独身で失うモノが無いならば好きな車に乗るべきだろう、買ってやったわ

バツイチとなり、一人暮らしを始めた直後、さすがに2シーターの車では厳しいかと感じた私は、大好きなNBロードスターを手放し、ボロイ軽自動車へと乗り換えた。

乗り換えてから1年、すでにボロイ軽自動車には飽き飽きしている。

そんな中、楽しい車に乗った

そして、とある人に言われた、

何も失うモノないんだからもっと好きな事したら?

と、この言葉が私の心を決めた、人からの影響というものは計り知れないモノがある、平日に会社をサボって中古車屋へボロイ軽自動車で向かう私が居たのである。

スポンサーリンク

独身一人暮らしが何を遠慮する事がある

先人達の金言がある、

”好きな事をするのは稼いで自由を得てからなんぼでも出来る”

と、まったくその通りだと思い、節約しまくって生きてきたが、ふと思う事がある。

稼いで自由を得るのは一体いつなのか??

私はアラフォーで完全なるオッサンである、ドリームを抱くのは勝手だが、そのどりーむは一体いつ実現するというのか。

実は時間がそんなにない事に気づいたのである、そして、私が好きに生きたところで困る人が居ない事にも気づいてしまったのである。

ならば、あとは行動を起こすのみだ。

カーセンサーで検索し店舗へ問い合わせる

決めたならばあとは行動を起こすのみだ、カーセンサーに条件をぶち込む。

車種:ロードスター

ミッション:MT

地域:京都/大阪/兵庫/滋賀/愛知/岐阜/福井/石川/富山

検索を書けて安い金額から見ていく、たったこれだけの事だ、すると、4台の手頃な値段のロードスターが富山のとある店舗にある事が判明する。

この店舗は以前私がNBロードスターを買った店舗だ、相変わらずアツイ店舗である。

カーセンサー経由で問い合わせると、その日の内に返信がある、

お久しぶりです、また検討お願いします!

とのことだ、3年前だというのに私の事を覚えているのだ、これが営業というモノだろう。

このように、今や検索から問い合わせまで速攻で出来てしまうのだ、そして、現車を見る事もなく決めてしまう人もいるらしい、しかし、私はそこはアナログなので現物を見に行きたい派だ、さっそく勤め先に有給を連絡し、平日に中古車屋へ向かう事にする。

NCにすべきかNBにすべきか、これが問題だ

その中古車屋には3台のロードスターがあった。

NB:約60万(車検付き)

NC:約60万(車検10か月残り)

NCRHT:約70万(車検付き)

という状況だ、さっそく車検の残っているNCに試乗させてもらう。

やはり速い、私のボロイ中古車と比べるべくもなく最高に楽しい、がしかし、気になる点がNCロードスターにはある。

ちょっと大きめ

なのである、このあたりは好みの問題だろう、速い車がよいのか、それとも遅くとも取り回ししやすいサイズ感がよいのか。

他にも気になる点がある、NCのBOSEサウンドシステム搭載車の場合、オーディオの入れ替えがややめんどくさそうなのだ、今やBluetoothで接続するのが当たり前、CDなんか私は持ってもいない。

ましてや音質の悪くなるFMトランスミッター経由なんてアホな事はやってられない。

そして、一番の問題は車体の色である。

中古車は当然ながら色は選べない、車だから走ればいいだろう、と思いがちだが、実はみんなデザインで決めている要素が大きい。

気にくわない色に乗り続ける事ほど苦痛はないだろう。

以上のような要素を考えた結果、また私はNBロードスターを選んでしまったのである。

コンパクトさは正義

NCロードスターは近年中古車の値段がかなり下がってきている、よって、もちろんねらい目だと言える。

試乗してみた結果もいい感じ、だけど、見た目を見るとやっぱりでかいのだ。

NDでコンパクトになった経緯から見ても、やはりロードスターというのは大きくあるべきではない、ということなのだろう。

私もそう思う、でっかい車はでっかい車でやるべきであって、ロードスターがやるべきではないと思う。

ただ、単純に速さという点においてはNCの方が優位であるから、値段の下がってきている昨今はねらい目だと思う。

カーセンサーだけじゃなく、個人間取引も簡単にできる時代となった、独身で何も失うモノが無い人達は、、好きな車に乗りましょうよ。

スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの一人暮らしライフハック

コメント