さようならDafitアプリ

Dafit/Uwatch

どんなことにも別れと言うものは等しくやってくる。

私とDafitにも別れと言う物がやってきた。

メルカリでSOLDとなったUwatch1、これをもって私とDafitの関係は消え去る。

なぜUwatchを選んだのか、そしてなぜ別れる事にしたのか。

記録したい。

Uwatchを選んだ理由

Uwatchを選んだ理由は明確だ。

・デザイン

これに尽きる、Uwatchは丸い形状をしており、バンドもメタルバンドで普段使いでも使える秀逸な激安スマートウォッチであった。

このスマートウォッチを着けて客先へ出張した事もある。

詳しくない人であれば、アップルウォッチかな?とかガーミンかな?とか高級品と勘違いしてくれるほどの外観クオリティであった。

これがUwatchを選んだ最大の理由だ。

Dafitを選んだ理由

Dafitアプリを選んだ理由はというと、、

・そんなものは無い!!

というのが結論だ。

たんにUwatchの制御アプリがDafitだった、と言うだけのお話だ。

Googleの提供するアプリでも連携しないのか?というような事もまったく考えずにDafitアプリを使い続けた。

そして、それで特に支障はなかったのだ。

日本語がおかしいところもかわいい一面だ、そして、激安にしてはかなり多機能で、通知を全開でONにすれば、電池が無くなるほどに通知をしまくる働き者であった。

選んだ理由はないが、使ってよかったアプリだと言える、これまで有難う。

Uwatch、Dafitアプリを辞めた理由

Dafitアプリを辞めた理由というのは、単純にUwatchを使わなくなったから、ということになる。

ならば最大の理由はUwatchをなぜ辞めたのか、ということである。

専用充電ケーブルはいただけない

サービス品のあるかどうかわからない専用充電ケーブルはやはりいただけない。

このケーブルが死んだらUwatchは死亡である。

そして、専用ケーブルが家の中のUSB端子を一つ占有してしまうというのもいただけない。

これがUwatchとお別れをした理由の一つだ

エクストラファインメリノを破壊するバンドはいただけない

Uwatchのバンドはメタルチックで高級間があるのだが、最大の弱点はユニクロのエクストラファインメリノを破壊する、ということだ。

エクストラファインメリノだけなら冬に気を付ければよいのであるが、ひっかかるのはそれだけではない、他の生地にも見事に引っ掛かるので、そろそろ我慢ができなくなってきたころだったのだ。

これもUwatchとお別れをした理由の一つだ。

重い

実はUwatchは意外と重い、裏面が金属になっている為意外と重量があるのだ。

高級感があってよい、という意見もあるだろうが、一方でちょっと重いな、という評価も十分あり得る。

これもUwatdhとお別れをした理由の一つだ。

使わなくなるには理由がある

好きになるのに理由はないが、嫌いになるには明確な理由があるとよく言われる。

私はUwatchの弱点はすでに理解して使っていたはずだ、ならばなぜ急に考えを変えてしまったかというと。

・とにかくケーブルを減らしたかった

というのがすべてのきっかけだ。

何か些細な事が気になりだしたら、もう終わりだ。

USBタイプCに統一したいと思いだしたら、マイクロUSB端子の物を買わない、と心に決めてしまう事もある。

人の気持ちというのは複雑だ、小さな事でもお別れはやってくるのだ。

一度別れてしまったとしても、また復活する事もある、そんな事になった時には、新しいガジェットが出来上がっている、世の中というのはものすごいスピードで動いている。

別れは新たな出会いのチャンスだ、またDafitと言う謎のアプリで誰かの感情が動かされる事に思いをはせて私はSOLDしたUwatchの梱包作業をするのであった。。

Dafit/Uwatch
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの2人暮らしライフハック

コメント