スマートフォンからUwatchへの通知設定をDafitアプリで設定する方法

Dafit/Uwatch

格安スマートウォッチUwatch1にスマートフォンから様々な通知を行えます。

各アプリからの通知設定はDafitアプリで行います。

Lineやtwitter、通話などは問題なく設定できるのですが、問題となるのは、その他のアプリに区分けされるアプリ郡です。

これらはスマートフォン側での通知設定が非常に重要です、スマートフォン側での通知設定を怠ると、なんでもかんでも通知されてUwatchが振動しっぱなしになることとバッテリーの消耗が激しいという欠点があります。

結果としては、デフォルトから設定されている主要なアプリの通知で満足する、というのが最善策であると思います。

 

スポンサーリンク

Dafitアプリでの通知設定方法

Dafitアプリ内でUwatchへの通知設定を行います。

Dafitアプリを立ち上げて、設定の項目へ移動し通知設定をタップします。

通知をタップすると以下のようにそれぞれのアプリについて通知を行うかどうかが設定できます。

電話やSMSメッセージ、TwitterやSkype、LINENといった主要アプリの通知の有無が設定できます。

LINEのメッセージの通知はもちろん、通話の通知も問題なくされます。

では、これらの主要アプリ以外のアプリはどうなるのかというと、その他、という項目ですべて一括で通知を行うかどうかが設定されます。

ここで問題が発生します。

スマートフォン側の通知設定をしないと大変なことに

その他という項目で他のアプリの通知をすべて制御することになりますので、なにも考えずに通知することにするとどうなるかというと、

なんでもかんでも通知がUwatchに入ってくる

という状況になります。

例えば、Gmailを通知設定していた場合は、メールが届くたびにUwatchがブルブル反応します。

その他にもGoogleの天気の通知をしていた場合は、定期的に入ってくる天気の通知の度にUwatchが反応します。

その他にもAmazonMusicなどで音楽を聞く場合も、曲が変わる度に通知が入ったりします。。

このようにスマホ側で設定できない(設定するのがわかりにくい)項目についてもすべて通知が来るようになってしまいます。

このような状況になるとどういう事が起きるかというと、ほぼ常にUwatchは通知をし続けるというような状況になります。

ということは、常に振動と表示繰り返すので、バッテリーの消費が激しくなるという自体に発展します。

私は通常Uwatchを使っている時は10日以上バッテリーは持つのですが、その他アプリん通知をONしたときには、3日くらいしかバッテリーが持ちませんでした。

というくらいにバッテリーの消費が激しくなります、ただ、スマホ側の通知設定を細かく設定すれば問題なくなるのかもしれませんが、あまりにめんどくさいので私は断念し、結局その他の通知は諦めました。

実際に使うのは限られるだろう

私の場合は通知で重要視するのは、電話とLINEくらいのものです、この2つであれば問題なく通知をしてくれますので特に不都合はありません。

私はスマホ側を常に音量が出ない設定にしています、正直振動では毎回まったく気づかないので、Uwatchの通知は非常に重宝しています。

スマートウォッチの最大の利点はスマホからの通知を受け取る、ということだと思います。

格安のUwatchでも電話とLINE、その他主要なアプリであれば通知は受け取れます。

高級なスマートウォッチを高い金出して買わずとも大丈夫ですよ。

 

Dafit/Uwatch
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント