Uwatch2の評価(Amazonレビュー)に対して思うこと

Dafit/Uwatch

私の持っているのはUwatch1であり、2020年2月現在ではすでにAmazonからは消えています。

そこでUwatch2のAmazonのトップレビューを見てみたところ、大変気の毒な方がいらっしゃったようです。

ただ、これは工業製品である以上はどうしても避けられないのと、個人個人の使い方によって左右されるのですべての人や製品に当てはまることではない、という見方が必要です。

 

スポンサーリンク

Amazonのトップレビューからの思うこと

Uwatch2のAmazonのトップレビューです。

引用:Amazonのレビューより

非常にこの方には残念な結果で、気の毒に思います。

一点ずつ問題を見ていきましょう。

塗装が剥がれた

つけてすぐに汗で剥がれたということで、交換品では再現しなかったとのことから製品に明らかな不具合があった、ということでしょう。

しかし、このような製品は大量に一度に生産するので、この製品だけが塗装が弱いというのはなかなか考えにくいので原因がかなり謎です。

塗装が弱い場合はもっと同様な症状になるものが多数あるはずですが、こればっかりは購入した人がみんな同じ条件で使用するわけではないのでなんとも言えません。

汗で剥がれる、ということはあるでしょう、しかし、汗のかき方は人によってことなります、また、ランニングの際などに使用すればかなりの大量の汗と腕との摩擦が発生します、私はこのような使用はしませんので、こればっかりは使う人による、としか言いようがありません。

ちなみに、私が持っているUwatchは塗装というよりアルマイトに見えるのですが、、どうなんでしょうか。。

 

アルコールや綿棒で清掃する

次に端子部をアルコールや綿棒で清掃する、とありますが、気持ちは分かるのですが、塗装だとするとあまりアルコールで清掃するのはオススメしません。

塗装はたしかにアルコール耐性があるものを使用しているでしょうが、完璧ではありません、キレイに使いたい気持ちはよく分かりますが、頻度によってはそのうち塗装はアルコールで剥がれる事もあります。

今回の商品は不具合品でしょうが、他の商品を使われる場合もあまり神経質になると逆に不具合を誘発することもあるので注意が必要です。

 

日本語が怪しいのは許してください

日本語が怪しいのは許してほしいところです、間違いなくこの商品は中国などの海外で生産しており、対応するのは中国人で翻訳ソフトを使うか、よければ日本語の勉強をした人が対応していると思います。

日本語がマイナーであると考えて、メジャーな言語で対応するなりすることで納得するしかありません。

今や日本の存在感は以前程ありません、日本語を重視するにはコストが合わないのです。

 

代替え対応は早そう

私も以前怪しいメーカーと不具合品を巡ってやり取りをしたことがあるのですが、彼らの不具合対応は非常にスピーディーです。

すぐに代替え品を送ってきて不良品は送り返さなくて良い、というのがスタンスです。

特に、中国人はやたらと仕事が早いのが特徴です、その特徴がこのレビューからも伺えるかと思います。

 

対応から見るとレビュー1は可哀想かも

製品を売る側からするとAmazonレビューというのは生命線です、レビューを上げる為に必死です。

今回の製品はたしかに不具合品だったかもしれません、しかし、代替の対応の速さや、製品の仕様からすると、全てが製品の責任ではないような雰囲気も感じられます。

塗装剥がれを起きないようなシリコンのスマートウォッチを選んだりすることもできるわけであって、このレビューがトップレビューというのは少し可哀想な気もします。

製品としては値段の割に非常に優秀な製品ですので、自分の用途に合えば問題なく使用できると思います。

 

Dafit/Uwatch
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント