SurfaceGO1とiPadpro11インチ(第一世代)を比べてみた

デジモノ

私はもともとSurfaceGO1を使っていたのですが(メイン1台使い)、給付金の10万が入るということで思いっきり衝動買いをしてしましました。。

購入したのはiPadpro11インチ(第一世代)、いちいち世代を言わなきゃいけないのがめんどくさいですね。

私はミニマリストですのでSurfaceGO1に求めていたのはそのコンパクトさなのですが、さて、iPadpro11インチはSurfaceGO1と比べてどうなのでしょうか。

結果としては、、サイズ感全く一緒やん。。どういうこと??

ということでした、どうやらマイクロソフトはiPadに合わせてSurfaceGOを作ったんじゃないかと考えてしまいます。

となれば使い勝手勝負なわけですが、これは、、その人の使い方による、としか言いようがないです。。

重量・サイズ比較

私が購入したモデルの詳細はのちに記載しますので、まずはとにかくサイズ比較です。

重量比較

SurfaceGO1

左写真がタイプカバー付で760g、右写真が本体のみで519gですね。

ちなみに、家には測りがないので勤め先で早朝に測りました、、、しっかり校正されてますので値は正確です・・・

iPadpro

左写真がタイプカバー付759g、右写真が本体のみで466g。

まとめると

キーボード付 本体 キーボードのみ
SurfaceGO1 760 519 241
iPadpro11-1 759 466 293

こんな感じですね、キーボード付だとまったく同じ重量だということが分かります。

これは・・・ぜったいマイクロソフトはiPadに合わせてきましたね。

サイズ比較

そういえば寸法を測るのは忘れましたね、、その辺はAppleやらMicrosoftのサイトを見てもらうとして、比較で見てみたいと思います。

キーボード付の厚みはほぼ一緒です、ただし、iPadのカバーは背面にも表面にもカバーが付いていますので、本体はiPadの方が厚いです。

というのも、SurfaceGOは本体だけで自立するので、その為のギミック分が厚くなっています。

下にiPadが重なっています、大きさはほぼ一緒です。

画面はiPadの方が大きいです、11インチと10インチの差ですね。

キーボードはSurfaceGOはトラックパッドが付いていますのでその分大きいです。

ただ、大きいからといって使いにくいわけではありません、正直SurfaceGOの方たPCライクでキーボードは使いやすいです、使い勝手は別途説明します。

以上のように重量とサイズ感はほぼ一緒です、ミニマリスト的な観点からいうと、持ち運びとしては同じ!という見方になります。

あとは使い勝手になるのですが、、

使い勝手はどちらも一長一短、としか言いようがない。。

使い勝手に関しては、家電量販店に行くと店員さんがよく言う言葉があります。

PCを何に使われますか?

これに尽きます。

私の使い方というと、、

・ワードプレスで記事を書く

・Kindleを読む(別にスマホでもよい)

・動画を見る

と言ったところです、正直、これだけだったらChromeBookでもいいわけなんですよ。

だけど、今回iPadを購入したのは、、iPadだけでイケるか?ということを試してみたかったのです(その割に高い出費だった・・・)。

結果としては、結構厳しいかも、と言う結論ですが、慣れればいけるのかもねぇ・・と言う感じです。

キーボードの打ちやすさ:SurfaceGO1の勝ち

キーボードの打ちやすさはSurfaceGOの勝ちです、iPadはキー配列がなにやら不自然でBが異様に打ちにくいです、あとはMac配置にまだ私が慣れていない事もあるでしょうが。

最近出ためちゃくちゃお高いマジックキーボードであれば打ちやすそうですが、高すぎて購入対象にはなりませんね。。

画面の角度調整:SurfaceGO1の勝ち

SurfaceGOは無段階で角度調整ができます、iPad(今回のキーボード)では2段階にしか調整できません。

ですのでSurfaceGOの方が圧倒的に画面角度に関しては使いやすいです。

トラックパッドと画面タッチの差、、、慣れなのか??

SurfaceGOのキーボードにはトラックパッドが付いていますので、キーボードから手を離さずにポインター操作ができます、この点は圧倒的な優位性です。

一方iPadはいちいちキーボードから手を離さないといけません。

ただ、これは慣れかもしれません、10年以上Windowsを使ってきたオッサンの私の脳みそが長年培ってきた操作方法に慣れ親しんでいるのかもしれません、もう少し確認が必要です。

動作の快適さ:圧倒的にiPadの勝ち

動作の快適さに関しては圧倒的にiPadの勝ちです。

ただ、これはスペックの差(ついでに値段の差もね)があるので何とも言えませんが、とにかく圧倒的にiPadproの方が快適に動作します。

Kindle読むにしても、動画見るにしても、エンタメに使うには圧倒的にiPadが有利です。

まあ、こんなことは分かりきっている事でしたが。。

お値段の比較は?私の条件ではiPadproの方が高い・・

私が購入したもののスペックは以下です。

SurfaceGO1:メモリ4G/SSD64G 版ですので、一番廉価なものですね

iPadpro11インチ第一世代:Simフリー64G 版ですので、まあまあ高めです。

いづれも中古で買っていますので、、

SurfaceGO1:約6万円(タイプカバー含む)

iPadpro:約9万3千円(キーボード含む)

となります、iPadproの方が3万円も高いですねぇ、、、SurfaceGO1と金額を合わせようと思うと、9.7インチのiPadproの中古や、iPadairなどが選択肢に上がるとは思うのですが、、、そうしなかった理由があります。

結局どっちがいいの? やっぱり人それぞれの使い方によるからなんとも・・

なぜお高いiPadproを購入したかというと、

・今更ライトニングケーブルを使いたくない!

というのと

esimが使ってみたかった(本当はバンクSimでテザリングがしたかった

ということです。

ただ、、、やっぱりPCは自分がどういう使い方をしたいのか?一番大事です、ワードプレスで記事書くだけなら本当に3万円くらいのデカくて重たいChromeBookで十分なわけです。

だけど、、、それだけじゃないじゃないですか、FF7リメイクもやりたいし、Kindleも快適に読みたいし、動画も快適に観たい。

そのくせ、軽量コンパクトな物がいいし、複数のデバイスは持ちたくない。

こんな我儘な要望にiPadproは応えてくれるでしょうか、、、もう少し使ってみます。

ちなみに、Officeに関しては勤め先がOffice365に入っているので勤め先のアカウントで入ればOffice365が使えるという事実があるのです、、クビにならなければまあ、これでいいかなと言う感じですかね。

デジモノ
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの一人暮らしライフハック

コメント