新入社員に伝えたい必要な心得とは何か、とにかく寝るな、ただこれだけ

勤め人

私の勤め先は製造業で今年も新入社員がやってきた、今年は新型コロナの影響で上司が出張に行かずに会社に居続けるために私が新入社員と絡む事はない。

よって、私の勤め先に入ってきた新入社員に伝える事はできないが、もしこのサイトを見る機会があった新入社員の方には伝えたい、とにかく大事な事は、

・寝るな!

ということである、確かに研修ややりたくもない仕事はつまらなくて眠くもなる、しかし、そこをいかに根性で寝ずに過ごせるかというのが勤め人としては大事な要素なのであります。

スポンサーリンク

寝た瞬間終わり

私の考えは、”別に寝ててもいい、必要な事さえやれれば”、という考え方なのですが、世の中はそんなに甘くありません。

そして、他にも私の考え方としては、”研修をしている時に寝てしまうのは私の説明がつまらなすぎるからだ”、と考えている為、寝てしまうのは新入社員のせいではなくて、私の責任の方が大きい、と考えています。

しかし、世の中はそんなない甘くありません、寝てしまったら最後、どうなるかというと。

・こいつは不真面目なやつ

というレッテルが付いて終了になります、どんだけやる時はやっても寝る奴、というレッテルは簡単には消えないのです。

やる気を出しても嫌われる

私の会社は製造業であり、製造業というのはお姉さま方の巣窟なわけです、研修などで製造に研修に行ったとしたら、お姉さま方に仕事を教わる事となるわけです。

さて、この製造研修、甘く考えている方もいらっしゃるかと思いますがこの製造研修はある意味、一番の鬼門です。

なぜならば、お姉さま方が得た情報というのは一瞬のうちにすべて横展開されるからです。

お姉さま方は品質問題等を起こした場合の対策の水平展開をするのは大の苦手ですが、、人のうわさ話を水平展開するのは光の速さです。

もしも、お姉さま方に研修を受けている時に寝てしまったらどうなるかというと、次の日には、あいつは寝る不真面目なやつだ、というレッテルがいろんな人に伝わるということなのです。

お姉さま方はやたらと厳しい人達です、なぜなら、言われた事をする事が仕事だと思っているからです、寝る、ということは言われていませんので、寝るという行為は作業逸脱行為でお姉さま方からすると絶対に許されない行為です。

もし一度寝る奴というレッテルがはられてしまったら、その後やる気を出したとしてもまったく相手をされません、これがお姉さま方の巣窟を渡り歩くときに気を付けなければならない事なのです。

寝てる人もいるじゃないか

とは言え、勤め先には寝てるオッサンがいるのも事実です、さて、その人達はどうなってるかというと、

・誰からもまともに相手されてません

新入社員の人にはまだ分からないかもしれませんが、よく寝てるオッサンというのはなぜ寝ているかというと、暇だからです。

なぜ暇なのかというと、仕事がないからです、なぜ仕事がないのかというと、仕事を任せられないからです、なぜ仕事を任せられないかというと、、、無能だからだったり、扱いがめんどくさいからですね。

このように、寝てる人というのは上記のような特性を漏れなく持ち合わせます、新入社員でも寝るという行為を行うと、まだどんな人かも分からないうちから使えないやつ、という烙印を押されます。

このことを回避するには、とにかく寝ない事です、とは言えどうしても眠たくなってしまう場合はどうすればいいでしょうか。

昼飯食うな!さっさと寝ろ!

どうしても眠たくなってしまう人は、昼飯を抜くといいかもしれません、私も一時期昼飯を食うのがめんどくさくなって食べるのを辞めたのですが、昼飯を食べなくなると、昼からあまり眠たくなくなるのです、食事をとる事で血糖値が上がって眠たくなるかなんかだったと思いますが、どうしても眠たくなる人は昼飯を抜いてみるといいかもしれません。

他には、とにかく睡眠時間が足りないのかもしれません、そんな時はただひたすら寝るしかありません、人にもよりますが最低でも7時間くらいの睡眠時間をなんとか捻出する必要があるでしょう。

まあ、別にどう思われてもいい方は寝ればいいとは思いますが・・・

とにかく、人によっては仕事中に寝る、という行為が絶対に許せない人達がある一定数存在します、私のような別に寝ててもいいんじゃね?という人はほとんど存在しませんので、まずは新入社員の心得として当然のことですが、寝ない、という事だけは守ってみると良いと思います。

勤め人
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの一人暮らしライフハック

コメント