ロードスターに乗りたいならば乗ればいい、何を遠慮する必要があるというのか

ロードスター

私はバツイチコナシアラフォーの地方在住のオッサンであります。

バツイチになってから一人暮らしをしてからというもの、さすがにロードスターに乗り続けるのは不可能かと血迷った結果。

NBロードスターを手放してしまったのです。

当時は大事なことだと思っていました、一人暮らしでロードスターは厳しいと信じていました。

しかし、私のロードスターに対する思いはそんなものではなかったのです、私は帰ってきました、また、NBロードスターに。

単にオープンツーシーターが好きなだけ

私はこのサイトで2020年4月に購入したNBロードスター関連のお話を綴っていきたいと考えています。

ただ、私は車好きではありません。

私の中での車好きとは、タイヤやらホイールにこだわり、シートをレカロに変え、毎週洗車をするような方だと定義しています。

私は中古で購入した車をまったくいじる事もなく、そのまま使用しています。

単にオープンツーシーターのMT車が好きなだけ、という人間です。

ですので、このサイトにロードスターの改造の話題を期待されると厳しいものがあります、だって、改造には興味ないんですから。。

10年超えても、10万キロを超えても

改造に興味のない人間の乗るNBロードスター、ならば何を書いていくかというととりあえずはこれでしょう。

・10年超え、10万キロ超えの車は大丈夫なのか?

私が身を持って確認していこうと思います、何の疑問を持たずに新車に数百万円を払う人たちに気づいてほしいのです。

現代の車は10年10万キロ超え程度ではびくともしないと。

特に私が言いたいのは若い人達に向けてです、本当に新車がほしいのか?本当にそんな楽しくない車でいいのか?

本当はもっと楽しいクルマに乗りたくないのか?と。

激安の中古車ならば楽しいクルマを選ぶ事はできますから。

どうせ田舎に住むなら楽しいクルマに乗ろう

私の住んでいるのは田舎の地方都市、車が無いと会社に行くこともままならない土地です。

となれば必然的に一人一台車が必要になる土地です。

高校なり、大学なりを卒業して地元に就職したならば、両親が車を買ってくれるような土地柄です。

その両親達についているのは、昔からの馴染みのディーラー、馴染みの車の営業、これらの人たちは新車を勧めてきます。

そして、車の営業マン達はあそこのあの個は次の歳は就職だから来年は1台売れるな・・な~んて舐めた計算をしているのです。

そんな人達の口車に乗ってはいけません、ミニバンに乗ることしか知らない親の言われるがままに車を選んではいけません。

そんな私も最初の車は親のいうがままに購入してしまいました。

忘れもしない、パジェロミニのノンターボのATでした。

確かに乗りやすいのですが、決して楽しいクルマではありません。

そんな楽しくない車に乗りたいですか?車に求めるものはなんですか?動けばいいと思ってませんか?

一度楽しいクルマに乗ってみるべきです、ディーラーへ行って試乗してみればよいのです。

そこで見える事があるはずです、親の言うことや、営業マンの言うことを聞く前に自分で行動してみましょう。

ではどうすればロードスターを買うことができるのか

好きなクルマを買う、私であればロードスターを買うということになります。

令和の時代ではロードスターは新車だと200万円は軽く超えます、そんな金はしがない勤め人のワタシには出ません。

ならばどうするか、中古で買えばいいのです。

中古は大丈夫なのか?などという方もいらっしゃるでしょう。

実際にどのくらいの費用がかかるのかわからない方のいらっしゃるでしょう。

ロードスター取得にかかる費用やらなにやらをいろいろとこのサイトで紹介していきます。

あなたもロードスターに乗ることができる、一緒にロードスターで楽しみましょう!

ロードスター
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント