自分でできる事って意外と多い、健康になってお金も浮いて一石二鳥

こりもせずに儲かりもしないボロマンションの1室をまたまた購入した私。

ボロボロの朽ち果てた電気コンロと悪戦苦闘を繰り広げていた時にふと思いました。

意外と自分で出来る事ってあるな

ということ、いわゆるDIYとジャンル分けされる事でしょうか。

私は田舎暮らしなので、家や近所には農作業道具やら大工道具に溢れてて木切ったりなんやらかんやらと自分でやっていたものです。

いろんなことが自分でもできるんですよ。

はめ込み式の電気コンロって、、もちろん外せるんですわ

ボロマンションについていた電気コンロはこんな感じ。

渦巻き状の昔々の電気コンロですね、こんなもん付いてたらそりゃだれも住みませんわな。

ということで、こいつを取り外すわけです。

残念ながら、必死で作業しすぎて取外し過程を記録するのを忘れたのですが、、根性で外せるんです。

こんな感じ、

ちと汚いですね、きれいにしてから写真撮ればよかった。。

とまあ、こんな風にちょっとした道具さえあれば、自分でビルトインタイプの電気コンロって外せるんですよ。

業者に頼んだら、、材料費と工賃はいくらだろう?

ボロマンションなどでは上記のようなボロい電気コンロはIHに交換されていくわけですが、交換を業者に頼んだらどのくらいになるんでしょうか。。

私は頼んだことないので分かりませんが、恐らくは3万、4万程度だと思います。

1口タイプのIHというと、パナソニックが有名で、

新品やと3万もするんですよね、、業者に頼んだら、間違いなくこれを設置される事になります。

で工賃は数千円、、合計3,4万となるわけです。

自分で探せば安いモノがある

1口タイプのビルトインIH、業者の言われるままに設置したら3万、しかし、自分で探すともっと安い物が出てきます。

でました、困った時のアイリスオーヤマ、これであれば1万円です。

自分でボロい電気コンロを根性で取り外して、、自分でAmazonでビルトインIHを探して、購入して、自分で設置すれば、見事に1万円程度で交換が完了するわけです。

確かに自分の時間というモノは奪われますが、、お金の無い人や時間が有り余ってる人は自分でやったほうがお得なんです。

基本的には搾取されている

業者に丸投げしてしまった場合は、基本的には搾取されていると考えた方がよいです。

昔、キッチンにカーテンレールを取り付けてもらったことがあったのですが、、、その人はまあまあ良心的な人だったので、1万円でやってくれました。

ただ、カーテンレールっていくらするか知ってますか?

実はカーテンレールって安い物だと1000円くらいで売ってるんですよ。。

上記の場合であれば、材料費は2,3千円程度で、工賃は7,8千円程度なわけです。

知らないって恐ろしいですね、まずは自分でやってみる精神が大事な事がわかります。

ミスってもリカバリーは可能

私は一人暮らしになってから考え方が変わりました、なんでもできる事は自分でやってみようと考え方を変えました。

ただ、もちろんミスった事もあります。

車のオーディオを変えようとして、ライトが点かなくなりましたが、、、これも別にミスってからでもプロにお願いすれば直してくれます。

関連記事:パジェロミニのカーオーディオを初心者が自分で付け替えるとロクな事にならない

ミスって余計なお金は飛んでいきましたが、それでも、”体験や経験”というものが得られるのが自分でやってみる事の最大の利点です。

汗かいて労働するってすばらしい!?

私はマンション暮らしの時は夏はエアコンの効いた部屋で常に涼んでいました。

一人暮らしになっても1年目は常にエアコンをかけて部屋で涼んでいました。

しかし、夏であってもエアコンを使わずに扇風機で過ごす、過ごそうとする人が居るという事を知ってからは、考え方が変わりました。

DIYってのは基本的に重労働で汗をかきます。

だけど、労働での汗ってのは気持ちいいもので、ついでに運動にもなって健康にも寄与します。

何か一つでもきっかけがあればいろんなことを自分でやってみようと考え方がかわります。

網戸を自分で変えてみるとか

車のタイヤ交換を自分でやってみるとか

物をよく観察すれば、どのように組み立てられているのかは意外と分かる物です。

自分でやってみる事で業者へ払う高いお金が浮いて、焼き肉でも食いに行けるかもしれません。

こまごまとしたことは、、業者に頼む前に、自分でやってみる事を考えてみてはいかがでしょうか。

独り言
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの一人暮らしライフハック

コメント