ルームシェアを友達とする場合には注意するべきことがある

新生活の始まる時期がやってきました、友達等とルームシェアをして家賃や生活費を削減したいと考える方も多いと思います。

たしかに、固定費を下げる事は重要です、お金の節約は何物にも代えがたいのも理解できます。

ただ、他人と一緒に住む、と言う事態においてどうしても気を付けなければならない事があります、それは、

人はいろいろな人がいるというのが現実

ということです、様々な細かい事が気になったりしますので、ささやかな違いを耐える心持が必要だということです。

スポンサーリンク

若者が気にした内容いろいろ

実際にルームシェアを始めたという若者に話をきいたところ、いろいろと出てきました。

ドアの鍵を閉めない

自分が自宅に居る時には鍵を閉めない、と言うスタンスの人もいるようです。

鍵を閉めなかった人の言い分は、

「誰かきたら気づくし」

という事だったようですが、彼の住んでいるアパートは複数個部屋があるところで、同居人が帰ってきたことには見事に気付かなかったそうです。

ということで、部屋の鍵は常に締める、と言う感覚の人だけではないという事ですね。

ちなみに、、私は玄関開けたら1秒でリビングですので、自分が部屋にいるときには一切鍵は締めてません・・・

エアコンの温度設定がめちゃくちゃ

みなさんはエアコンの温度設定はいくつに設定されているでしょうか、、私は冬は19℃に設定しています、しかし、上記の鍵を締めない彼はというと、

26℃設定

ということだそうです、夏か!と突っ込みたくなるような設定ですが、事実彼はそのような設定で冬にエアコンを使っているそうです。

これが何が問題かというと、ルームシェアとはいえ、各部屋で電気代を区分けできるわけではないので、片割れが電気代を無視してつかいまくると割が合わなくなる、ということが発生します。

微妙なお金の話しは気にする人は塵も積もれば爆発しますので注意が必要です。

エアコンの温度設定、これは家族間でも非常に重要な問題となりますので考えておかれると良いかと思います。

まさかの水を出しっぱなし

冬エアコン温度設定26℃の彼ですが、なんと洗面所の水をちょろちょろと出しっぱなしにするという衝撃の行動も実行したようです。

水を出しっぱなしにするなんて、幼児か小学生の所業かと思っていたのですが、そんな事ができる大人もいるようなのです。

ここまでくると怒る気にもなりませんね、この程度の人なので、もちろん電気もつけっぱなしだそうです。

とにかく、ルームシェアとはこのような危険性をはらんでいるのです。

お金の為とはいえ耐えられるか

上記のような、いわゆる”だらしない”人が存在する、というのが現実のようです。

たとえ固定費がルームシェアをすることによって、2万円程度減ったとしましょう、しかし、上記のような電気や水の無駄遣いをいとわない人と一緒に暮らせば恐らくは数千円は水光熱費が上昇はするでしょう。

そして、日々蓄積されるストレスたるや想像を絶します。

気にしない側からすれば、まったくストレスはないのでしょうが、気にする側はもしかしたらストレスで病気になるかもしれません、そうすれば何が起こるかと言うと、病院代がかかって固定費を下げている事の意味がなくなるかもしれないのです。

ですので、安易にルームシェアはするべきではないのです、特に、綺麗好きであったり、神経質は方はやめておいた方が無難です。

では、どうすればいいかというと。

激安物件に住む

ルームシェアの目的は固定費の削減です、しかし、ルームシェアをする人間とは実際に住んでみないとどんな人なのかは分からないものです。

自分に合った人間であれば、狙った通りの固定費の削減ができて良かったね、と言う話ですが、上記のように自分と合わない人間であった場合は大変です。

ルームシェアが出来るような物件ですからそれなりの家賃がします、ということは敷金や仲介手数料も膨大な金額となるわけです。

それならば、ルームシェアギャンブルをするのではなく、最初から激安物件に住んで固定費を抑えてしまう、と言う方法もあるのです。

人は住んでみないとわかりません、ギャンブルはお勧めできないですね・・・

その他にも一人暮らしをする際に考えるべき内容を下記の記事に書いています、参考にしてみてください。

関連記事:

田舎在住ミニマリストが物件を探すときに注意すること

激安のアパートやマンションを探すのにはミニマリストが有利

 

ミニマリズム
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの一人暮らしライフハック

コメント