モバイルバッテリーはモバイルプロジェクターの為にある

デジモノ

私はミニマリストなので(?)テレビを持っていないのですが、とは言え、動画を見たい時もあるので、その時には壁または天井にモバイルプロジェクターで投影して動画を見ています。

この際に気になっていたのが、

・モバイルなのに電源コードがあるのはおかしくないか?

ということです、小型のモバイルプロジェクターの動作時間は2時間程度なので、どうしても電源をつなぐ必要があります。

また、私はFireTVStickをつないで動画を見ていますので、FireTVへ電源を供給する必要もあります。

そんな中ふと思い立った事があります。

・モバイルバッテリーで電源を供給すればいいじゃないか!

普通に気が付く事ではあると思うのですが、何度か試した結果うまく行かなかったので保留していたのですが、とある条件さえクリアすれば行ける事が判明しました。

スポンサーリンク

PD出力を備えたモバイルバッテリーが必要

モバイルバッテリーでプロジェクターやFireTVStickに電源を供給するにはある程度の電力が必要となります。

最初に用いたのが、2口出力のある最大出力2.4Aのモバイルバッテリーです、このバッテリーではFireTVStickは起動しますが、モバイルバッテリーへの電源供給はままなりませんでした。

その後、PD出力付のモバイルバッテリーを使用してみたところ、見事両方とも駆動する事ができました。

PD出力 → モバイルプロジェクター

普通の出力 → FireTVStick

上記の布陣で見事本当のモバイル環境を手に入れる事ができたのです。

モバイルバッテリーを使う事で連続動作時間は5時間超

モバイルプロジェクターの連続動作時間は2時間程度ですが、モバイルバッテリーを使う事で連続投影時間を5時間以上とすることができました。

もちろんモバイルバッテリーの容量にもよりますが、私は10000mAhのバッテリーで上記のような状態です、もっと容量の大きい物を使用すれば動作時間は延びていく、という事になります。

さてこの連続動作時間5時間、という時間はどうなのか?という問題ですが、私にとっては十分は時間となります。

というのも、私の部屋はまったく遮光されていない部屋ですので、モバイルプロジェクターの様な明るさが足りない機器では、周りが明るすぎて昼間に動画などを見る事が出来ません。

となると、必然的に使用するのは暗くなってからということで、20時頃から使い始めたとすると1時まで持つわけですから十分、となるのです。

モバイルバッテリーはモバイルプロジェクターの為にあり

思うに、モバイルバッテリーを使う機会ってどのくらいあるでしょうか。

私の場合は勤め先と家の往復をする分にはモバイルバッテリーを使う必要がありません、勤め先に居るときは電源から充電できますし、車に乗っている時は車から充電ができます。

モバイルバッテリーを使うのは旅行などの時しかないのです。

それに比べてモバイルプロジェクターに使う頻度と言えば、毎回です。

単に私のコードをつなぎたくないというこだわりのせい、と言ってしまえばそれまでですが、モバイルというくらいだから、コードはつなぎたくないのが心情ではないでしょうか。

ということで、実はモバイルバッテリーはモバイルプロジェクターの為にあるのかもしれません・・・

テレビの無い部屋で大画面&すっきり投影

以上のようにテレビの無い部屋でも大画面で動画を見る事ができますし、ムダなコードのないすっきりとした状態で投影する事ができます。

この条件を満たす為には、

・電源がUSB端子のモバイルプロジェクターである事

が必須です、最近はこの条件に合う製品も多々あると思います、製品はどれも似たり寄ったりですので、Amazonでちょっと徘徊すれば見つける事はできるでしょう。

私の使用しているセットを参考にご紹介しておきます、参考になればと思います。

現在は無い物もありますが、同等な製品はAmazonが大量に紹介してくれますので、そちらを参照していただければと思います。

デジモノ
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント