Da fitアプリで睡眠時間を把握して健康を維持しよう

Dafit/Uwatch

UMIDIGIというスマホメーカーがUwatchというスマートウォッチを出していますが、Uwatchを使用するにはDa fitというマニアックなアプリを使用する必要があります。

ただこのDa fitというアプリの睡眠時間の記録は様々なことができるので、普段の睡眠時間の把握にはもってこいです。

正確性はともかく、、睡眠時間というのは日々の健康を維持するためには大事な要素です。

Da fitアプリでは

・睡眠時間

・3種類の睡眠時間(レム睡眠、ノンレム睡眠、普通の睡眠?)が計測できる

・過去の記録も残る

といったようにそれなりの機能がついています。

 

スポンサーリンク

Da fitアプリでできること

Da fitアプリは歩数や睡眠時間、心拍数等他のスマートウォッチで確認できる内容を備えています。

至って普通のアプリに見えますが、今回は睡眠の状態について詳しく説明していきます。

 

睡眠の状態は3種類把握できる

睡眠の状態は3種類を検知します(正確性はともかく)

深い眠り、浅い眠り、目の動きが早い眠り、というように3種類の睡眠を検出しています。(何度も言いますが原理と正確性は不明)

目の動きが早いというくらいですから恐らくはレム睡眠(Rapid eye movement sleep)なのでしょう。

そして深い眠りというのがノンレム睡眠ということでしょう、じゃあ浅い眠りはなんだ?と思いますがそこは放置しましょう。

問題はノンレム睡眠が周期的にやってきているかどうか?がしっかり体が休まっているかの指標だと考えていいと思います(体感的にも)

 

睡眠の状態は他者との比較もあり

3種類の状態を把握するだけでなく、他にも睡眠の状態をポイントで示したり、他のユーザーとの比較を見る事ができます。

睡眠品質スコアは何をもとにしているのかしりませんが、、一度だけ100ポイントを取ったことがあります、8時間以上ねて、定期的にノンレム睡眠になった時だと思います。

他にも週の睡眠の記録や、他のユーザーより早く寝るのか、早く起きるのか、睡眠時間は短いのか?などなど、どこに他に使っているユーザーがいるのかはわかりませんが、とりあえず比較することができます。

また、過去の記録もかなり残っていますので、暇なときにでも見てみると楽しいかもしれません。

まあ、他の人と比較してもしょうがないので、基本的にはしっかりとノンレム睡眠に定期的に毎日入っているか?というのが重要です。

 

昼の睡眠でも検知する

以前使用していたスマートウォッチとアプリでは昼間の睡眠は検知しないことがありました、しかしUwatchとDa fitアプリでは昼間の睡眠も検知します。

朝帰りした時の睡眠の状態です。

睡眠時間は2時間程度で、まったくノンレム睡眠がないことがわかります、たしかにこの時はまったく体が休まりませんでした。

そう考えると、ある程度は正確なのかもしれません。(しらんけど・・)

まとめ

以上のようにUwatchとDa fitアプリでは睡眠に関しての様々なデータを取ることができます。

・3種の睡眠の状態を把握できる

・他ユーザーとの比較も可能

・過去の記録も残る

・昼間の睡眠も検知する

ということで、激安のスマートウォッチとしての機能としては十分ではないでしょうか、たしかに日本語が怪しかったり、正確性が怪しかったりするかもしれませんが、自分の中での相対評価をすれば正確性はあまり気にする事はありません。

今日はお酒を飲みすぎたから睡眠が浅いな、とか、運動をしたあとだと深く眠れるな、など、睡眠の質を上げるにはどうしたらよいかという事は相対的に知ることができます。

UwatchとDa fitを使って、良質な睡眠を追い求めてはいかがでしょう。

Dafit/Uwatch
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント