2004年製NBロードスターNR-Aのトラブルを随時記載していく

ロードスター

私が購入した2004年製のNBロードスターのトラブルをこちらの記事で記載していきます。

購入してまだ1か月も経っていませんが、都度更新していきたいと思います。

エアバック警告灯表示の点滅

購入してから2週間くらいでしょうか、、突然エアバックの警告灯表示が点滅するという事態が発生しました。

写真を撮ろうとしてスマホを手にしたとたん消えてしまったので、そのまま放置していますが、、

その後は発生していないので特に何も処置はしていません。

発生日:確か20200511辺り、20200527午後に再発

・・・未だ何も処置はしていない。

その後も複数回発症しているが、、ついにディーラーに持っていったところ、助手席のエアバックから異常が見られるようだ、修理見積もりはなんと20万円以上!

参考記事:古い車にはお金がかかるというのは本当だった・・・

リア辺りからひりひり音

低速で走行中にリアあたりからひりひり音というか、一度AmazonMusicで聞いた熊野古道のヒーリングミュージックみたいな音(わかりにくいな・・)がするんです。

ただ、この音は3年前に乗っていたNB1ロードスターでも鳴っていましたので、ロードスターあるあるなのかもしれませんね。

発生日:購入した時点から

こちらもディーラーに持っていったらクラッチ交換という見積もりが、、購入した中古車屋に聞くと、

”ロードスターのクラッチはそういうもんです”

とのことだ、確かにその通りなのは上記に書いた通り、これは放置するしかないですね。

パワーウインドウが壊れた

やっと分かり易い故障が発生しました、中古で購入してから3か月ほど、飯を食って窓を開けたら何やらがちゃがちゃっという異音が聞こえる。

窓が上がらなくなってしまったのです。

ネットで検索すると、でるわでるわ、ロードスターあるあるのようです。

現在とある中古車屋さんの好意により、自分で修理できないかを模索中・・・

結果、とある中古車屋さんの好意により、部品のみ手配してもらってあとは自分で修理するというプレイを敢行、なんだかんだで中古車屋さんにも手伝ってもらったが、部品代だけでよいという、なんというよい人なんでしょうか・・・

というわけで、部品代14000円程度でパワーウインドウの修理が完了。

楽しい体験もできて14000円だったら安いって感じですね、壊れるのも悪くないもんです。

左のヘッドライトが切れた

2020年10月、左のヘッドライトが切れました。

オートバックスに持っていって一番安い玉と交換。

工賃は500円

総額2638円

作業をしてくれたお兄さんはめちゃイケメンの人、社員ではなくてバイトさんらしい、しかも時給は850円!

安すぎるので、なんでやってるの?と聞くと、車好きで自由にリフトなどを使えるのがいいとのこと。

なるほどね、、

ちなみに、ヘッドライトの交換はボンネットを開けてライトをちょこっと取り外すだけでいける、自分でもできそうな印象だった。

さて、右のヘッドライトが切れるのはいつだろうか・・

バッテリーが上がった

2020年12月、なかなかエンジンがかかりにくくなってきたと思ったらとある朝、まったくセルが回らなくなりました。。

いわゆるバッテリー上がりですね。

初めてブースターケーブルを使ってロドスタを救済し、タイヤ屋で聞いた

リサイクルバッテリー

なるものに挑戦するために、これまた初めてバッテリーを外すという作業も行いました。

さて、バッテリーは復活してくるでしょうか、、

残念ながらバッテリーは復活せず、購入することに、、取り外す事はできたから取付もできましたね。

参考記事:ロードスターのバッテリーを交換するのは簡単、自分でやってみよう

このトラブルでかかった費用は、リサイクルバッテリーを試すための発送日770円とバッテリー代18955円

約20000円ですね!

 

このような感じで現在のNB2ロードスターNR-Aトラブルを随時記載していきます。

ロードスター
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの2人暮らしライフハック

コメント