テレビ無くてもiPadやスマホでTVer(ティーバー)使えば問題無し

私は実は隠れ吉川晃司ふぁんなのですが、、、その吉川晃司主演のドラマが始まりました。

探偵由利麟太郎

ファンとしては見るしかない、と思いきや、私の家にはテレビがありません。

さてどうするか、、と思ったらあるじゃないですか、

TVer(ティーバー)

という便利なアプリが、素晴らしい時代です、今やスマホアプリで民放のドラマが見れるようになったのです。

Tver(ティーバー)とは

TVer(ティーバー)は、在京民放キー局5局が共同で立ち上げ、2015年10月26日よりスタートしたテレビ番組の広告付き無料配信サービスである

引用:ウィキペディアより

上記の通りティーバーとは民放テレビ局がやっている無料配信サービスです。

アプリをインストールして特に登録も何も必要なくドラマやテレビ番組が見れるというシロモノです。

PCでもウェブブラウザ上で見る事ができます。

配信期間(放送後1週間以内だと思う)があるようですが、毎週チェックすれば見逃す事はないとは思います。

毎週見ていたテレビの代わり、という感じですね。

テレビの無い私にぴったり

私の家にはテレビがありませんので、どうやって吉川主演のドラマを見ようかと思っていたのですが、TVerであっさりとみる事ができました。

視聴期間にさえ注意していれば、見逃さずに見る事ができるのです。

便利な世の中です。

何故無料で見れるのか

TVerは無料で見られるアプリです、NETFLIXやPrimeVideoなどは有料ですので、違和感を感じるかもしれませんが、これはなぜかと言うと、

もともと民放テレビ局は広告で成り立っているからです。

テレビの受信料と言えば、NHKの受信料が思い浮かぶかと思います、NHKの受信料というのはその名のとおり”NHK”を受信する為の料金を徴収する為に担当の方が汗水たらして各家に伺っているわけです。

ですので、民放テレビ局の放送というのは視聴者からすると実は無料なのです。

この原理を昔利用して民放のテレビ局だけが無料で見れるというアプリ?がありました、

KeyHoleTV(キーホールTV)

今も見れるみたいですが、、海外などでリアルタイムで日本のテレビを見たい人向けでしょうかね、、多少お金はかかるみたいなのですが。。

とにかく、民放のテレビというのは広告で成り立っているので視聴者は無料で見れるわけです。

広告で成り立つということは、、、TVerはCMが飛ばせない!!

私は由利麟太郎を見るために、初めてTVerを使ってみたのですが、確かに視聴自体は非常に快適ですが、1点だけ気になる点がありました、それは、

CMが飛ばせない!!

という点です、前述したとおり、民放テレビ局は企業からの広告で成り立っていますので、いかにCM(広告)を視聴者に見てもらうか?ということが重要になってきます。

そいう言った意味ではTVerの仕様は理解できます。

今の録画機能付きテレビにはCMスキップ機能が付いており、録画でテレビを視聴する人達にはCMを見てもらう機会が減ってきているはずです。

しかし、スマホアプリで動画を見る人、という方も増えていますので、CMを見てもらう為にはTVerは非常に有効な手段となっているのだと感じました。

広告主もCM見てもらえて嬉しいし、テレビ局も広告主に顔が立ち、視聴者も自由なスタイルでドラマが見れるということで、これこそがまさにWin-Winになっていますね。

CMが飛ばせないのはやや気にはなるところですが、3方良しなら納得できますね、吉川の渋い(?)演技も見られますしね。

いよいよテレビという機械が必要無くなってきた

私が学生の頃といえば、部屋にテレビを置く事がステータスみたいな物でした。

部屋にテレビさえあれば、部屋に籠ってゲームもできるし、AVも見れるし笑、最高な環境だったものです(まあ、私は親が厳しかったからテレビは置かせてもらえませんでしたが・・)。

ただ、今やスマホでなんでも見れるようになりました。

テレビの役割ってついに無くなったのかもしれません。

NHKが好きな人であればNHKアプリもありますが、、これは受信料契約者と紐づいていないと視聴する事ができません。

NHKが必要のない方であれば、スマホでテレビ番組を見る事ができるのです。

私はテレビの無い環境に住んでいますが、動画を見るときにはモバイルプロジェクターを使って視聴したり、iPadで動画を見たりしています。

据え置きゲームもiPadを使ったりすることで問題なくできます

いよいよテレビを無くす準備が整ってきましたね、人類みなミニマリスト計画に近づいてきている、そんな予感です。

ミニマリズム
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント