DafitアプリとVeryfitproアプリの歩数と睡眠時間を比べてみた

Dafit/Uwatch

UwatchというスマートウォッチでDafitアプリを使用しているのですが、Uwatchはデザインは良いのですが、充電が専用ケーブルが必要です。

専用ケーブルが必要のない激安スマートウォッチを検討しているのですが、、

どうやらDafitアプリとやや異なる点があります。

どっちが正しいとは言えませんが、、やはり激安品ではだめなのでしょうか・・

DafitアプリとVeryfitproアプリを比べる

端末情報

DafitアプリはUwatchという激安スマートウォッチの制御アプリです、すでにUwatch1は売っておらず、今はUwatch2しか売っていないです。

一方でVeryfitproアプリはiCleverというメーカーでしょうか、、、2000円で購入できる激安スマートウォッチです。

私はUwatchに替える前まで使っていたスマートウォッチです、たしかに、、変更した時に数値が違うな・・と言う思いはあったのですが。。

歩数の比較

取り急ぎ夜に左手にUwatch、右手にiCleverを付けて寝て、昼ごろまでの歩数の違いを比べてみました。

左がDafit(Uwatch)、右がVeryfitpro(iClever)です。

Dafitの方が1000歩程多く歩いている事になっています、、右手と左手の動作の違いはあるとは思いますが、それにしても違いすぎます。

この謎は実はUwatchが怪しいということで私の中では結論が付いています。

というのも、以前一緒にプチ登山をした知人のiPhoneのヘルスケアの歩数と比較した事があります。

UwatchはiPhoneのヘルスケアアプリより明らかに歩数が多く計測されていたのです。

知人はポケットにiPhoneをずっと入れていましたので、歩数は正確だと思われます。

どうやら・・・Uwatch(Dafit)の歩数計はやや多めに出るということで確定で良いのではないでしょうか・・・

睡眠時間の比較

次に睡眠時間に関して確認してみましょう、こちらも左手にUwatch、右手にiCleverを付けた状態で寝てみました。

睡眠時間は両方とも6時間半ほどで同じですが、、深睡眠時間(ノンレム睡眠)に大幅な差があります。

Dafit:1時間

Veryfitpro:2時間

ということで実に1時間の差があるのです、これはどのように考えればいいのでしょうか。。

ただ、両社とも4回ノンレム睡眠のサイクルが来ていますので、計測時間の閾値の違いなのかもしれません。

これに関しては比較対象がありませんので、どちらが正しいとも言えません。

幸い4回のノンレム睡眠サイクルは同じですので、同等の性能として、ノンレム睡眠の時間に関しては、日々の相対比較で見るしかないと思います。

相対比較、と言う意味では数値が大きくでるVeryfitproの方が比較がしやすいかもしれませんね。

どちらも激安だから多くを期待してはいけない

私は高級スマートウォッチを持った事がないので、高級な製品との比較ができないので何とも言えないのが残念ですが、、

UwatchにしてもiCleverにしても3000円や2000円の製品なので、正確性を求めるのはやっぱり無理があるように思います。

使い方としては、やはり日々の相対比較、という見方が良いのかと思います。

先週は沢山歩いけたけど今週はおもったより歩けてないな、とか。

最近は運動できていないからあんまり深く眠れてないな、とか。

日々の自分の状態を別の日と比べるには激安の製品でも十分可能です、実際にDafitアプリで私はカフェインを摂ると寝れなくなる事もわかりました。。

激安で自分の状態が把握できる、と言う意味ではおすすめ製品だと言えますね。

Dafit/Uwatch
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント