中古車の買い時とはいつなのか、3月が安く見えるのは自動車税のせいだ

新車の買い時としては3月が有利、と言う話を聞いたことがある、これは期末の追い込みで値引きをしても数を売る、というところから来ていたように思う。

ただ、今や新車を買う事が無くなってしまった私としては、中古車の動向が気になっています、中古車も新車同様に3月が買い時なのか、それとも関係ないのか。

結論としては、3月は中古車の買い時であると言えると思います、ただ、意味としては中古車が多く出回る、と言う意味で買い時であると思います。

スポンサーリンク

新車の場合

昔々、新車を購入していた頃は3月中であれば大幅値引きをして売る事ができますよ!なんて話を良く聞いたことがある。

本当かどうかは知らないが、年度末の3月の最後の追い込みとして、大きく値引きをしてまでも新車の販売数を上げたい、という習慣があったと聞いていました。

これが真実であるならば、3月に新車を買うというのは良い時期なのでしょう、ただ、新生活へ向けて買う、ということであれば、需要の大きい時期に購入、というのはそれなりに物の供給に対しては不利であるという考え方もあるので、実はさほどお得ではないのではと思います。

いづれにしても新車を買うって事自体があまりお得でない派の私にとってはよく分からない事ではあります。

中古車の場合

中古車の場合は、もし新車と同じ原理であれば年度末の為に販売台数を上げたい、と言う意味においては値引きができるかもしれないのでお得と言えそうです。

ただ、中古車の場合は1点物なので、供給数の方が大事だと考えると、3月という時期は有利ではないかと思います。

新車が良く売れるのであれば、3月には中古車が出てきやすい、ということになりますし、何よりも自動車税は4月に所有している人に税金徴収がかかってきますので、3月中に車を処分したい、と言う人が多くいれば3月には中古車がたくさん供給される、と考えられます。

よって、3月は中古車にとっても買い時であると考えてもよいと思います。

激安中古車の場合

激安中古車とは、30万程度の中古車、いわゆる10年落ち、10万キロ超えの車達の事をいいます。

これらの車はそもそも車体価格が非常に安いわけですので、何時でもお得であると考えられますが、3月に購入する場合は一点注意が必要な内容があります。

上記にも記載しましたが、4月に車を所有している人には自動車税が課せられます。

ということは、3月の値段というのは自動車税を反映していないプライスが付けられています。

例えば、2000ccの車が3月に30万で売られていたとしても、4月になったとたんに、自動車税分が上乗せされて34万に値上げされていたりすることがあります。

逆に言うと、3月に30万で購入したとしても、4月には自動車税で約4万円の追加料金がかかってくるということです。

さらに言うと、年式が13年を超えた激安中古車の場合、自動車税が割り増しになていますので、4万円で聞かない場合もあります。

ですので、激安中古車を3月に購入する場合は注意が必要となります。

ただ、自動車税の関係で、もともと車体価格のほぼゼロの車達ですから3月中に手放したい、と言う人が通常の中古車より多いと思うので、3月にはそれなりに良品の激安中古車がたくさん出てくるように思います。

激安中古車にとっても3月は買い時、ということですね、ただ、激安中古車は自分の主義主張にあえば、いつだって買い時ではありますが。。

自動車税はばかにならない

普通車の場合だと自動車税は4万円程かかってきます、新車であれば値段の割合としては大した金額ではありませんが、中古車はもちろん、激安中古車の場合がおおいに購入価格に影響がでてきます。

3月はタマが出てきやすいので狙い時ではありますが、、逆に暇な時を狙って交渉するのも楽しいかもしれませんね、ただ、激安中古車の場合はすでに安いので値引きもくそもない事が多いですが。。

たくさん出てきる中古車をカーセンサーなどのサイトで絞り込検索して、自分に合った車を探していきましょう!

スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの独り言

コメント