけな?

くらいの勢いです。

それでいて、給料はもらえているわけです、いわゆるホワイト企業の閑職ってやつでしょうか。

田舎なので給料は多くはありません、だけど、アラフォーのオッサン一人が生きていくには十分な給料をもらっています、しかも、何もせずに。。

どうやってこんな立場になったんでしょうか、考えてみます。

大企業に派遣されていた経験が良い方向に作用した

私は中途採用で今の会社に入りました。

前職はいわゆる大企業に派遣される会社に勤めていた関係もあって、大企業の仕事のシステム的なものは体験していた状態でした。

そこから田舎の中小企業に入ったわけですから、まあ、それなりに仕事はできたわけです。

田舎の中小企業にず~っといる人達というのは、実は視野がまあまあ狭くなっていますから、私みたいなテキトーな人間でも大企業での経験によってちょっとだけ突出する事ができるんです。

ちょっとでも突出できればこっちのものです、その突出を維持するだけでいいわけですから。

みんなが嫌がる仕事を引き受ける

中小企業で長く続けている人達というのは、やや我儘になりがちです。

上司との関係がなあなあなので、イヤといったらそれがまかり通る、みたいな言ったもん勝ちみたいなところもあったりします。

このような状態はチャンスです、みんながイヤ、という仕事をなんでもやりまっせ的な感じで引き受けていくと、評価は勝手に上がっていきます。

しかも、みんながイヤがる仕事ってのは、、たいしてイヤな仕事でもなかったりします、考え方しだいでなんでも楽しむ事ができますから、楽しめたらこっちのもんです。

私の場合ですと、中国出張とか、国内のうるさいお客さんの相手とか、その辺の仕事をちょこちょこっと引き受けるんです。

そうすると、、、あいつは・・・嫌な仕事も素直に引き受けてええやつやな~なんて評価を簡単に得る事ができるんですね笑

みんながやらない事をする

中小企業だと、製造業であってもあんまり数値でお話する人がいなかったりします。

こうなったらこっちのものです、大企業では当然のごとく数値でお話をしなければいけないので、一度大企業で働いていれば数値でお話するのはあたりまえのことです。

この経験を生かして、中小企業の人達ができない数値のお話をちょろっとするだけで、、

あいつはいつも数値で話をする・・・な~んて評価も簡単にゲットする事ができます。

所謂QC7つ道具的な、QC検定3級レベルでいいんです、そんな知識だけで勤め先によってはちょっと突出することができるんです。

数年間真面目に仕事をすると・・・

上記のような、みんなが嫌がる大したことない仕事を引き受けて、大したことのない数値をお話をしていくと、相対的に評価が上がっていきます。

5年以上、または10年以上(長いな・・)そんな感じで仕事をしていくと、あいつは比較的仕事ができるやつ、なんてイメージが付きます。

この良好なイメージが付いたら、あとは暇そうな部署を探すだけです。

暇そうな部署と暇そうなポジションをゲットする為に動いていくだけです、これまでの数年間どこでもやります的なお話をしていた人間が、行きたいところがある、なんて言ったら結構いう事きいてくれそうでしょ?

そんな感じで暇そうなポジションをゲットしていくんです。

結果、夢のような暇人勤め人の完成です笑

ポイントは大企業で一度働く事

大企業ってのはそれなりに効率化されているものですから、仕事の仕組みってのは洗練されてます。

ですから、まず大企業で働けば、中小企業へ行ったときに確実にちょっと秀でる事ができます。

私は大企業に行けるような能力はありませんでしたが、一つだけ方法があります、それは

派遣会社から大企業へ派遣されること

という方法です、大企業へ大量に派遣社員を出している会社というのがあります、そして、その会社は派遣会社ですので、入社のハードルは低いです。(今はどうかわからん、私の時は大学出ていれば誰でも入れた)

大企業でノウハウ吸収して、中小企業で数年真面目に働く、そして、暇人ポストをゲット。

という流れで私は今暇な勤め人生活を謳歌しているのです。

どうですか?結構長期計画ですけど、こんな方法もありますよってことで。。。

ただし、暇って事はリストラ最前線でもある事は理解しておいてね

一点だけ注意事項があります、仕事が暇って事は、ようするにいらない人ってことですから、リストラ始まったらソッコーで切られますので、この点だけは頭に入れといてくださいね笑。

勤め人
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント