子はかすがいというが、離婚するにも住宅ローンがかすがいになってしまう

昨今は離婚する人が多い、かく言う私もバツイチだ、私は子供もいなければ住宅ローンが終わった直後に離婚をしたので、いろいろとめんどくさい事はなかった。

しかし、子供がいなくても、住宅ローンというかすがいによって離婚ができない、というケースもあるようだ。

このことから言えることは、

・ローンは折半するな

・そもそもローンしてまで家を買うな

ということなのである。

夫婦仲が終わっていても、なにかしらの原因によって離婚できないなんて、そんな効率の悪い事はない、結婚する時にイメージすることは難しいだろうが、それでも最悪のケースは考えておくべきかもしれない。

スポンサーリンク

住宅ローンを折半する場合がある

私も以前は結婚していた、そして、マンションを購入したために住宅ローンを支払っていた。

私はふつーのサラリーマンなので、1000万ちょっとのローンを一人で組むことができたので、いわゆるローンは私一人にかかってくるケースであった。

しかし、旦那さんがフリーランスで奥さんがサラリーマン、というような場合は、旦那さんに一人がフルローンを組めない場合がある、こうなると、サラリーマンの奥さんもローンを組んで住宅を購入する、というようなケースがありえる。

幸せいっぱいの夫婦は気づかない、この行為の恐ろしさに。。

夫婦生活が破綻し、離婚をしようかというときに、このローンの折半というのが問題になってくるのである。

住宅は購入した時点で値段が下がる

幸せいっぱいの夫婦には見えていない、注文住宅でお気に入りの家を建てるということの恐ろしさを、注文住宅というのは、こだわりが強い人が建てるものだろう、こだわればこだわるほど何がおきるかというと、

・値段が吹き上がる

のである、田舎だろうが3000万を超えることもあるだろう、そして、数年後に住宅を売ろうと思ったときには、もちろん3000万円では売れない、2000万前半で売れれば御の字。

下手したら1000万円台まで値段が下がるのが住宅というものだ。

さて、下降した住宅の売却代金で住宅を手放すとどうなるかというと、残るの家は無くなり、ローンだけが残るという恐ろしい状況なのである。

どちらかが家に残ればよいが、そうはいかない

夫婦になってから築いた財産は夫婦の共有財産となるわけで、住宅も払ったローンや頭金分は夫婦の共有財産、ローンを折半した場合も、一応は共有の借金なのだと思う(たぶん・・・)。

となると、離婚したとしてどちらかが家に残るのであれば、支払った分とローンが相殺できれば、どちらかに家を上げて、はい終了。

となれば最良だろう、しかし、どちらも家はいらない、といったときには悲劇が起こる、住宅をできるだけ高値で売却しなければならない、という状況に陥るわけである。

このご時世、田舎で中古の住宅を2000万円超で買う人などいるのだろうか、ましてや、離婚していく夫婦が使っていた家である、なかなか厳しい事になるであろう、最悪は、住宅ローンが残る形での売却、ということになることもあり得る。

そして、ローンを折半していた場合は、ふたりともにローンが残る事になる、このことから言えるのは、

・ローンは絶対に折半するな

ということなのである。

このような悲劇を繰り返さない為にはどうすればいいのだろうか。

どう考えても賃貸に住むべき

最初は夫婦二人だろう、その場合に一軒家は必要なにのは明らかだ、であれば賃貸という選択肢を選べばよいのである。

と言いながらも私も夫婦二人の状態でマンションを購入した、しかし、私の場合はセコい性格が幸いして問題なく住宅ローンを早めに完済することができた。

しかし、値段の張る住宅を支払い能力の怪しい夫婦が買うと、上記のような悲惨な状況がまちうけている場合もあるのだ。

結論は一つだろう、

・支払い能力のない人はローンをしてまで家を買うな

ということになる。

現在の離婚率を念頭に置くべきだ

現代日本の離婚率や、うまくいっていない夫婦の多さは皆さんご存知のはずだ、ただ、皆さんは言うだろう、

「うちは大丈夫」

と、みんな最初はそう思って結婚している、しかし、結果は皆さんがご存知の通りだ。

子はかすがいというが、むりやり引っかかっているだけで、子がいようともぶっ壊す場合もある、上記のお話は住宅ローンがかすがいとなっているわけだが、あきらかにぶっ壊したいと思っているわけである。

このような悲劇は繰り返してはいけない、今後は家は明らかに余っていく、空き家が膨大にでてくるのだ。

ならば出来ることは、

・賃貸に住み続ける

生活スタイルに合わせて住む家を都度替えていけばいいのだ、夫婦二人の時、子供ができたとき、離婚したとき・・・

そうすれば、余計なローンで苦しむ事もない、幸せいっぱいの二人には見えない、しかし、世の中を見渡せば見えてくることが沢山ある、余計な事で悩まなくてもすむように、、誰かの参考になれば幸いです。

ミニマリズム
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント