Dafitが教えてくれたこと、カフェインは本当に眠れなくする作用があるらしい

Dafit/Uwatch

Dafitアプリを使っていて気がついた事があります、私はずっと水道水ばかりを飲んでいたのですが、ある時、たまには贅沢してもいいやろう、ということで、スティックコーヒーを買ったのです。

そしてそのおいしいおいしいコーヒーを飲んで寝ようとしたところ、どうやらまともに寝れていないという事がDafitアプリによって判明しました。

カフェインをしばらく抜いていると、久々に摂取すると本当に寝れなくなるのです、お気をつけください。

 

スポンサーリンク

ここ2日間の睡眠状態が悪すぎる

Dafitアプリによると、ここ2日間の睡眠状態がやたらと悪いということを示しています。

六時間程度寝ているのに深い眠り(ノンレム睡眠)が30分にも満たないのです。

画面には入っていませんが、睡眠品質スコアは80点程度で、何時もよりあきらかに睡眠の質が悪い状態です。

確かに、何時もは布団に入って横になったら速攻で眠たくなっていたのに、ここ2日はなかなか寝付けない状態にありました。

日中に特別動かなかったわけでもないこの2日間、いったいいつもと何が違うかというと、スティックコーヒーを夜に飲み始めたのです。

どうやら、カフェインというのはかなりの影響がありそうです。

 

コーヒーを飲むにも時と場合を選ぶべし

私が飲んだのはこちら、

ドラッグストアで安く売っていたんです、たまには贅沢してもいいじゃないですか・・・

しかし、この贅沢は睡眠不足という疲労を発生させたのです。

私はコーヒーを飲んでいたときは、カフェインレスのコーヒーを飲むようにしていましたので、普段はあまりカフェインを取らないようにしています。

そんな中で久しぶりに摂取したカフェイン、しかも、寝る前の時間帯です、小学生じゃあるまいしカフェインで目が冴えるなんて事は起きないだろうと高をくくっていたのですが、まさかの事態が起きたものです。

結果は上記のようにまったく深く眠れていない状態、カフェインの摂取には気をつけた方がよさそうです。

逆に考えると眠い目をこすって作業をするときは有利

ただ、逆に考えると起きていなくてはいけないとき、夜作業をしなければならないときや、日中やたらと勤め先で眠いときなどは積極的にカフェインを摂取すると眠くならない、ということが言えるかもしれません。

カフェインを摂取すると目が冴える、当たり前の事かもしれませんが、まさかの再認識です。

Dafitアプリは意外なことも教えてくれるかも

突然寝れなくなったここ2日、Dafitアプリでも明らかに異常を示していたこの2日、客観的な数値で示される事は大事な事の発見につながるようです。

なんとなく寝れなくとも、新型コロナの影響で不安になってるのかなぁ、とか、車を運転しすぎて疲れたのかなぁ、などと根拠の無い要因を考えるよりも、ここ2日で共通したこれまでと違った行動を振り返る事で自分の行いを正せる可能性があります。

自分の体の状態を把握するというのは不調の予防に繋がります、睡眠不足は最大の不調の要因、やはり、激安のスマートウォッチとは言え、毎日の推移を確認できるのは大事な事です。

新型コロナウイルスが蔓延する時代、睡眠状態を監視することは自分の体調を維持する事、ひいては、ウイルスに少しでも対抗できる体を維持するためには重要です。

激安スマートウォッチと謎のアプリDafitで新型コロナウイルスに勝ちましょう、と、無理やり紐付けて終わります。。

 

Dafit/Uwatch
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント