NBロードスターのアンテナ交換は簡単かもしれない

ロードスター

NBロードスターのアンテナといえば、、スイッチをオンするとものすごい勢いで長い長いアンテナが伸びていくのをご存知だろうか。

なんであんなに小さい車体にそんな長いアンテナ使うのよ、、、と思わずツッコミたくなるほどの長いアンテナだ。

しかし、この長く伸びるアンテナはその構造ゆえによく壊れるらしい。

私が中古で購入したNB2ロードスターには何やら違うアンテナがついていて、純正のアンテナは大事に保管されていたようだ。

動作確認兼ねてアンテナの設置方法を確認してみる。

これがNBロードスターのアンテナだ

私の中古のNB2ロードスターに乗っていた純正のアンテナ単品がこれだ。

結構コンパクトなもので、電源を繋いで動かすとしっかりと動いたことから、壊れたから取り外したわけでは無いようだ。

さてこのアンテナがどのように取り付いているかというと、

アンテナはこんな感じでついている

トランクルームを開けてカバーを剥がしていく、

このカバーは一部ネジと手で取り外せるプラスチックフックのようなもので止まっているのでちょっと考えればすぐに外すことができる。

この取り外した先に、

こんな感じにとりついているのだ、アンテナを挿す部分と電源ハーネス、金具で取り付けられるようになっているわけだ。

ということは、あの長いアンテナが邪魔だから交換しようとするならば、カバーを外して、ネジを外していけば交換できるということだろう。

まあ、わざわざ扱いにくい純正のアンテナに戻すことはないので、そのまま放置しておく。。

中古のNB2ロードスターについていたアンテナとは

私が購入した中古のロードスターにはこんな感じのアンテナがついていた。

なんとも可愛らしい形状のアンテナだが、長さも程良くてちょうどいいアンテナだ。

エンジンをかけたら鬼のように伸びていくわけでもなし、ラジオもしっかりと受信できる。

ちょっと錆びているのは気になる人はいるだろうが、16年落ちの車で錆を気にしていたらこんな車には乗っていられないのだ。

元からついていたアンテナだからどのくらいの値段がするかはわからないが、頑張れば自分で交換することも可能だろうから試してみても良いのでは無いだろうか。

(すいません、私は別にこのアンテナで不都合ないのでそのままです)

純正のアンテナはどうする

一応純正のアンテナの動作確認を行ってみた。

しっかりと動作している、これが何を意味するかというと、売れるかもしれないということだ。

以前パジェロミニの純正オーディオをメルカリに出品したことがあるが、そのときは全く無風だった。。

さて、NBロードスターのアンテナは売れるのだろうか、試してみる。

試してみたが、、、値段設定の問題もあってまったく売れない、調べると1500円程度で出品している人もまったく売れていないようだ。

これは燃えないゴミ行きかもしれない。。

意外と自分でできることはある

私は車に詳しく無いので、基本的にはプロにお任せする方法を選んでいた。

しかし、激安の中古車に乗るようになって少し考えが変わった。

私はロードスターの他に24万円で購入したパジェロミニにも乗っている、24万円である、ハイスペックなPCよりも安い値段だ笑。

こうなると別に傷付こうが凹もうが何にも気にならない。

だから、カーオーディオなどは自分で取り替えることをやってみるようにしている。

(とはいえ、結局失敗してディーラーに持っていって余計な金額がかかったが、、、)

これが200万もする新車だったとしたら、とてもじゃないが下手くそな自分を信用はできない。

激安中古車というのは、もしかしたら車いじりという新たな趣味を生むかもしれない(私には芽生えていないが。。)。

様々な可能性を秘めた激安中古車、ぜひ乗ってみて欲しい。

 

ロードスター
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント