図書館にパソコンを持ち込んで作業をするのは最高に快適な環境だ

節約

私は今、図書館のとある席に座ってこの記事を書いています、私はしょっちゅう図書館にパソコンを持ち込んで作業を行っているのですが、これが非常に快適なのです。

図書館によってはパソコン持ち込み不可の場所もあるかと思いますが、広い図書館ならば、パソコンの使用不可の場所と使用可の場所が分けられている場合があるかと思います。

そのような図書館でなぜ作業をするのか、それはもちろん、快適だからですね。

スポンサーリンク

図書館は冬は温かく、夏は涼しい

図書館に行ったことがあるでしょうか、私はアラフォーですが、図書館に行きだしたのは35歳過ぎてからだと思います。

最初来た時は感動しました、なぜタダで本が借りられるのか、なぜタダで滞在する事ができるのか、不明な点は沢山ありましたが、そういえば税金を払ってますので堂々と使用していいのだということに気付いてからは、結構な頻度で通うようになりました、なぜ通うかと言うと、

冬は暖かく、夏は涼しい

からです。

私の部屋は隙間風の吹きすさぶ極寒の地です、エアコンをつければ20℃くらいにはなりますが、それにしても隙間風がおさまるわけではありません。

それに比べ、図書館の快適さといったら、最高です、こんな快適な環境にタダで居られるのですから利用しない手はありません。

そして、今はいわゆる新型コロナウイルスが流行っている時なので、館内は空いていますし、ついでに定期的に換気もしていただけますので、なんとも贅沢な環境です。

静かで作業に集中できる

図書館はもちろん静かです、静かだということは作業に集中できるということです、騒がしい場所が好きという人もいるでしょうが、勉強などをする場合には静かな方が集中できる人は多いと思います、私もパソコンで作業するときは静かな方が集中できます。

これが自宅にいるとどうなるかと言うと、意味もなく音楽をかけてみたり、家の前の道路からは車の通る音が聞こえたり、とかなり騒々しい環境となります(音楽は自分のせいですが)。

さらには自宅には様々な誘惑があります、私の部屋にはテレビや食べ物はまったく無いのですが、自宅の目の前にコンビニがありますので、ふと思い立ったらコンビニに行ってしまったりと誘惑が多いのです。

それに比べて図書館ではテレビはもちろん、館内の外に行って少し移動しないとコンビニ等もありません、誘惑が少ないのです。

このような環境で集中して作業ができるのです。

ネット環境を快適にすれば動画も見れるし音楽も聞ける

スマートフォンでも可能ですが、パソコンでの作業に飽きたら動画を見たり音楽を聞いたりすることもできます。

もちろん音声をパソコンから流すわけにはいきませんので、その際にはイヤホンなどを使う事になります。

ちなみに、パソコンで作業を行う場合にはネットにつなぐ必要もあるかと思います、ネット環境が整備されている図書館もあるかとは思いますが、その場合はネットのスピードが遅かったりして使えない場合があります。

ですので、私はとある方法でパソコンをネットにつないでいます。

関連記事:ソフトバンクプリペイドSIMを使う

自宅のネットもスマホのネットもすべてをソフトバンクのプリペイドSIMを使うことでどこでも快適にネットを使うことができるようになりました。

もちろんDocomoなどのキャリアを使用している方であれば、スマホのテザリング等を使われればどこでも快適にパソコンでネットが使用できるわけです。

このように快適な温度で、誘惑に邪魔されずに過ごすことが図書館ではできるのです。

家にいてもしょうがない人は図書館へ行こう

私は一人暮らしで、家にはなにもないミニマリストです。

私のほどではないでしょうが、別に家にいる必要がない方は図書館へ行って見てはいかがでしょうか。

なぜなら、人が一人でいる部屋であってもエアコンなどを使った場合電気代がかかります、ということはCO2を排出している、ということになるわけです。

図書館は人が多かろうが少なかろうが稼働しています、常に稼働しているわけですから、その場所に人が集えば集う程CO2の排出を抑える事ができるのです。

昔であれば一家数人がリビング(というか茶の間)に集っていたことで、世帯のCO2排出を削減していたわけです、今や一人暮らしの人も増えたわけですから茶の間はないわけで、、そのかわりといってはなんですが図書館に行ってCO2削減に貢献するのも良いと思います、ついでに作業の集中力も上がって一石二鳥ですね!

 

節約
スポンサーリンク
アラフォーミニマリストの一人暮らしライフハック

コメント