健康の為には質の良い睡眠が必要だ、今こそ格安スマートウォッチの出番だ

デジモノ

COVID-19はそこそこ収束してきた感はあるが、基礎疾患のある方は重篤な症状になりやすいということは、健康な方が重症化しにくいということでもある。

ならば、我々に出来る事といえば、とにかく健康体でいる、ということがもっとも重要だ。

健康の為に最も必要な事とは、結局、

・質の良い睡眠

が一番だろう、寝れていない時程体調の悪い事はない、節約の風潮が吹き荒れる時だからこそ、格安のスマートウォッチを入手し睡眠の質を確認するべきなのだ。

 

スポンサーリンク

質の良い睡眠がどんなものかは分からないがまずは現状把握が大事

私の使用しているUwatchという格安スマートウォッチ、及び制御アプリによると、睡眠品質スコアという項目がある。

結局はよく分からなかったが、とにかく睡眠品質スコアがよければ、しっかりと寝れている、ということなのだろう。

何かを成そうというときには、まずは現状把握が大事だ、スマートウォッチを使えば自分の睡眠状態を客観的に把握することができる。

どのような感じで検知されるかというと、

上記のように、深い眠り(ノンレム睡眠)や浅い眠り、目の動きが早い眠り(レム睡眠)、というようにスマートウォッチ及びアプリが検知してくれるのだ。

この数値を元に、自分がしっかり睡眠をとれているかどうかをモニターして、PDCAを回せばいい事になる。

 

睡眠品質スコアを上げるには

私がUwatchを使い続ける中で睡眠の質を上げる(睡眠品質スコアを上げる)にはいくつか方法がある、とはいえ、非常に単純な話ばかりだが、、

8時間以上寝る

8時間以上寝たときには、一回だけだが、睡眠品質スコアは100を示した。

結局長く寝るのが一番よいのかもしれない。

お酒の量は適度にする

お酒を飲み過ぎた日はかなり眠りが浅く、ほとんどノンレム睡眠が無い状態となる、お酒の飲み過ぎは睡眠にも良くないのだ。

運動をする

適度に運動をした後の睡眠スコアは非常に良い傾向がある、定期的にノンレム睡眠状態となり、しっかりと寝れている印象がある、やはり、、運動は体によいのだ。

規則正しい時間に寝る

私は一時期昼夜逆転の生活をしていたことがあるが、その時の睡眠状態はひどいものであった、朝寝ようとしてもほとんど寝れず、寝れたとしても眠りはかなり浅かった。

人間は暗くなったら寝て明るくなったら起きる、というのが一番自然なのだ。

 

私の感覚としては上記のような事に注意すると睡眠品質スコアが良好であったと思う、ちなみに、湯船に入る、というような方法もよく聞く話であるが、私はシャワー派なので試せていない。。

 

いずれにせよ、寝るときにスマートウォッチをつけて寝ないと意味がない

ここ最近の私の睡眠時間はというと、、

こんな感じで3日間程まったく寝ていない、という数値になっているが、これは単純に、

・スマートウォッチをつけずに寝てしまった

ということをやらかしてしまっただけである。

毎日欠かさずスマートウォッチを付けた状態で寝ないと推移が見れないのである。

なぜ、スマートウォッチをつけずに寝てしまったかと言うと、、それは内緒である。。

・・・とにかく、毎日スマートウォッチを付けて寝て、睡眠状態を把握することからすべてが始まる、私は最近サボっているのだ。

質の良い睡眠でウイルスに負けない体を

私のようにわけのわからない生活を送らず、毎日お酒は適量に抑え、規則正しい生活を送り、7時間、できれば8時間以上寝る事ができれば、体は十分に休まり、丈夫な体を維持できることでしょう。

そうすれば、ウイルスにも勝てるかもしれない、安いスマートウォッチで十分睡眠状態を知る事はできる、睡眠状態を把握し強い体と強い心を持って日々を過ごしていきたい。

2000円でも睡眠状態を把握できるスマートウォッチは存在する、試してみるといいかもしれない。

デジモノ
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント